Peugeot 406 Break(D8)とBMW 318ci(E46)の2007年の記録です。

◆406 排気管の穴を暫定修理する
◆406 フロントブレーキパッド交換する
◆406 エンジンマウントを直す(その2)
◆406 エンジンマウントを直す(その1)
◆406 メータランプを安く直すT5
◆406 燃料フィルター固定バンドの修理
◆406 キンキン!!ゴリゴリ異音発生 つづき
◆406 キンキン!!ゴリゴリ異音発生(クランクプーリ)
◆406バッテリーを日本仕様の安物に変更
◆318ci オーディオ交換
◆任意保険2
◆406 きしみ音対策
◆406 メーターパネルのランプ交換
◆406,318 ETC取り付け
◆406 リブベルト(補機ベルト)交換


2007年11月04日 ◆406 排気管の穴を暫定修理する

この2ヶ月ほどで、いろいろ修理をした406・・・いろんな音が解消されて、随分静かになったとおもったら、なんだか排気漏れのような音が聞こえる・・・・・(‥;)


車を持ち上げて覗いてみたが、なかなか見つからない。
(馬で持ち上げて、車体の下に潜るのは怖いので、ブロックに車を載せた)

エンジンを掛けて再度音の出所を探す。

触媒の前後はOK、中間マフラーもOK、ファイナルマフラーは替えてからそんなに経っていないはずなのに後ろの方から「ボッボッボッ」って聞こえる・・・???


ファイナルマフラーの直前で、しかも上側に丸い穴が開いてる・・・(・・?)ナゼ?
(上に穴が開いているので、鏡を使って撮影)
普通は、水が溜まる下側が腐食すると思っていたので油断していた。
しかし、うまい具合に丸く開いたもんだ・・・・


とりあえず、家にはアルミ板の在庫が大量にあるのでそれを使って・・・
(このアルミ板、普段は自治体に寄付している)


針金で縛った。
このままでは車検は通らないと思われるので、次の車検前にキチンと修理することとして、今日はこれで完了。
(マフラーパテなどでキチンと修理すれば車検は通るらしい。)

とりあえずこれで排気漏れも治まって快適、快適!
-------------
データメモ

排気管パイプ外径55mm

先頭へメインページへ

2007年10月28日 ◆406 フロントブレーキパッド交換する

パッドの電極とロータが接触した。
パッド自身はまだ3mmほど残っていたけど、パッドは買い置きがあるので交換することにした。
でもディスクロータも薄くなってきたし、キャリパーのダストブーツもそろそろ交換時期だよねぇ・・・・これらはまた今度にして、パッドだけ交換しよっと (^^ゞ


2年前はこんなに開いていたのに



今は、こんな感じ



本日の食材♪
サードパーティー製だと、4つ同じものが入っているが、今回用意した純正品はピストン側が左右別、で計3種類構成になっている。


ガイドピンボルトも2本付属していて、原則再利用NGのようだ。
ちなみに、電線固定用のクリップまで付属していた。
(これでリアパッドより3,000円ほど安い価格設定は、なにか間違っているような)


ガイドピンボルトを緩めているところ。(下側のみ外す)
作業しやすい角度にステアリングをきっておく。
ボルトは13mm、回り止めは17mmのスパナで刃厚7mm以下を使う。
締め付けトルクが低いので簡単に緩む。


キャリパーを起こして、針金で吊って、ピストンを戻す。
普通は手で押せば戻るけど、腕力が落ちたのか戻らない。固着してる?(‥;)

ダストブーツが随分汚れているが、点検だけして、清掃をぐっとガマンする。
古いゴム製品にパーツクリーナーやシリコン系の保護材を塗ると一気に裂けてしまうから。
(すでに体験済み)


100円ショップで買ってきたFクランプで締め上げたら戻った。
(ブレーキフルードのタンクが溢れないか確認しながら行うこと)


陽動部分をパーツクリーナーで掃除して・・・


専用のグリスを塗ってパッドを組み付ける。
摩擦面にグリスが付かないように注意する。
(さて、この写真には間違いがある。・・・・・手前のパッドは右前輪のピストン側のパッドです。ライオンマークの下にロータの回転方向を示す矢印がある)


キャリパと電極の配線を戻し・・・純正なので、配線の長さもピッタリ。

付属していた新品のガイドピンボルトを締め付けて完了
締め付けトルクは30Nm

反対側の作業に入る前に、ブレーキペダルを数回踏み、ブレーキ液タンクの液面を下げておく。
作業が完了したら、低速でブレーキの効き具合を確かめる。

さて、試運転・・・ロータの表面に円周上にスリット(笑)が入っているので、ペダルが随分奥まで踏める(^_^;)
50kmほど走ったらロータのでこぼこにパッドが馴染んで、ペダルタッチが普通に戻った。

っお?そういえばブレーキ鳴が無くなった。純正品も何か対策されたのかな?

