BMW 318ci(E46)、VOLVO V70の2011年の記録です。

◆318Ciにスタッドレス+V70に850のホイールを付ける
◆318Ciエンジンオイルにじみ
◆V70点火プラグ交換
◆V70ブレーキローターとパッド交換
◆318CiヘッドライトカバーUVクラック(黄ばみ)
◆318Ciドアロックアクチュエータ 開錠できない(2)
◆318Ciドアロックアクチュエータ 開錠できない
◆V70ドライブシャフトブーツ交換
戻る


2011年11月03日 ◆◆318Ciにスタッドレス+V70に850のホイールを付ける

318Ciにスタッドレスタイヤをと思い、ホイールを探していたら、
純正同型ホイールの中古が4本1.5諭吉で売っていた(゜o゜)
速攻ゲット

リムもほぼ無傷の美品・・・・何かイワクでも?

スタッドレスタイヤは、根苦戦をチョイス

氷の上では、夏タイヤに迫る性能を示す・・ってタイヤ屋さんが言ってました(^^;
っという訳で、私のような安全運転ドライバー向けタイヤ。

出張嵌め換え業者さんに来てもらって、組み込みバランスしてもらいました♪

嵌め換え業者さんにも「凍結路には気を付けて」って言われました・・・
夏タイヤに切れ目を入れただけのタイヤってことらしい。
ま、安かったからいいや。

あれ?このタイヤはリムガードが無いんだぁ

さて、使用感ですが
ロードノイズは、高速道路ではかなり大きい(クラカン四駆タイヤのような音がする。)
グリップは、
ドライ、ウェットとも良好
雪道、圧雪、シャーベット状もOK
アイスバーンは苦手(スタッドレス全般に言えることですが・・・)
今まで使った事のあるタイヤで比較すると
iceGUARD<WINTER ICESPORTS<このタイヤ<ぶりザック
ってな感じかなぁ・・・・あくまでも個人的感想ですが・・・・



・・・・・ホイールを探しているときに、850用の純正ホイールを見つけてしまった。
「2世代目V70からは、ホイールボルトが太くなったので、取り付け不可」っていわれたけど
他の数値 PCD108 5穴 オフセット43mm ボア径65.1mmはドンピシャなので諦めきれない。

初代V70用のホイールを付けたときも大丈夫だったので、ノークレームで買ってしまった。

届いたホイールを早速付けてみたら問題なく装着♪
90年代風になりました。(^-^)

なにより、10年以上前のホイールなのに状態ピカイチ
元々履いていたホイールより遥かに綺麗でびっくり。
一部DIY補修の塗装ムラがあったので、修正して新品同様になりました。



先頭へメインページへ


2011年10月23日 ◆318Ciエンジンオイルにじみ

318Ciの車検準備をしていたら、エンジンブロックにオイルがべっとり・・・・
にじみ出ていたのはしってたけど、酷くなっていた。

場所は、エキセントリックシャフトセンサ11377527016のコネクタ部分。


シールフランジ11377502022がへたってしまったようだ。

7番の部品


早速注文しなければ。



一週間ほどして部品入荷
値段を確認しないで発注してしまったので、高額請求だったどうしよう。
どきどきしながら受け取りにいったら、1野口でした。
あぁ良かったぁ(^.^) ホッ


左が新品


パッキン部分を触ると、新品はずいぶん柔らかい。
古い方は、そこがゴムとは思えないほど硬くなっていたので、新品部品が来るまではフランジとパッキンは樹脂一体成型と思っていた。(^^ゞ

早速交換して、漏れたオイルを綺麗に掃除。
再度オイル漏れを起こしてもすぐに発見できるように丹念に掃除して完了!


他のOリング類もきっと硬くなっているんだろうなぁって思って、
こんなOリングセットを買ってみた。

へぇ、これだけ入って1野口半って安くない?

さて、出番はあるか。

先頭へメインページへ


2011年10月08日 ◆V70点火プラグ交換

V70は走行9万キロでプラグ未交換疑惑が・・・・
ネジが多くて、面倒なのと、燃費がそれほど悪くないのでここ2年ほどほっておいたけど、交換した記録がないので外してみた。



これだけネジを取らないとプラグが外れない。


外したプラグの電極はこんな具合で、驚くような磨耗ぢゃなかったけど交換することに。

NGKの指定品番は、「BCPR6EP」
ガスケット面からターミナル端までの長さが国際規格(ISO)寸法品より2.5mm長いJIS物指定になっていた。
逆じゃなかろうか?
(エンジン周りのほとんどの部品がアイシンとデンソー製なのでプラグもJIS品?)

