Peugeot 406 Break(D8)とBMW 318ci(E46)、VOLVO V70の2009年の記録です。

◆318も安物バッテリーに交換
◆V70新しく加わりました。
◆406外気導入切替フラップのアクチュエータが壊れた
◆318オイル漏れ(バキュームポンプ)


2009年11月25日 ◆318も安物バッテリーに交換

2007年5月に交換したバッテリーがもうダメになってしまった。

ハイドロメータは緑色で正常であることを示しているけど、あてににならない。


406同様に安いバッテリーに載替えることに。

一応現状のデータ

箱のサイズ

W×D×T=242×170×190(端子面の高さは165)
ボッシュならSL-6Cか?
古川ならEU62
ACDelcoなら20-55

端子サイズ

プラス 端子 Lφ19 Tφ17.5
マイナス端子 Lφ17 Tφ16
所謂D端子サイズ

で、ホームセンターで日立製(新神戸電機)40B19Lが3900円で売っていたのでこれに交換
CCAは305[A]なのでちょっと厳しいかな。
55B24L(CCA433)くらいがいいけど、これだと後少しお金足せば純正品が買えてしまう(*_*)

(ガス排出用のパイプは何処に繋ぐんだろう・・・)

このバッテリーはB端子なので、今回は変換アダプタを使って取り付けた。


バッテリーの高さが30mmくらい高いので、カバーがうまく嵌らないけど、気にしない。

先頭へメインページへ


2009年06月17日 ◆V70新しく加わりました。

長らく愛用していた406は立て続けの不具合で2度目の立ち往生で(イグニッションコイル断線とパワステポンプ破損:直せない訳では無いけれど)家族から大ブーイング。(/_;)

泣く泣く手放してしまいました。
荷車らしからぬハンドリング性能とスタイリングは大変気にいっていたけど・・・・・・


代わりに当面はV70('04年後期)が荷車として加わりました。

406から乗り換えた最初の印象は・・・まっ、曲がらない・・滝汗!
燃費は、406が6〜7km/Lに対しV70は8〜9km/Lと2割以上良いので、その点は○
アイドリング振動はV70の方が大きい・・・せっかくの5気筒が台無し。
さらにクーラーコンプレッサの負荷が加わると盛大にブルブルします。
もう少しアイドル回転数を上げられたらいいのに。

嫁さんからの一言。「もっさりしてる」・・・その通りです。(>_<)
年配の方が乗る車・・・・以下自粛

がっくり _| ̄|○


とりあえず簡単なカスタマイズを・・・

まずはカーステ交換
特別仕様車なので初めから高級なオーディオが付いているんだけどCDAとMDは使わないので・・・

外すのが大変、まるで箱根の寄木細工のよう。
プラ爪が折れそうで・・・

純正パワーアンプは電気的に殺しただけで、そのまま残した。


無事インストール完了・・・生産最後のJVC機だけど・・随分チープ(*_*)
でもUSBが使いたかったし、フォルダー選曲がテンキー一発でできるので便利。
だけど・・・・・貧相

次は、荷車必需品のルーフレール装着


ルーフモールを手でバキバキ外し


ルーフモールをディスクグラインダーでカット!
(注:回転体に鼻を近づけてはいけません)


盗難に遭いそうなので、詳しい取付方法は割愛



次は、日に焼けたサイドモールを塗装する。
モールは強力な両面テープで固定されているので剥がすのが大変(>_<)

下部のモールは黒いまま残し、オイルとブラシを使って黒々しさを復元。


剥がしたモールは、表面のシボをサンドペーパで削り落として、ペタペタ色づけ
(これはフロントバンパのモールを塗ったところ)

1週間後にサンドペーパ#1000で均して、コンパウンドで鏡面仕上げして完成
今まで塗装作業は良く晴れた日がいいと思っていたけど、雨の日の方が仕上がりが綺麗でした。
(埃とかが少ないからかな?)

っで、75th Anniversary Limited Edition風になりました・・・
(下の写真は本物のアニバーサリーモデル)

モール塗装は業者に依頼すると10万円ちょっと掛かるみたいだけど、自分でやると作業日数3日+塗料代1万円掛かる。特にシボを削りとる作業が大変!
どっちが得かなぁ


(^。^;)フウ 昔は何でもなかった作業なのにしんどい(^^ゞ


先頭へメインページへ


2009年05月17日 ◆406外気導入切替フラップのアクチュエータが壊れた

5年ほど前に壊れた部品と同じ物がまた壊れた。

エアコンの外気/内気切替用のフラップを動かすアクチュエータで、これが逝かれると結構不都合がある。


内気のままだと、クーラーのエバポレータが臭くなるし、外気のままだと夏場のクーラー能力が足りない。
しかし、この部品がとても高価、値段が\39,800-( ゜_゜;)
部品番号:6447 A5
5年毎に4万円かぁ・・・・タイヤより高い消耗品じゃないか。


っで、お店の人に中古を探してもらったが見つからなかった・・・・
(新品も国内に2個しか無いらしい。)

なので、直そうかと思って分解してみたら、中のギヤが全周飛んでた・・・・型取りができない・・・
・・・諦めた(;o;)

しばらくは、グローブボックスの裏のサービスホールから手を突っ込んで内気循環切替操作を行うことで対応する。


・・・・最近ATの調子が悪い。
Rに入れるとエンジンマウントが切れそうなくらい衝撃がある。(*_*)
次の車検まで行けるか・・・・。

先頭へメインページへ

2009年01月25日 ◆318オイル漏れ(バキュームポンプ)

318Ciが我が家に来た当時からエンジン始動時にオイルの焦げる匂いがしていた。
エンジンフードを開けて観察すると、排気管付近から煙が出るので、漏れたオイルが排気管に滴っているのは間違いないが、ディーラで調べてもらったけど、どこから漏れているのか発見できなかった。

漏れ量が微量で、ディーラに自走で行くと、その間に垂れたオイルが乾いてしまうので分らないという。
お店の人に「漏れが微量なので(たとえ煙がでていようが)そのまま運転しても問題ない」と言われたので、そのままほっておいた。

でもある日駐車場にオイルの染みが・・・
染みの場所から当たりを付けて漏れ箇所を探すと、ブレーキブースター用のバキュームポンプから漏れているのを発見。



と、言うわけで早速外すことに。
しかし、エンジンとバルクヘッドの間がとても狭くて工具が入らない。
周りの部品を沢山外して、やっと取り出した。

品番は1166 7502 656なので前期物のようです。
現在の品番は1166 7542 498になっているので、なにか対策されたのかな?

排気カムに連結して回すようになっている。


赤丸の部分からオイルが漏れ出ていた。

ディーラーではこの部品がオイル漏れするとASSY交換だそうで、4万円以上する。
勿体ないし、お金も無いので直すことに。

蓋を開けると中には大量のオイルが・・・・
この状態が正常なのかどうか分らない(^-^)

オーリングがへたっているけど、この部分だけの部品が売っていないので、シリコンコーキングでシールして元通り組み込んだ。

さて、これでオイル漏れは収まるか・・・様子見

先頭へメインページへ



Copyright (C) 2009 By Kanaya All rights reserved.