宿題
触媒付近から排気漏れがあるようだ・・・・(‥;)

先頭へメインページへ

2007年10月06日 ◆406 エンジンマウントを直す(その2)

前回のつづき

部品がやっと入荷しました。

赤丸の部品が今回のお題。


一応パーツb・・
値段は 11,130円(税込み)とっても高価!痛い出費です。

さて早速交換

先ずは、エンジンが落ちてこないように下から支えて、アッパーブラケットを外す。
ジャッキはオイルパンに掛けているが、当然応力が集中しないようにゴム板と木片で養生する。
って、この方法は本当はダメで、上から吊るのが正解。(エンジンを吊るす専用工具が要る)

さて、後は問題のエンジンマウントだが、これはどうやって車体に固定されているんだろう?
裏からナットで固定されているのかな?
ホイールハウスのカバーを外してみたが、裏側に到達できない。
しばし悩む・・・・・


・・・・っで、オイルフィルターレンチを使って回してみたら・・・外れた。
腕力に自信があれば素手で回せそう。
本当は3本爪のSSTが在るみたいだけど、フィルターレンチでも力いらずで外れる。

ちなみに、手前のECU類は工具を振り回すスペースを確保するために外した。

外したECU・・・・邪魔なものは面倒がらずに外したほうが作業が楽になるし、外したついでに点検できてGood!


外したマウントを観察・・・、中からダンパーオイル?が出てきました。
凝った構造なので、お値段が高いのかな?


腐食性のある液なのかな?


応急処置で挟んでおいたゴム板もヒビいってる。
引き千切れたのではなく、可塑剤のようなものでヒビが入った感じで、この液体はそんな作用もあるのか?
車のフレーム側にも随分滴ったようなので、一部塗装がハゲていた。。
ちょっとヤバそうな液体なので、念入りに掃除を行った。


さて、お約束の新旧比較(^^ゞ
プリンのような形のゴム部分は殆どちぎれて無くなってました。


ちなみにアッパーブラケットのゴムは、まだまだ平気なようです。
この部品はオーバー2万円と更に高価なので、切れないことをひたすら祈る。
でも、10年経過したから、もうすぐ寿命かな?



さて、新品のマウントを組み付ける。


アッパーブラケットを付けているところ。
エンジンの位置を調節してネジ穴を合わせないとブラケットが付けられない。
2人いれば、1人にエンジンを支えてもらって、ブラケットの取り付けが出来るが、生憎1人作業だったのでパンタジャッキで位置調整して、ネジ穴の位置を合わせた。
全てのボルト・ナットを付け、もう一度エンジンの位置を確認し、ネジを本締めする。
ネジ締め作業は素人なので、トルクレンチは欠かせない。

【サービスデータ】
部位 締め付けトルク[Nm] 工具
マウンティングブラケットナット 45 16mmのディープソケット
アッパーエンジンマウントリミッタボルト 50 8mmのHEX


トルク管理したネジに黄色のペイントマーカーでしるしを付け、作業の「ポカよけ」を行う。
ECUの類も元に戻し、ついでにコネクタの接点を掃除して組み付けて完了。

さて試運転
感想としては、強化マウントをノーマルに戻したときのような感じ・・・か?
エンジン音がすごく静かになり、まったりした感じになった。(^^ゞ
(エンジンのフィーリングが変わったのは、ECUを一度外したことで制御情報が初期化された影響も加わったかも知れない。)
なんか別の車に乗っているようで、ちょっと新鮮。

先頭へメインページへ

2007年9月25日 ◆406 エンジンマウントを直す(その1)

今年私は厄年だけど全部406が厄を被ってくれているような・・・。

一ヶ月程前からルームミラーが小刻みに振動して後ろが見づらいなぁって思っていたら、突然ステアリングがものすごく振動しはじめた。(゜o゜)ゲッ!!
この前クランクプーリー直したばかりなのにぃ!