NGKのHPで指定されているのだから「BCPR6EP」を買ってきた。
1本470円、5気筒なので5本




左から
・チャンピオン RC9YCC
・V70純正?    ターミナルまでの長さ51mm
・NGK BCPR6ET ターミナルまでの長さ52mm

NGKは元のプラグよりちょっと長いんだ。スパーク電極もずいぶん長い。


これくらいの長さの違いは関係ないのかな。
問題なく組み付いたので、良いみたい。

先頭へメインページへ


2011年09月29日 ◆V70ブレーキローターとパッド交換

リアブレーキパッドの摩擦材が無くなったのに気づいてからすでに半年。
バックプレートがローターの盛り上がった淵に接触してる((((((^_^;)
パッドはすぐに購入したけど、交換するのが面倒で・・・・で、とうとう車検期日になってしまった。

ローターも磨耗限度マーク以上に減っていたので、前後全部交換することに。

ローター注文したら中1日で到着・・・・はやっ( ゜_゜;)
(奥に写っているパッドは半年前に買って大事に保管してた物・・・・ロッキード製低ダストタイプ1台分1.2諭吉)

ロータはルーカス製のスタンダードタイプ1台分2.9諭吉
(錆さびロータは嫌なので、シルバー塗装してみました。)


古いロータが錆び固着していたので、浸透性潤滑剤を使って揉んで剥ぎ取った。
車軸ベアリングをいじめないよう、そっと作業する・・・BMWに比べて接触面積が狭いせいか比較的すんなり取れてくれた。

フロント側は固着していないのを知っていたのでリアから作業開始♪


新しいロータを付けて、キャリパーブラケットを付けて・・・

各ボルトの締め付けトルクは
ブラケットボルト リヤ60Nm(13mm) フロント100Nm(15mm)
キャリパーガイドピン 30Nm(HEX7mm)
(ちなみにブラケットボルトは再利用禁止指定です。 そうなんだけど・・・・)



ピストンを押し戻して


スプリングクリップも一発で嵌って、組み付け完了♪


この作業を後3回・・・・e(^。^)g_ファイト!
・・・年のせいかすごくローターが重く感じる(*_*)

フロント側は更にロータもキャリパーもデカイので大変!

さて、
外したリアパッド・・・外側が異常に減ってる。ガイドピンを掃除して様子見

そういえば406も外側のパッドの減りが早かったなぁ。

後はブレーキフルードのリザーバータンクを点検して完了。

今回も低ダストパッドを使ったからブレーキ鳴くかな?
ダストが少ない事はありがたいけど・・・

※その後200km程度走行しましたが、鳴きませんでした。

ついでにBMW318Ciのブレーキ鳴き対策
Ciは昨年ロッキード製の低ダストパッドに交換したんだけど、リア側で鳴きが出てしまった。
100kmほど走行したら出なくなったけど、バック(後進)時の鳴きが収まらない。
(バックで100kmも走るわけにはいかないし・・・)

ショッピングモールの広い駐車場でブレーキ音がプオーォォンって響きわたって、まるでボロ車ですよって言いふらしているようでとてもカッコ悪い・・・・

輸入車のブレーキ鳴きは当たり前らしいけど、きちんと調整すれば鳴らなくなると思うので・・・


外したパッドを・・・


面取り&スリット加工して・・・(スリット加工はヤリ過ぎかも・・・))
※ローターがまだ新しいので、写真での上下のカドは削らない。
四隅のみカドを落とす。


バックプレートに鳴き止めシムを装着

ちなみにシムはPPシートをカットした自家謹製品で、これをゴム系ボンドで装着
ペダルタッチが柔らかくなるかと思ったけどそれほど変わらなかった。
・・・ドン感なだけかも(^^ゞ

これでピタリと治まりました(^o^)


先頭へメインページへ


2011年08月15日 ◆318CiヘッドライトカバーUVクラック(黄ばみ)


