週間★自由研究[戻る]
日本の大豆☆アメリカの大豆 第21週

テーマイラスト
そいぷろだくつ その4"

SOY PRODUCTS(大豆製品)VOL.4

(ポン太郎)
 親分!1万ヒットおめでとうでやんす!

(owner)
 そうなんだよねー。まもなくHP開設1周年だし、これも応援してくれる皆様のおかげだよ。感謝感謝。

(ポン太郎)
 その割には相変わらず不真面目なサイト運営でやんすね。1周年なのに連載がまだ21週ってことは・・・。

(owner)
 (ぎくっ)ほ、ほら、今年は400年に一度の大閏年だから・・・ってのは苦しい?

(ポン太郎)
 苦しすぎでやんすよ。52週のうちの30週をさぼり倒したのは深く読者の皆さんにお詫びするでやんす。
 ところで、最近は、さっぱり連載にアメリカの話が出てこないでやんすね。

(owner)
 やっぱり大豆製品っていうと、真っ先に豆腐とか連想しちゃったから、アジアな話になっちゃってたんだよね。
 ownerもちょっとは反省しました。で、ちょっくらASA(アメリカ大豆協会)のページをのぞきに行った・・・・ら、

(ポン太郎)
 ら?

(owner)
 いっやあ、このリンク集からASAにつながらなくなっててねえ、びっくりしちゃったよ。ははは。

(ポン太郎)
 は、ははは、じゃないでやんす!どうしてそんなにズルズル運営してるでやんすか!

(owner)
 だって英語のページなんてそんなに読まないんだもーん。ASAのサイトのディレクトリ構造がちょっと変わっただけだったからすぐ直しました。ごめんなさい。
 それにしても、油断するとすぐにサイトが行方不明になっちゃうっていうのは本当に悩ましいよねえ。転居したら知らせてくれなくっちゃ。

(ポン太郎)
 ownerみたいなズボラさんに苦言をていする資格はないでやんす。自分の引っ越しの挨拶状もまだ書いてないでやんしょ。

(owner)
 (ぎくぎくっ)ま、まだ引っ越してないもん(でも職場の異動の挨拶状もまだ・・・)
 ま、まあ、そういうわけで、めでたく再発見したASAのサイトでアメリカ人の目から見た大豆の用途って言うヤツをのぞいてみました。まず、こんな感じに分類されてます。

○大豆の用途
油脂製品 グリセロール
脂肪酸
精油
大豆レシチン
全大豆使用製品
大豆蛋白加工品 大豆粉、濃縮、分離
油かす


(ポン太郎)
 ぜ、全大豆ってなんでやんすか?

(owner)
 ごめん。拙い翻訳能力で訳したんでわからなくなっちゃってるんだけど、原文はWhole soybean products。丸ごとの大豆を使ったっていう意味だから、あえて言うなら丸大豆使用っていうところかな。この丸大豆って表現は誤解が多いから使いたくはないんだけれど。

(ポン太郎)
 ・・・・。(←昔誤解していたヤツ。連載第7週を参照)

(owner)
 ま、まあ気を取り直して、もうちょっとブレークダウンして見てみると、例えば油脂製品としては、こんなものが紹介されています。

○油脂製品の内訳
グリセロール
脂肪酸
精油 食用 コーヒーのクリーマー
調理用油
Filled Milk
マーガリン
マヨネーズ
医薬品
サラダドレッシング
サラダ油
サンドイッチ用スプレッド
ショートニング
工業用 防腐剤
帯電防止剤
コーキング材
Core Oil
ディーゼル油
防塵材
絶縁材
エポキシ(樹脂)
石油添加物
殺菌剤
インク(印刷)
リノリウム(床材)の裏打ち
潤滑油
金属鋳造作業
油布
絵の具
農薬
可塑剤
被覆材
パテ
合成樹脂
石鹸、シャンプー、洗剤
溶剤
ニス
ビニル プラスチック
壁材
防水セメント
大豆レシチン 食用(乳化剤) パン、焼菓子
キャンディー、チョコレートコーティング
医薬品
食用(栄養剤) 食事療法
医療用
工業用 いろいろ

(ポン太郎)
 す、すごいでやんす。偉大なる大豆油!

(owner)
 ちょっと驚きでしょ。日本でも大豆の需要量の8割は油用だって言うけれど、これを見るとなんとなく肯けちゃうよね。
 もっとも、ここに書かれている中には「石油製品を嫌う人のための環境に優しい大豆インク」とか、うーんとマイナーな用途もあって、ほとんどは食品用に使われていると考えた方が無難かな。

(ポン太郎)
 ところで親分、ところどころ英語で書いてあるのはなんでやんすか?

(owner)
 ・・・質問禁止。

(ポン太郎)
 ・・・英語力が尽きたんだったら正直に言うでやんすよ。サンドイッチ用スプレッドとかいう怪しいヤツもあるでやんす。

(owner)
 ス、スプレッドは食べたことあるよ。なんだかマーガリンみたいなヤツだった。もしかしたら同じ食べ物かもしれないけれど、取りあえずアメリカではパンに塗るヤツをそういう名前で呼んでいた。

(ポン太郎)
 うむむ。この辺は油脂製品に詳しい人のコメントを待つでやんす。
 それにしても、大豆って言うと、お豆腐がさっぱりしているせいか、あんまり油っていうイメージじゃないでやんすよね。

(owner)
 そうだねえ。でも日本では一番多く使われている植物油原料なんだよ。できあがった植物油の量でいくと、菜種と同じぐらいかな。


(ポン太郎)
 じゃ、じゃあ、大豆をたくさん食べるとデブデブになるんでやんすか。

(owner)
 お、そういう聞き捨てならないことを言うもんじゃない。大豆に含まれているリノール酸とか、リノレン酸は、必須脂肪酸だから、食べないと絶対にダメなのだ。
リノール酸
身体の組織が正常に機能する上で欠かせません。不足すると成長阻害や皮膚障害が生じたりすることがあります。
リノレン酸
発ガンの抑制やアレルギー症状に効果があります。脳細胞の活動を支えるDHA(ドコサヘキサエン酸)も、この系列の脂肪酸です。
 つまり食べないと、大きくなれないし、お肌に悪いし、馬鹿にもなる。

(ポン太郎)
 ひええ。脂肪っていう呼び名で、おびえている場合じゃないでやんす。

(owner)
 そうそう。コレステロールが心配なお父さんにも、大豆に含まれている脂肪酸はいいんだよ。あ、もちろん、だからといって、ご飯にまでマーガリンをかけたり、植物油たっぷりのお菓子を夜中にドカ食いするのはやり過ぎ。

(ポン太郎)
 ご飯にマーガリンは、納豆にマーガリンと一緒で個人の自由でやんす!

(owner)
 いくら自由でも、人間には認めたくないものもあるんだ。
 あ、それから、ポンちゃん、脂肪を気にしてるなら、明日からヒマワリの種はなしね。

(ポン太郎)
 え、ええええ!おいらの必須脂肪酸が・・・!

(owner)
 引っ越しの荷物は少ない方がいいから、あんたも軽くなるのだ。
ってなわけで、ちょっと中途半端だけど、今週は忙しいからこれでSee You Next Week!!!!

(ポン太郎)
 お、親分、待ってー!ヒ、ヒマワリー!


※ownerは間違ってポン太郎のヒマワリを荷造りしてしまったのでした。哀れポンの運命やいかに。以下次号!
○今週のホームページ
 うるとらマニアック、でも日本にもユーザーがいるらしい、大豆インクのページ(ごめん、英語だ)
  National Soy Ink Information Center

次週に進む
今週号への感想はこちら