でも原因は、すぐ判明

エンジンマウントのゴムがちぎれ飛んでました。


拡大図(分かりやすいようにエンジンを少し持ち上げてます。)
中心付近はゴムがちぎれて無くなってます。それでインシュレータとしての機能は完全に無くなってエンジンの振動がモロにボディーに伝わったようです。



早速部品を電話で注文したけどちょっと時間が掛かるみたい。
このまま走ると、すごい振動で他の部品(特に内装関係)に影響が出そうなので応急処置をします。

さて家に在るもので・・・と探していると5mm厚のゴム板がありました。

これを適当な大きさに切って・・・


ちぎれたマウントの間に挟む。

試運転をすると・・・まったく以前の静かな406に戻りました。
とりあえず部品が入庫するまで、これで凌ぐ。

つづく

先頭へメインページへ

2007年9月14日 ◆406 メータランプを安く直すT5

前回の続きで、メータランプの電球部分のみを日本製のT5型ランプで代用できるか?というお話。



切れたメータランプのソケットから電球抜いたところ。(ちょっとコツがいる。ソケット側の金具といっしょに電球を抜くと簡単)
12V-12Wの電球が付いていた。


買ってきたスタンレー製の電球。14V-14W
2個入りで262円。ヤマダ電機で購入・・・なんで家電屋さんに置いてあるんだろう?

電球の形は同じなので取り付け可能。
この電球を12Vで使うと
12V2÷(14V2÷14W)=10.29W
だから純正に比べてちょっと暗くなるかな?殆ど分からない?


1個あたり131円だから随分リーズナブルに交換できます。

先頭へメインページへ

2007年9月08日 ◆406 燃料フィルター固定バンドの修理

燃料フィルターの固定バンドが切れているのを発見。
とはいっても、このバンドは構造的に弱いので、切れてあたりまえな感じです。




でも燃料フィルターをぶらぶら揺らしながら走るのは危険(振動で燃料パイプが外れたり、破れたり・・・)なので、タイラップ(インシュロック)でしっかり縛ってOKとする。

前回交換したのは4年くらい前。(燃料フィルターといっしょに交換した。)
随分心もとないバンドなので、タイラップの方が信頼性高いかも。

注意:ちなみに某IOO円ショップのタイラップは少しの力ですぐに解けてしまうのでNG。

先頭へメインページへ

2007年9月07日 ◆406 キンキン!!ゴリゴリ異音発生 つづき

前回の続き
キャリアカーでディーラに運びこんでもらった手前、自分で交換しようと思っていたプーリー交換作業も全部工場にお願いしました。
っで、しばらくして修理完了の連絡を受けて、電車とバスを乗り継いで1時間以上かけてディーラーに到着。
一週間ぶりに406とご対面(^o^)。

交換した部品がこれ。

プーリーのインシュレータが完全に無くなって、かなりプーリーが暴れたようです。
暴れたプーリーがギアハウジング(タイミングベルトのカバー)を割ってしまい、これも交換するハメに。
幸いタイミングベルトは無傷だったけど、もう少しエンジン止めるのが遅れていたらOUTだったかも。
上側の大きいほうのハウジングは少し欠けていただけなので換える必要は無かったけど、ディーラの人に電話で症状を聞いたとき、かなりの重症と言われたので交換を頼んでしまいました。

ちゃんと確認しなかった自分が悪いんです。\(__ )


インシュレータの無くなったプーリー。完全に分離状態。


プーリーのインシュレータ(ゴム製)の残骸です。
これがプーリーとハブの間に入っていて主に騒音防止を担っている。
ACコンプレッサーのクラッチミートの衝撃も受けるので相当な負荷が掛かっていると思われる。



費用はこんな感じ。
パーツ 名称 参考  
0000575135 Tension Ruller \17,000 無駄買いしたテンショナ。(/_;)
00000515K6 Crank Pulley \18,600 本当の原因部品
00000320G9 Gear Housing \7,300 換える必要なかった部品。(~_~;)
00000320H1 Gear Housing \2,700 巻き添えで壊れた部品
  工賃 \10,000  
本当ならば、\18,600で済んでいたはずなのに、とても悔しい!!
(\37,000もの大金を無駄にしてしまった。)

