20世紀最後の夏休みの宿題★出品作品


豆乳ムースの製造

出品者:Terryさん
ジャンル:自由研究

1.太子豆乳の味の改善

 これは、埼玉屋のあるじに紹介してもらってトライしただけですが、太子豆乳にヘルシャスA(グルコン酸Na)を入れると、味がスッキリすると同時にドロットした豆乳の粘性が下がりアッサリとした飲み易い豆乳に変化しました。これだけ、味・性状が変化するのであれば、豆乳・大豆タンパクの2次加工品にこのヘルシャスA(グルコン酸Na)を有効利用できるのではないかと感じた。(今後の課題!!)

2.豆乳ムースの製造

 冷凍パン生地の膨張剤等として使用されているグルコン(グルコノラクトン)と重曹できめの細かい豆乳ムースができるのではないかと考えトライしてみた。
 グルコンと重曹の反応できめの細かい泡を発生させ、なおかつ余分のグルコンを添加しおけば、それにより、全体がやわらかく凝固し、ふわったとした豆乳ムースができるはずである。電子レンジで5回トライし、1回は、まあまあのものができたが、それ以外は、全て泡が容器からあふれ出してしまった。この方法では、泡があふれないようにするための配合と電子レンジの時間調整が難しいと思われたので、豆乳を温めてそれにグルコンと重曹を添加してみた。それが下の写真である。今度は、泡がうまく立たず、泡豆腐となってしまった。ここで豆乳がなくなり、本日の試験終了。
 やはり、頭で考えているのと実際は違い、“実践なき研究はなし!”ということを実感しました。
 今後は、電子レンジで大きな容器に少量の投入を入れて、砂糖等により味付けし、美味しい豆乳ムースの製造にトライしていきたい。

(8/末という期限でしたので、途中ではありますが、報告させていただきます。)


●選者のコメント●
 さ、さすがTerryさん。突然のプロフェッショナルレベルな研究に、おいら、帽子はかぶってないけど脱帽でやんす!
 ヘルシャスAとかいう謎の物体もでてきて、今後の展開がドキドキ!
 どうしよう、ここから超有名ヒット商品とか生まれちゃったら・・・。続報をお待ちしているでやんす!

  by あなたのポン太郎でした

夏休み大特集に戻る