週間★自由研究[戻る]
日本の大豆☆アメリカの大豆 第13週

テーマイラスト
ぷらいす その1

PRICE(価格)VOL.1

(owner)
 さて、長きにわたる旧テーマ「ばらえてぃ」に別れを告げ、今週からは「ぷらいす」すなわち、お値段の話をしたいと思います。

(ポン太郎)
 いきなりシビアなテーマでやんすね。親分、そんなのわかるんでやんすか。

(owner)
 正直言うとよくわかんないんだよねえ。大豆の値段って聞くたびに違うし、何かに公表されているわけじゃないしさ。

(ポン太郎)
 あ、でもおいら日経新聞でシカゴ相場とか云うのをみたでやんす。最近のアメリカ大豆は安いんでやんしょ。

(owner)
(ネズミの分際で何故日経を・・・?)
 シカゴも一時は20数年ぶりとか云う記録的安値をつけたとか云ってたよね。干ばつの影響で少し戻したとか云ってはいたが、安いことには変わるまい。だけど○○相場、とか云われても、自分がそこから買うワケじゃないからよくわからないよねえ。
 まして日本の大豆がシカゴで売っているわけじゃないし・・・。

(ポン太郎)
 日本の大豆は東京穀物取引所とかいうところで売ってるんじゃないでやんすか?

(owner)
 でも、そんなのどこにもでてないよ。「東京米国大豆」とか云うわけわからん商品はあるけど。よし、これはポン太郎の宿題ね。穀取のネズミでも捕まえて聞いてくること。

(ポン太郎)
 ええ!おいら、そんなヤクザなネズミはイヤでやんす。相場で負けたカタに香港に売られるでやんすよー。

(owner)
 穀取のみなさんに失礼だぞ、それは。だいたいおまえなんぞ香港に行ったら30円ぐらいだわい。

(ポン太郎)
 がーん(←ちなみに日本では1,980円)

(owner)
 さて、テーマが変わっても、肝心の大豆の値段がわからないんじゃ困ったね。もう少し近所でわかる話はないかなあ。


(ポン太郎)
 お豆腐の値段ならわかるでやんすよ。国産大豆を使った豆腐はちょっとお高いんでやんす。

(owner)
 そっか。じゃあ、ちょいとスーパーのネズミにでも頼んで調べて来いや。


(ポン太郎)
 ふへへへへ。そういわれると思って、もうリサーチ済みでやんすよ。全国のネズミさんに協力してもらったんだけど、とりあえず一番沢山調べた首都近郊のデータを一挙公開でやんす。

首都圏のお豆腐の値段(一丁=300g当たり価格)


 

スーパー
(34店舗)

生協
(4店舗)

デパート等
(7店舗)

国産大豆使用製品
 
 

146円/300g
(87〜238)
(48商品)

132円/300g
(101〜182)
(7商品)

192円/300g
(111〜270)
(12商品)







 

国産大豆使用と表示

 

148円/300g
(87〜238)
(34商品)

129円/300g
(108〜149)
(2商品)

199円/300g
(111〜270)
(11商品)

国産大豆100%使用と表示

 

143円/300g
(99〜198)
(14商品)

133円/300g
(102〜183)
(5商品)

119円/300g

(1商品)

売場で量が多く目立った商品
(主力商品) 
 

97円/300g
(70〜188)
(18商品)

56円/300g(54〜58)
(2商品)

135円/300g
(126〜147)
(3商品)

売場で一番安かった商品
(特売商品又は
 安価な主力商品)
 

80円/300g
(36〜118)
(25商品)
 

50円/300g

(1商品)
 

138円/300g

(1商品)
 

(owner)
 へー、一番安いのは一丁36円かい。こんなの作って儲かるのかねえ。

(ポン太郎)
 きっと毎日この値段だったらダメだと思うでやんすよ。特売デーだったんじゃないでやんすかね。

(owner)
 国産大豆使用ってのと国産大豆100%使用っていうのはどう違うわけ?

(ポン太郎)
 うーん。これまでは、国産大豆を50%使っていれば「国産大豆使用」ってことにできる約束だったって聞いたもんで、100%使用って奴の方が上等なのかと思ってたんでやんすけど、お値段からするとそうでもないでやんすねえ。

(owner)
 100%主義の人は値段付けも良心的なのかなあ。でも来年の4月からは100%使ってないと「国産大豆使用」っていう表示が使えないようになるって新聞に書いてあったねえ。

(ポン太郎)
 輸入大豆と混ぜている場合は、逆に「国産大豆50%使用」とか書かなきゃいけないようになるんだそうでやんす。

(owner)
 ちょっと前と比べると、ずいぶん国産大豆使用製品の値段が下がってきた気がするけど。

(ポン太郎)
 陳列してある棚も、下の方の広い段においてある奴もあったでやんすよ。前は上の棚にちょびーっと置いてあるだけだったんでやんすが。

(owner)
 そういうの「下段展開(げだんてんかい)」とか云うんだよねえ。少しはメジャーになってきたんだろうか。

(ポン太郎)
 やっぱり東京は贅沢もんが多いからじゃないでやんすか?地方都市ではまだまだ国産は少なくって、リサーチも大変だったみたいでやんすよ。

(owner)
 江戸っ子は宵越しの金は持たないからねえ。まあ、豆腐ぐらいでグルメを気取ってりゃ世話はないが。
 納豆とか、味噌とかはわからなかったのかい?

