週間★自由研究[戻る]
日本の大豆☆アメリカの大豆 第19週

テーマイラスト
そいぷろだくつ その2"

SOY PRODUCTS(大豆製品)VOL.2

(ポン太郎)
 親分!いい加減にするでやんす!週間が隔週になるだけならともかく、月刊どころか1月中に一度も連載を書かないとはどういう了見でやんすか!

(owner)
 ごめんごめん。2000年問題でねえ・・・ってギャグをかますつもりが、本当にコンピュータがクラッシュしちゃったんだよ。せっかく書いた連載ごとハードディスクがフォーマットされちゃったよ。

(ポン太郎)
 げげ、今時、2000年問題なんか、世界中のほとんどの人が忘れてるでやんすよ。

(owner)
 私もWindowsのset upプログラムが暴走する瞬間まで忘れてたよ。やだねー、こういう、世間の大多数は平和で自分だけ被害を被るせこいカタストロフィって。

(ポン太郎)
 まあいいじゃないでやんすか。世界中が平和であってこその、おいしい大豆でやんす。もう一度気を取り直して書くんでやんすよ。

(owner)
 っても、もうちょっと古くなっちゃったからねえ。ぶっ飛んだのは、年末年始にうちのオフィスで繰り広げた「project KAI」 を紹介した原稿だったんだけど・・・。

(ポン太郎)
 う・・そりゃ大事件でやんす・・・。あえて無邪気に聞き直すと、なにが「KAI」 なんでやんすか。

(owner)
 あえて無邪気に説明すると、「まず隗(カイ)より始めよ」って諺から戴きました。「遠大なことをなすには、まず卑近なところから」転じて「言い出しっぺから頑張ろう」ってことだね。何を頑張ったかっていうと、国産大豆を盛り上げるために、家で国産大豆使用製品をできるだけ沢山食べて、その食べた製品のラベルの枚数を競ったのだ。

(ポン太郎)
 何度聞いても適当で原始的な消費拡大活動でやんす。本当にみんなマジメに取り組んだんでやんすか?

(owner)
 いや、人生それぐらいアバウトな方が楽しいってもんよ。20人が参加して約20日間で152枚のラベルを集めてきたんだよ。21枚がトップで、2人もいた。

(ポン太郎)
 20日で21枚って、一日1枚でやんすか?

(owner)
 朝納豆食べて、夜豆腐食べればそんなもんじゃないの?ちなみに集まった商品の種類はこんな感じー。
種類アイテム数会社数のべ購入人数
豆腐5636社62人
納豆2910社47人
煮豆22社2人
味噌22社2人
油揚げ44社4人
きな粉44社4人
菓子22社2人

この他に、ドライパック(缶詰)とか、厚揚げ、がんもどきなどがありました。

(ポン太郎)

 ふへー。ずいぶん沢山種類があるんでやんすね。東京都内だけなんでやんすか?

(owner)
 年末で帰省した人がちょっといたけど、大体は首都圏で買われた製品だよ。ただし、都内で売っていても、製造場所は京都工場なんてのもあったけど。
 こうしてみると、豆腐は1アイテムあたり1.1人の購入人数だから、殆どのアイテムが一人の人にしか購入されなかったことになる。これに対して納豆は1アイテムあたり1.6人の人が買ってるし、ある大手メーカーの製品は6人の人が買ってたりしたから、結構ラベルがだぶっていたんだよね。
 豆腐屋さんは10年度末で全国に16,345件もあるそうだから、いろんな会社のいろんなアイテムがあっても不思議じゃないんだけどさ。

(ポン太郎)
 町の豆腐屋さんもまだまだあるでやんすしね。ところで納豆屋さんは何件あるんですか?

(owner)
 715件。豆腐の1/25だねえ。それでも、今回たった10社の製品しか見つからなかったってことは、まだ見ぬ705社か。

(ポン太郎)
 リンク集でリンクしている納豆屋さんだけでも、10以上あるでやんすよ。意外と「地元だけの隠れた味!」みたいなお店も多いんでやんしょか。

(owner)
 確かに東北の納豆は柔らかくて、関東のは妙に小粒で固いのが多いとか、いろいろ地域性もあるみたいだしねえ。奥が深いなあ。
 深いと言えば、何の気ナシに集めたラベルなんだけど、並べてみると結構おもしろいんだよね。例えば、今話題の遺伝子組換え(GMO)大豆なんだけど、わざわざ「うちの製品にはGMOは使ってません」っていう表示(非GMO表示)をしている製品が結構ある。
種類非GMO表示アイテム非GMO表示会社
豆腐56中8アイテム36中5社
納豆29中18アイテム10中5社
煮豆2中2アイテム2中2社
味噌2中0アイテム2中0社
油揚げ4中2アイテム4中2社
きな粉4中0アイテム4中0社
菓子2中0アイテム2中0社


