週間★自由研究[戻る]
日本の大豆☆アメリカの大豆 最終週


さんきゅー&ぐっどばい

Thank you & Good bye


(おことわり:大豆とは関係のない話です)
2000年9月27日、ポン太郎が亡くなりました
ちょうどownerはインドネシアにおり、あと3日で帰国という時でした
出発前は、まったく元気でそんな様子もなかったのに
あまりに突然の知らせに一日呆然とし、次の日、ようやく涙が出てきました
もともとあまり寿命の長くない生き物です
掌にのってしまうような小さな存在であり、いつまでも一緒にいられないことは
十分わかっていたつもりでした
でも、少なくとも一緒に2万ヒットは祝えるだろうな、とか
HP2周年まで元気でいてくれるといいな、と勝手に思っていただけに
ひどく、大きなものを失った気持ちです
これまでHPを見てくださった方からは
よく「ポンちゃんは元気?」と声をかけていただいておりました
おそらく大豆に関係する人々の中では、もっとも名の知られた
ハムスターだったのではないかと思います
もちろん、実際にポン太郎が喋ったり、小さな手でキーボードを押したりすることは
なかったのですけれど
このHPの誕生と同じ日にうちにやってきて
連載での調子そのものに、ちょっとおバカで慌てもので
人の顔を見れば一生懸命ケージの金網をのぼってくる人懐こい奴で
ペットというより、大事な仲間という気がしていました
大げさと思われるかもしれませんが
私にとって、この週間☆自由研究は、やはりポン太郎とともに
やってきたという気持ちの強いページなので
ひとまず、今日ここで
このコーナーは終了させていただこうと思います
画面上だけで彼のキャラクターを存在させ続けることは
物理的には可能なのでしょうが
今の私の中では、そういう整理はできないのです
まったく「週間」じゃない、こんな、いい加減な連載を
それでも楽しみにしていてくださった読者の皆様、本当に申し訳ありません
もちろんこの「日本一の大豆のリンク集」は続けていきますし
自由研究の中で、これから書こうかな、と思っていたことも
今後、形を変えて紹介させていただこうと思っています
わがままなownerですみませんが
これからも末永くよろしくお願い致します

12年9月29日 ジャカルタにて


テーマイラスト 舞台の後のカーテンコールのような
ポンちゃん最後のご挨拶はありません
亡くなる前に一言あったのだとしたら
私が聞きたかったと思います