週間★自由研究[戻る]
日本の大豆☆アメリカの大豆 第4週

テーマイラスト
こすと 

COST(費用)

(owner)
 今週はテーマを替えて「コスト」について話したいと思います。やっぱり農業のことなので、「プロダクション・コスト(生産費)」の話になるよ。

(ポン太郎)
 また、アメリカの農民と日本の農民を比べて日本の小さな農家を笑いモノにするでやんすね。感心しないなあ。

(owner)
 ちっちっち。この連載は別にアメリカ万歳とか、鬼畜米英とか、そういう優劣をつけるのが目的ではないのだ。
 ただ、アメリカの大豆と日本の大豆は随分違って、国の事情も違うから生産の仕方も違うということをサラサラと眺めて賢くなろうという自由な研究なの。
 こういう時に批評とか批判とかしちゃうのはつまらない話で、アメリカみたいに無駄に広い国で農地面積が小さかったらタダの甲斐性なしだけど、日本みたいに狭い国土で1反でも農地を守ってきたというのは凄く立派なことだと思う。
 やたらに比較したがるのは、例えばプレイボーイのパッキンのお姉ちゃんと、黒髪のしどけなく浴衣を着たお姉ちゃんのどっちが色っぽいか、なんてことをまじめに論じるの同じぐらい意味がないよ。

(ポン太郎)
 おいらは浴衣のお姉ちゃんがいいでやんす。

(owner)
 ・・・よかった。明日から金髪にしろとか言われたらどうしようと思ったよ。
 冗談はともかく、アメリカと日本の生産費だけど、もちろんアメリカの方が農地がでっかいから安いよね。先週のおさらいをすると、販売ベースで大豆を作っている農家同士で比較して100倍の面積の違いがあった。

(ポン太郎)
 おいら、早くもイヤな予感だ。もう聞きたくないって感じィ。

(owner)
 じゃあ言わずに、見せちゃおう☆

○日米の大豆生産費等(平成9年産)
日本
@
米国
A  
日米比(倍)
@/A
全算入生産費(円/10a)   72,585  7,578    9.6
  種苗費   2,681   584    4.6
  肥料費   4,209   240   17.5
  農業薬剤費   4,168   878   4.7
  光熱動力費   1,422   189    7.5
  建物費及び農機具費   8,918  1,336    6.7
  労働費  28,008   207   135.3
  その他   7,694  1,094    7.0
  地代・利子  15,485  3,050    5.1
一戸当たり収穫面積(ha/戸)    0.7     75.5     0.01
単収(kg/10a)   230   285   0.8
60kg当たり粗収益(円/60kg)   15,175    1,743     8.7  
10a当たり粗収益(円/10a)     57,801    8,279     7.0  
 
注:1ドル=120.92円(平成9年平均)

(owner)
 なんだ、生産費、たったの9.6倍じゃん。

(ポン太郎)
 なーんだ、意外と少ない・・・ってなわけないでやんす!9.6倍って言ったら、倍の倍の倍よりもっと大きいんだよぉ。

(owner)
 ・・・お前、絶対アメリカ人より算数できるよ。
 ま、あんまり悲観しなくてもいいのは、アメリカの大豆って生産するのにお金がかからないかわりに、価格が凄く安いんだよね。日本の農家は、国から助成をもらっていることもあるけれど、大豆そのものの品質がよくて価格が高いから、収益を比べると10アール当たりでアメリカの7倍にもなってるでしょ。このアメリカの大豆と日本の大豆の価格の違いは、また回を改めてきちんと紹介するよ。

(ポン太郎)
 でも10アール当たりの収益が7倍良くても、農地の面積が1/100だから、合計の収入は7/100じゃん・・・。

(owner)
 ・・・頭のいいネズミって嫌われるよ(注:くどいようだがポン太郎は本当はハムスター)。
 まあ、それぞれの国にはそれぞれの暮らしがあるってこった。
 生産費の違いが何でこんなにあるのかを見ると、労働費の違いが135倍でダントツだよね。

(ポン太郎)
 ・・・アメリカではきっと、国境を越えてきた流れ者を安い金で奴隷のようにこき使っているでやんす。

(owner)
 お前、映画の見すぎ。確かにアメリカの雇用農業者には、移民も1割弱位いるらしいけど、平均的な賃金はコーンベルト地帯だと960円だっていうから、うちの近所のマックで働くより割がいいよ。ちなみに、日本の雇用労賃は時給980円で計算してあるみたい。雇用じゃない農家の人の労賃は1600円位だ。

(ポン太郎)
 じゃあ、アメリカではあんまり働かなくても大豆がとれるでやんすね。

(owner)
 やっぱり100倍も面積があるから、そんなに働いてられないし、いろいろ工夫してんだろうね。他には何が違うのかなあ。

(ポン太郎)
 肥料代が17.5倍でやんす。日本ではそんなにたくさん肥料をやっているでやんすか?

(owner)
 ホントだ。なんでだろ?
 ここまでマニアックになるとインターネットで泳いでるだけじゃわかんないなあ。誰か専門家を探してくることにして、来週のテーマは「ふぁあてぃらいざ(肥料)」に決定だ。ポン太郎、よろしく頼むよ。

(ポン太郎)
 ええっ!おいらが探してくるでやんすか?

(owner)
 肥料屋さんの倉庫のネズミでもナンパしてらっしゃい。See You Next Week!

(ポン太郎)
 肥、肥料屋さんにおすまいのネ、ネズミさん。お、おいらのメル友になってくれませんか・・・ 。当方、オス、5月に買われてきたばかりの健康なジャンガリアンハムスター。
めーる:pontaro@nezumijanainoyohamuwa.ham・・・・。 ポン太郎

○今週のホームページ

大豆農家の経営
 アメリカ(英語)
 日本


次週に進む
今週号への感想はこちら