でも「キンキン音」も直ったし、さらにエンジンの回転音もかなり静かになたので気分的には良しとしよう。

-------------------------------
【反省会】
「キンキン音」がしたら⇒多くても5,000km以内にクランクプーリーの点検をする。
「ゴリゴリ音」がしたら⇒末期症状なのですぐに点検、交換する。
-------------------------------

先頭へメインページへ

2007年8月28日 ◆406 キンキン!!ゴリゴリ異音発生(クランクプーリ)

補機(パワステポンプ、オルタネータなど)に負荷を掛けると、鈴虫のような金属的な音が出ます。
最近ではACコンプレッサーONでステアリングを切ると「キンキン音」+「ゴリゴリ音」までするようになった。

最初は補機のリブベルトが滑っているのかと思い、テンショナーをディーラに注文したが、どうも症状が違う。
(リブベルトは半年前に新品に換えている。)

症状1、エンジン始動直後に一瞬鳴る。
症状2、ACコンプレッサーONでステアリングをまわすと鳴る。1ヶ月くらい前から「ゴリゴリ音」も鳴る。
     (駐車場で据え切り、交差点を曲がるとき⇒「キンキンゴリゴリ」あぁ〜恥かしい)


調査1、ヘッドライトを点灯しステアリングをロック位置まで回し、さらにそれ以上まわしてやると鳴る。
     このときステアリングをまわす力に合わせて「キンキン音」と共にヘッドライトが暗くなる。
     ⇒パワステポンププーリーとオルタネータプーリーは滑っていないが、クランクプーリーは滑っている。

調査2、クランクプーリのプーリーとゴムインシュレータとハブに掛けて合いマークを付け「調査1」と同様なことをする。
     ⇒合いマークがズレた。

っと言うわけで、原因はクランクプーリのインシュレータがへたったことによりココからの異音と判明。

テンショナーの注文をキャンセルしなきゃ・・・・・
でもオーダーが取り消せず\17,000-もするテンショナーを無駄買いする。(;o;)ウエーン

気を取り直しディーラにクランプーリを発注。(\18,000- (゜o゜)ゲッ!!

クランクプーリーボルトの締め付け方向も確認し(逆ねじが使われている場合があるが、406は正ねじでした。)
そして今日部品を取りに行くことになっていたのに・・・・・

..........。。oO
朝、子供を部活の遠征に送っていく途中にステアリングの重みが変化。
それと同時にゴリゴリガキガキ言いだして、バッテリー警告等が点滅(;o;)ウエーン
自走困難に・・・・部活顧問の先生に子供を託し、1人406と路上に残る。

さてどうしよう。
プーリーのインシュレータがチギれてプーリーが歪んでる(‥;)
リブベルトを外してバッテリーの残電源のみでも10kmくらい走れそうだけど(以前走ったことがある。)家まで20kmくらいあるし。
プリーがタイミングベルトカバーに当たってカバーが割れている。 (;o;)
タイミングベルトの状態が心配。(゜o゜)

あえなくキャリー搬送を決断。
三#ダイレクトの任意保険に「レッカー10km無料搬送おまけ付き」って書いてあるからこれを使おう!!
カーナビで見るとディーラーまで8kmなので行ける!
J△共済にはこんなサービスなかった。
20年来続けていたJ△Fも止めしまったので、三#さん助かりました。

早速コールセンターにTEL・・・1回目話中、2回目話中・・・・・ちょっと不安になる。
5回目つながった・・・・
「なぜレッカーが必要なのか?」について簡単な質問に答える。
(ガソリンが入っているにも関わらずエンジンが掛からないと言えば合格?みたいです。)
次に、カーナビに出ている大体の地名と交差点名を告げると、逆にオペレータさんから「Mrドーナッツの店舗が見えますか?」と質問が。確かに見えます、見えますとも。
私の居場所が確かにオペレータさんに伝わった。
10分足らずでキャリアカーが到着。J△Fより遥かに早い。頼もしいぞ三#ダイレクト!!
(名古屋市内だから早かったのかな?)

