トップページ 奏功的症例集 導入相談室 資料の請求 質問回答集


AHCCに関する情報については、情報を提供された医師や薬剤師が、理解しやすい言葉で、 健康食品に対する正しい知識、基本的な召し上がり方、臨床研究成果の報告などを紹介するものであり、 健康食品の効果効能を誇張し、または、保証するものではありません。

がん疾患別生存率

    「胃がん」
  • mがん(粘膜)の5年生存率は95%
  • smがん の5年生存率は93%
  • pmがん(固有筋)の5年生存率は84%
  • ssがん(ショウ膜)の5年生存率は5-20%と著しく不良
  • 進行がんは予後不良
    「大腸がん・結腸がん・直腸がん」
  • 肝転移・肺転移で手術できたものの5年生存率は40-45%
    「食道がん」
  • 予後は 著しく不良
    「肝がん(原発性肝がん・肝細胞がん・ヘパトーマ・HCC)」
  • 5年生存率は50%
  • 術後できたものの5年生存率は40%
  • 進行例の5年生存率は30%
    「転移性肝がん」
  • 大腸がん・胃がん・胆道がん・膵がんからの転移が多い5年生存率は40%
  • 大腸がん肝転移の5年生存率は20-50%
    「胆嚢がん」
  • mがん(粘膜)の5年生存率は100%
  • pmがん(固有筋)の5年生存率は70-80%
  • ssがん(ショウ膜)の5年生存率は50-60%
  • 進行がんの5年生存率は10%
    「胆管がん」
  • 5年生存率は50%
  • 予後不良
    「膵がん」
  • ステ−ジTは手術後の5年生存率は80%以上
  • ステ−ジU以上の5年生存率は35%
  • 2cm以上のものの切除例の5年生存率は10%で1年以内に殆ど死亡
  • 他のデータでは手術できたものの生存率
    • 1年生存率は52%
    • 3年生存率は24%
    • 5年生存率は18%
    「肺がん」
  • 診断されたときに小さな腫瘍でも、進行がんが多いので、手術ができるのは10-15%と少ない。
      「小細胞がん」(肺がんの15-20%)化学療法・放射線療法に感受性が高い。
    • 奏効率は  85-95%(進展型は75%)
    • 完全寛解率 50-60%(進展型は20-25%)
    • 生存期間中央値12−16ヶ月(進展型は8−10ヶ月)15-20%(進展型は稀)
      「腺がん・扁平上皮がん」(肺がんの80-90%)化学療法・放射線療法に感受性が低い。手術の対象。
    • 奏効率は 30-50%
    • 生存期間中央値6−9ヶ月
      • T期 5年生存率は70-80%・65%とも
      • U期 5年生存率は40-60%
      • V期 5年生存率は10%未満(X線写真で明らかなもの)
      • W期 1年生存率は10%、5年生存率は 0%
      • 女性の方が予後はよい
    「腎臓がん」
  • 10−20年にわたって再発の危険性がある
  • 5年生存率は56%
  • 10年生存率は50%
    「前立腺がん」
  • 5年生存率は50%
  • 10年生存率は30%
    「膀胱がん」
  • 粘膜限局例の5年生存率は70-80%
  • 浸潤がんの5年生存率は30%以下で予後不良
    「睾丸がん」
  • 予後不良
  • 転移しやすい、特に脳転移
    「子宮体がん」
  • Ta期・Tb期 であれば 5年生存率は100%近い
  • その他のステージでは予後不良
    「子宮頚がん」
  • 0-Ta期 5年生存率は95-100%
  • Tb期 5年生存率は85-90%
  • U期 5年生存率は65-70%
  • V期 5年生存率は40-45%
  • W期 5年生存率は10-20%
    「絨毛がん」
  • 転移しやすい。特に脳転移。
    「卵巣がん」
  • T期 5年生存率は88%
  • U期 5年生存率は67%
  • V期 5年生存率は30%
  • W期 5年生存率は15%
    「膣・外陰部がん」
  • T期 5年生存率は80-85%
  • U期 5年生存率は60%
  • V期 5年生存率は40-50%
  • W期 5年生存率は10%
    「皮膚がん・悪性黒色腫」
  • 5年生存率は70%小さければ80%
  • 第W期の5年生存率は5%以下
  • 外陰部悪性黒色腫の5年生存率は30%
    「口腔がん・上咽頭がん・中咽頭がん・舌がん」
  • 舌がん・中咽頭がんの5年生存率は60%
  • 舌がんの5年生存率は50%以下
  • 粘膜にとどまるものは予後良好
  • 筋層浸潤のあるものの5年生存率は50%以下
  • 進展したものの5年生存率は25%以下
  • リンパ節転移 予後不良
  • 肺への転移が多い
    「下咽頭がん」
  • 5年生存率は40%
  • リンパ節転移がなければ、5年生存率は80%
  • リンパ節転移があれば、5年生存率は20-30%
    「喉頭がん」
  • 声門上 5年生存率は60%
  • 声門下 5年生存率は80%
    「甲状腺がん」
  • 乳頭がん  10年生存率は85%
  • 濾胞がん  10年生存率は65-80%
  • 未分化がん 5年生存率は0%
  • 髄様がん  10年生存率は60%
  • 悪性リンパ腫 5年生存率は5-85%
    「急性白血病」
  • 5年生存率は35%という報告もある。近年向上。
    「慢性骨髄性白血病(慢性期)」
  • 骨髄移植でも 長期生存率は40%
    「慢性骨髄性白血病(急性転化期)」
  • 骨髄移植でも 長期生存率は15%
    「消化管悪性リンパ腫瘍」
  • 手術・化学療法で5年生存率は90%
  • 続発性のものは予後不良
    「脳腫瘍」
  • 10万人に10人の発生頻度
  • 転移性のものは、原発巣が50%は肺がん、10%が乳がん、8%が消化器系がん、4%頭頚部がんからの順。
      5年生存率(手術後30日以内の死亡例を除外すれば)
    • 全脳腫瘍で68%
    • 星細胞腫で63%
    • 膠芽腫で  8%
    • 頭蓋咽頭腫86%
    • 髄膜腫瘍・神経鞘腫・胚細胞腫で100%
    「骨肉腫」
  • 5年生存率は50%以上に向上している
    「がん性腹膜炎・腹水」
  • 原発巣を摘出しても再発を繰り返す
  • 5年生存率は50%
    「骨転移がん」
  • 前立腺がん・乳がんからの転移が多い。肺がん・肝がん・腎がん・胃がん等からも。
  • 予後は原発巣による。

    相談室からのコメント

    5年生存率とは、がんに対する治療成績のひとつです。 がん種別のがん患者の生存統計で、がん発見から5年後の時点で生存している人の割合を指します。 この数値は、適切な施設で適切ながん治療を継続して施していることが前提条件となります。 尚、がん患者の年齢、性別、体力、免疫力、病医院の治療の方法、民間療法の併用などにより数値は異なります。 また、予後不良とは、全く予断のできない状態を指します。




アミノ5レブリン10mgでエイジングケア

Copyright (C) 1998-2015 AHCC Consaltant Room. All Rights Reserved.