(ポン太郎)
 でも親分、国産大豆ってGMOとかいうの、使ってないんでやんしょ。何でわざわざ書くんでやんすか。 

(owner)
 うーん。特に納豆で表示が目立つんだけど、国産・輸入を問わず、全社的な方針で同じデザインの表示を機械的に入れているメーカーさんが多かったなあ。そもそも、必要ないって言えば、今はまだ表示がルール化されたわけじゃないから自主的な取組なわけだし、表示が義務化されても(2001年の4月から)「GMOを分別していない」っていう表示が義務なだけで、「入ってない」っていうのは、あくまでも任意の表示なんだよね。

(ポン太郎)
 なんだかフクザツでやんすね。もっと夢のあること書いてくれればいいのに。

(owner)
 夢があるかどうかはわからないけど、結構、品種名や産地の名前がわかるアイテムが増えた感じがするよ。十勝産の「豊勝(とよまさりの当て字)」使ってますとか、「北陸大豆のおとうふ」とかね。こうすることによって、ストーリー性とかいうのがでるのかな。
種類産地や品種がわかるアイテム
豆腐56中18アイテム
納豆29中21アイテム
煮豆2中2アイテム
味噌2中1アイテム
油揚げ4中1アイテム
きな粉4中4アイテム
菓子2中2アイテム

 品種が比較的限定されている納豆で表示が多いし、煮豆、きな粉、菓子みたいに、単価が高い製品にも多いね。ラベルに産地や品種が書いてあるってことは、それ以外の原料は使えないっていう覚悟の現れでもあるから、それだけ国産大豆も安定した産地や品種が増えてきたってことなのかな。
 産地の表示で多いのは、当然というか、日本最大の大豆基地である北海道なんだけど、茨城、秋田、佐賀、富山といった大産地にまじって、なぜか「信州安曇野」っていう製品が2社からでているのが目を引いた。

(ポン太郎)

 安曇野だと水がきれいな気がするからでやんしょか。おいらの気持ちではワサビやお蕎麦ってイメージですけど。

(owner)
 清涼感や日本型食生活からの連想なのかなあ。いずれにしても、産地で故郷心をくすぐったり、品種名でイメージアップしたりっていうのは、輸入大豆には真似できないことだからいいなあ。

(ポン太郎)
 原料とかが限定されてると特別っぽい感じがするでやんすもんね。ワインでいうとカベルネソーヴイニヨーンで作ったボジョレーヌーボーみたいな感じでやんすか。

(owner)
 そうそう、高い酒になると畑やシャトーまで指定されているものなのだ。今回も大豆農家の名前まで入っているような製品が見つかったんだよ。何故か「手づみ大豆」とかいう妙なこだわりまでうたってあったけど。

(ポン太郎)
 ・・・手でつんだら大変そうでやんす。他には、おもしろい表示はなかったんでやんすか?

(owner)
 目を引いたのは「新大豆」を強調した納豆かな(年末はちょうど11年産の新しい大豆原料が使われ始める時期)。それから、朝割った原料だけを使ったことを比較広告した「ひきわり納豆朝割り」もなかなか苦心の跡がある。正攻法では、最近、注目の成分であるイソフラボンを豊富に含むことを強調した豆腐のシリーズもあった。

(ポン太郎)
 みんな、サベツカとやらに苦労してるんでやんすね。

(owner)
 競争社会だからね。そうそう、競争といえば、1〜2年前は、国産大豆使用製品は豆腐で一丁200円以上(輸入大豆の倍)っていうイメージだったんだけど、最近ずいぶん安いんだよ。ちょっと前にはなかった「特売製品」もチラホラ見かけるし。
種類単純平均価格単位重量あたり平均価格
豆腐172円174円/350g
納豆151円149円/100g
煮豆144円124円/100g
味噌428円345円/500g
油揚げ149円
きな粉158円217円/100g
菓子198円

ちなみに、お菓子や油揚げは枚数で書いてあるのもあって、重量あたりの値段が出せませんでした。

(ポン太郎)

 一般品の3〜5割増しぐらいなんでやんすかね。どうせなら量を減らして同じ値段にすればいいでやんす。

(owner)
 ちっちっ。ポンちゃん、そんなのは常識だよ。納豆なら、普通が3〜4段重ねのところ、国産だと同価格で2〜3段だとかね。最近、注目なのが豆腐のミニパックで、これは去年ヒットした「小さな絹」の後追い商品だと思うんだけど、今回も5アイテム見つかった。200g前後で値段も100円前後っていうお手軽商品だから、一人暮らしには色んな意味で嬉しいよね。

(ポン太郎)
 ・・・さては親分、こういうちびっちゃいのでラベルの枚数を稼ぎやしたね。

(owner)
 ほーほっほっほ。だって「まず隗より始めよ」だもーん。云いだしっぺが少ない枚数じゃかっこわるいじゃーん。

(ポン太郎)
 あいかわらず、情けないほど姑息でやんす・・・。おいら、疲れたからまた来週。

(owner)
 ああっ!待つんだポン太郎!置いてくんじゃない!
 皆さん、ってなわけでSee you next WEEK!(でもまたさぼっちゃったらごめん!)ねー。

○今週のホームページ
 山ほどの大豆製品と会社がカタログされているページ。キーワードで検索できるのが特徴で、もちろん「国産」でも沢山の商品が見つかるよ。
  グレインネット

次週に進む
今週号への感想はこちら