エンジンが掛けられないので牽引で乗せている。

406の運転席から、おじさんが1人でワイヤレスリモコンを使ってキャリアカーと406の両方を操作している。
おおおぉ!カッコいい。

つづく

----横道----
キャリアカーを待っている間。
片側2車線の道路で、ちょっと渋滞ぎみ。
三角表示板を出して故障をアピールしているのに、けたたましく「どけどけクラクション」を鳴らす車の多いこと。
ゴメンナサイ、車動かないの・・・・・みんな睨んでくる、あー怖かった。(^^;;
(そんなに多くないです。4〜5台ぐらいでした。)
-----------

先頭へメインページへ

2007年8月11日 ◆406バッテリーを日本仕様の安物に変更

406のバッテリが突然ダメになってしまいました。
丸4年使ったので寿命のようです

ダメになっているはずなのに、ハイドロメータは緑色で「OK」の表示のままになっている・・・・アテにならない。

というわけで交換なのですが・・・

1、正規品は高い⇒3万円近くする。(ネットなら1.2万円くらい)
2、ホームセンターなどで2000円台で売っているバッテリがとっても魅力的。
  JIS容量ランク40前後なら、安い、軽い、小さい。
  でもターミナルの径が違うのでそのままでは付かない。
3、車輌側の純正端子のツメが折れてしまったので、端子を換える必要がある。
  この際、国内仕様の端子に交換してしまうのは苦ではない。

以上を考慮して国内仕様の小さめのバッテリーに交換することにしました。
(以下、良い子はまねをしないでね・・・・車の下取り価格が下がってもしらないよぉん)




左が今回買ってきたバッテリー。JIS容量ランクは38で2170円でした。
右が純正品です。

換える前
               ↓↓↓↓
変えた後



車側の端子はディスクグラインダーとドリルを駆使して こんな感じに加工。

これはマイナス端子

こちらはプラス側。


バッテリーの端子は少し角を落とさないと、うまくターミナルに入らない。



バッテリーの固定は荷締めバンドを使います。
(これが純正よりシッカリ固定できるんです。)


買ってきた国内仕様バッテリー端子に車輌側の端子をネジ止めして完成。
こんな感じで付きました。
(注:写真には無いが、プラス側の端子カバーは必ず付ける必要あり。⇒短絡火災防止)

【今回の出費】
バッテリー (日立 38B19L) 2,170円
バッテリー端子(エーモン) 480円
荷締めバンド 100円
合計 2,750円

容量が小さくなることで心配していたスタータも元気に回るのでGood!
(クランキングの問題なし)
後は寿命がどうなるか・・・でも2000円だから2〜3年でダメになっても十分元が取れます。

先頭へメインページへ

2007年7月27日 ◆318ci オーディオ交換

訳あって318ti(E36)を手放しました・・・・っが、ちょっと未練が(^^ゞ

っで、替わりに318Ci(E46)がやってきました。

(318なのに2000ccのエンジンが載っている。)

ciは標準でMDデッキが付いているけど、MD関連の機材は一切持っていないのでMyMDが作れない。
という訳でMP3再生可能な1DINサイズのCDデッキに交換します。(Tiで使っていたやつを移植)
CD1枚で100曲以上音楽が入るのでとっても◎
ハーネスと化粧パネルのキット(1万700円)も一緒に買ってきたので交換は至って簡単。

でもキットの中身はこれだけ・・・・これで、いちまんななひゃくえん(~_~;)

気を取り直して・・・・
必要な道具は
・トリムリムーバー(マイナスドライバーでも可)
・プラスドライバー

概要はこんな感じ(某インストレーションマニュアルから画像拝借・・・)


助手席側から順番にパネルを外します。


ヘッドユニットの両側のネジを外して


キットのハーネスを使って配線し、金具を使ってCDデッキを固定する。
(実際には化粧パネルと一緒にネジで固定します。)
#パワーアンテナコントロールの配線も繋げないとラジオが聞けません。
⇒アンテナのブースターアンプの電源と連動させる必要があるようです。


パネルを戻して完成


一万円の割には、いまいち安っぽいパネルです。(/_;)
CDデッキは更に安かったけど・・・なにか?