(ポン太郎)
 おまかせでやんすよ。

○首都圏の納豆の値段(2パック=100g当たり価格)


 

スーパー
(35店舗)

生協
(3店舗)

デパート等
(7店舗)

国産大豆使用製品
 
 

155円/100g
(98〜288)
(45商品)

108円/100g
(90〜123)
(4商品)

151円/100g
(124〜200)
(10商品)







 

国産大豆使用と表示

 

164円/100g
(100〜288)
(25商品)

110円/100g

(1商品)

164円/100g
(145〜200)
(5商品)

国産大豆100%使用と表示

 

145円/100g
(98〜176)
(20商品)

107円/100g
(90〜123)
(3商品)

137円/100g
(124〜153)
(5商品)

売場で量が多く目立った商品
(主力商品) 
 

94円/100g
(65〜168)
(21商品)

65円/100g

(1商品)

131円/100g
(105〜162)
(3商品)

売場で一番安かった商品
(特売商品又は
 安価な主力商品)
 

70円/100g
(42〜85)
(19商品)
 

66円/100g
(65〜66)
(2商品)
 

67円/100g

(1商品)
 
 
○首都圏のお味噌の値段(1パック=1kg当たり価格)


 

 スーパー
(27店舗)

  生協
 (3店舗)

デパート等
(3店舗)

国産大豆使用製品
 
 

938円/kg
(651〜1700)
(27商品)

654円/kg
(398〜1360)
(5商品)

907円/kg
(417〜1707)
(4商品)







 

国産大豆使用と表示

 

953円/kg
(651〜1700)
(21商品)

654円/kg
(398〜1360)
(5商品)

907円/kg
(417〜1707)
(4商品)

国産大豆100%使用と表示

 

885円/kg
(664〜1196)
 (6商品)

該当なし

 

該当なし

 

売場で量が多く目立った商品
(主力商品) 
 

445円/kg
(198〜736)
(12商品)

344円/kg

(1商品)

750円/kg

(1商品)

売場で一番安かった商品
(特売商品又は
 安価な主力商品)
 

245円/kg
(178〜398)
(20商品)
 

268円/kg

(2商品)
 

700円/kg

(1商品)
 

 納豆の場合は、製品の値段はそんなに変わらないのに、目方がかなり違うんでやんすよ。同じ148円でも、国産大豆納豆なら2パックしか入ってないところ、安い納豆は3パックとか4パックとかが一セットで売られてるんでやんす。

(owner)
 いつも思うけど、納豆4パックも買ってもねえ・・・。独身の人とか単身赴任の人とか知らず知らずのうちに国産買ったりしてるんだろうか。

(ポン太郎)
 最近は、お豆腐でも「小さな絹」とか流行ってるから、小さい製品でいいものを出すって云うのもいいのかもしれないでやんすね。

(owner)
 味噌は、国産は該当なしとかいうのもあるね。

(ポン太郎)
 豆腐や納豆に比べて圧倒的に国産製品が少ないでやんすよ。なんででやんしょ。

(owner)
 昔から中国産とか使い慣れているからかなあ。アメリカ大豆の開発にも熱心だったし。
 味噌屋さんって、結構大きな会社で大量生産するのが多いから、国産だと間に合わないのかも知れない。本当に手前味噌の人は、自分でお味噌作っちゃうしねえ。

(ポン太郎)
 そういえば、国産大豆使用のお醤油とか云うのもあんまり見ないでやんすね。

(owner)
 そもそも、醤油原料は脱脂大豆がメインだからなあ。なかなか国産まで辿り着くのに道のりが遠いんじゃないのか?

(ポン太郎)
 やっぱり値段でやんすかねえ。

(owner)
 だと思うよ。ってなわけで、ポンちゃん、リサーチよろしく〜!See you next week!

(ポン太郎)
 あー!勝手に予告しちゃだめでやんすよ〜!
○今週のホームページ

シカゴ相場
海外農業情報
(「その他情報」の世界穀物需給動向を選択するとシカゴ相場のグラフを眺めることができます)

次週に進む
今週号への感想はこちら