-----------------
その他Ci備忘録
・ETCの取り付けで・・・
 ルームランプ付近にはACC電源が無いのでTIのように簡単に配線出来ません。
 ヒューズBOX(グローブBOXの中)付近にもアースを取る場所が無いので、電源は結局CDデッキから分岐するハメに。

・Aピラーのトリムの外し方。(隠しネジがある)
 SRSと書いてあるパネルをこじって外し、その中のネジを取ると外れる。

・バッテリーカバーの外し方(リアトランク内)
 これが結構難しい。プラピンを2つ外し、カバーの内側に手を突っ込んで奥を持ち上げると外れる。
 (かなりコツが要る。E46オーナーでこれが出来ないと恥ずかしいらしい・・・)

・任意保険の車輌入れ替え
 Tiで契約していた任意保険をCiに付け替える必要がある。
 TiはJ△共済で契約してましたので、平日に本人(本人確認書類必要)が窓口まで出向いて処理する必要がある。(「カーディーラーのセールスマンにて手続きを代行する」ことも受け付けてもらえない)
 会社の休みが取れなかったので、嫁さんを代理人にして手続きを行ってもらったら、2回ほど出直すハメに。
大変面倒だったので、次回の更新時に406と同じ保険会社に換える予定です。

先頭へメインページへ

2007年5月07日 ◆任意保険2

今年も任意保険の満期がやってきました。
いままで「J△共済」でお世話になってきましたが、更新手続きは店頭でしか行うことが出来ず、有給休暇を取らないと更新できないという不便さもあって、最近流行の通販型自動車保険に換えることにしました。
めぼしい保険会社を日経ビジネス誌の「自動車保険満足度」などから拾って見積もりを依頼した。

そんな中で「S○NY損保」に406の車輌保険の引き受けを拒否されてしまった。
理由は「車の年式が古すぎるから」だそうです。
まだ10年しか経っていないのに(/_;)

でもまてよ、最近は土日くらいしか車に乗らないし、保険の引き受け価格も下がってしまったので、車輌保険は付けなくてもいいかな・・・
車両保険を省くと、殆どの保険会社で保険料が2万円前後になって、とってもリーズナブルです。

っで、いろいろ検討した結果「三#ダイレクト」で契約することに。
去年の契約条件から車両保険を除いて18,000円/年でした。
(近所のコンビニ支払いができて、手続きが簡単だったので・・・)

一通り手続きが終わって数日たったある日、留守電が入ってる。
「J△共済」さんから「保険の期限が迫っているから手続きに来るように」と催促の電話が・・・
J△さんゴメンナサイ、今年は行けません。

先頭へメインページへ

2007年5月01日 ◆406 きしみ音対策

318tiは車齢9年にもなるのに少しも「きしみ音」はしないけど、406は6年目くらいから結構きしみ音が出てました。
そんな406をいろいろ対策して、10年目の今でもまったく「きしみ音」は出ていません。
参考までにその対策を挙げておきます。

現象 発生状況 原因 対策
バックドアからのコトコト音 段差などがあると鳴る トリム上部に隙間(ガタ)がある トリムを外しサッシ用の隙間スポンジを噛ませた
マップランプ周辺のきしみ音 手で押すとギシギシ鳴るが、走行振動で鳴ることはないようだ --- 対策しない
天井からのきしみ音 歩道などに斜めに進入したりしてボディに捩じり方向の力がかかると鳴る 天井とボディの接触部分の擦れ音 接触部分に薄いスポンジを噛ませた
センターピラーからコトコト音 段差などがあると鳴る ピラートリムの取付け部分にガタがある 取付け部分にサッシ用の隙間スポンジを噛ませた
ドア周辺(特に上部)からのきしみ音 ボディに捩じり方向の力がかかると鳴る。
舗装状態の悪い道を走ると盛大に鳴るので結構不快
ドアーのウェザーストリップの内で、一番外側に当たるAピラーから屋根に沿ってCピラーにかけて取付けられているもの⇒ゴムが硬くなってきた 外してよく掃除し、シリコンオイルを塗って再度組み付けた


先頭へメインページへ

2007年4月29日 ◆406 メーターパネルのランプ交換

メーターパネルのバックライト(自動車用語ではバックライトって言わないのかな?イルミネーションランプ?メーターランプ?)が切れたので交換しました。
切れたのは、「オドメータ」用、「水温計の針」用、「燃料計の針」用の3つ
ランプはディーラで購入して価格は1個400円でした。
もう10年も経つのでこれを機会に全部交換しようとおもったら、メータランプは全部で24個も使われているので、とりあえず3個のみ交換・・・

これは外したメータの裏側。
(赤丸内の抵抗器が異様に熱くなっていることがあるので、触って火傷しないように)


メータの外し方
概要はこんな感じ。 (絵は某カーナビ取付けマニュアルから拝借)



化粧パネルにはエアコンダクトの一部もくっ付いているので壊さないように。

ねじ3本外したら、後は赤丸の部分の爪で止まっているだけなので、リムーバーやマイナスドライバーで下部をコジって外す。
結構しっかり止まっているので化粧パネルを割らないように注意が必要です。

-----------------------------------------------



化粧パネルが外れたら、メータを止めているねじ4本を外し
メータとカウルの間に指を入れてカウルを押し上げながらメータは押し下げるようにして手前に引く。

-----------------------------------------------


メータ裏のコネクタは黒いリリースレバーを倒して外す。


メータが外れたら後は電球を換える・・・・・


左が切れたランプ、右が買ってきたランプ。
形も色もまったく別物に見える。

実は注文したとき、正確な部品番号がわからなかったので、とりあえず発注してもらいましたが、違う部品が入荷している可能性大だったので、部品を受け取り行ったときに、外したメータを持ち込んでお店のヒトにも確認してもらいました。
結果はちょっと無理すれば無事装着できました。
(このディーラではサードパーティーの部品は扱わないって言ってたのに今回は例外?)


ちなみに電球部分のみ以下の部品で代用できるらしいが、まだ確かめていない。
1個140円だそうだから代用できたら結構お徳だね。

先頭へメインページへ

2007年3月18日 ◆406,318 ETC取り付け

某万博のお蔭で家から半径5kmくらいの所に高速のICが3つもあります。
こんな環境でも高速を殆ど利用することが無く、ETCの必要性が無かったのだけれど、この1月から始まったリース制度を利用すると随分安く手に入る。
ETC本体とセットアップ料込みで2年間で総額1,880円。せんはっぴゃくはちじゅうえん
しかも2年間のリース終了後に返却の必要なし・・・
っという訳で、導入することにしました。

インターネットで注文し、車検証のデジカメ写真とアンケートをメールしたら3日後に本体が送られてきました!

同じ型式のものが近所の●ートバックスで「本体9800円+セットアップ料3000円+取付費実費」となっていたので、随分得した気分になります。
でも、高速料金を払う設備の一部を利用者が負担するわけだから少々複雑ですね。
まあ、高速代の割引制度が使えるからお得だよね?

さて取り付けよう

アンテナ一体型なので、見えない場所に取り付ける訳にはいかない。
でもダッシュボードの上はかっこ悪い。
取付け説明書を読んでいると、なんと「フロントガラスに貼り付け」が紹介されていた。
フロントガラスって車検証票類以外は貼っていけないことになっていたと思っていたけどETCはOKなのか?
と、いうわけで、ルームミラーの裏辺りに付けました。


電源はルームランプのコントローラの基板からとりました。


配線はこの穴から出して・・・


配線もすっきり!

あまりも安いのでもう一つ注文してBMWにも取り付けることにしました。


これはBMWのマップランプの裏側で、ここから電源を取りました。


こんな感じで付きます。

さあ、早くETCカード来ないかなぁ

先頭へメインページへ

2007年1月28日 ◆406 リブベルト交換

エンジンの補機(オルタネータ、パワステポンプ、クーラコンプレッサ)に動力を伝えるためのベルトから音が出ます。
エンジンを掛けた瞬間と、ステアリングを据え切りしたときにキンキン鳴きます。
かっこ悪いので早速ベルト交換を計画。

でも今使っているベルトは2年前の車検時に交換したばかりなのに・・・、もうヒビがいっている。
ベルトの取り回しが複雑で曲げが多いせいか異常に寿命が短いです。
(実はもう3本目の交換・・・)
純正品の寿命が短いのか?とディーラの人に聞いてみましたが寿命は2年くらいだそうで、じゃあ社外品が手に入らないか?ときいてみたが社外品は扱ってないそうです。
まあ、値段は4000円程度なので純正品を注文しました。



交換方法は、車の下から9.5Sqのスピンナハンドルでスプリング式のテンショナプーリを緩めて行います。
スピンナをパイプで延長すれば上からでも交換できます。

ベルトを外したついでに、「アイドラプーリ」、「オルタ」、「A/C」のベアリングの調子も点検します。


一応品番を載せておきます。
:品番5750M1 部品名ドライブベルト

先頭へメインページへ


Copyright (C) 2007 By Kanaya All rights reserved.