ヘッドライトカバーの黄ばみが気になり始めたので


削ってみました。(処置後)




黄ばみの原因は、表面コーティングの劣化ヒビ


カバーのみで部品供給あるけれど、結構なお値段。(2.5諭吉くらい)

表面を薄く削れば綺麗にできそうなので

先ずは、600番のサンドペーパで水研ぎし、ヒビの底までさらう。


次に
800番、1000番、2000番の順でサンドペーパの磨き傷をさらう


最後にコンパウンドで仕上げて完成


表面の保護膜が無い状態なので、傷つきやすいと思われるが、そうなったらまた削ればいいのでOKとする。

作業メモ
・ライト下のガーニッシュを外すとき、フェンダー側の噛み込みがキツイので爪を折らないように慎重に外す。
・この年代のプラスティック部品はもろくなっているので注意

先頭へメインページへ


2011年06月10日 ◆318Ciドアロックアクチュエータ 開錠できない(2)

先回の続き

最近BMWがたくさん並んでいた車屋さんを見つけたので相談に行ってきました。

いろいろ親切に教えていただいて以下のような情報をいただきました。
・BMWのドアロックアクチュエータの故障は多い。
・このためパーツ供給も潤沢。日本国内にも在庫が多い。
・対策品の設定は無い、消耗品のような扱いになっている
・しかし実際に交換してみて、原因が別にあることが判明する場合は多々ある。
・このため正規ディーラーで修理する場合は関連部品を総取替えするので高額になりがち。


これを踏まえて、ドアロックアクチュエータを注文しました。
2諭吉とちょっとを投入しての発注となりました。

注文した部品が届いたので

左が新品、右が既存品

ちゃっちゃと交換済ませ一安心・・・・・と思ってた翌日・・・・
嫁さんから「再発したよ」ってメールが・・・orz

さて、次の手を打たなければ。
っで、残る接触不良で考えられる場所はジェネラルモジュール側のコネクタくらいかなぁ

グローブボックスの奥




このコネクタを抜き差し・・・・このまま様子見・・・・




・・・・2週間ほど経過して再発せず。
もう少し様子を見ないと何とも言えないけど、おそらく単純なコネクタ接触不良だったのね。

ドアロックアクチュエータの予備部品完備とあいなりました。(^^ゞ


【その他メモ】
クーペの窓ガラスの調整
・電気的なリフト位置の初期化作業は無い。
・ASAボルトの調整しろの範囲でガラスの位置を調整。
・うまく調整しないと屋根側のサイドフレームプレートに窓ガラスが接触する。
・コツは、半ドア状態でサイドフレームプレートと窓ガラスの隙間が全周で5mm程度になるように窓ガラスの位置を決めて窓ガラスのASAボルトを締め付ける。


V70のオーディオのセッティングをやり直していて、やらかしてしまいました。



エアバックシステム コショウ タダチニ テンケンヒツヨウ

スピーカーの周波数特性の確認と調整のためにパネルを開けてチェックをしていたとき、
エアコンの操作パネルを外したままで電源を入れてしまった。
なぜかこれをやるとこのメッセージが出てしまう。

このメッセージはオドリセットを押したままキースイッチをONしても解除できないのね。
(テイキテンケンノジキなどのメッセージは解除できる)
話は聞いていて注意していたのだけど、ついやってしまった。f(^^;)

次の車検の時に消してもらおう。

先頭へメインページへ


2011年05月07日 ◆318Ciドアロックアクチュエータ 開錠できない

不具合症状
1、リモコンで開錠操作した場合
 ルームランプ点灯するが、開錠しない。
 (正常ならば、この時点で電動開錠する。)

 ボタンを押し続けると窓が開く。
 だけど開錠しない。給油口も開かない。

2、キーシリンダーで開錠操作した場合
 キーを45度ほど捻ると、ルームランプ点灯するが開錠しない。
 (正常ならば、この時点で電動開錠する。)

 キーを捻ったままにすると窓が開く。
 だけど開錠しない。

 さらにキーを90度まで捻ると運転席側だけ物理的に開錠する。
 助手席と給油口は開錠できない。助手席の内側ドアハンドルを操作しても開錠できない。

っていう症状に見舞われて早3年くらい経ちました。(^^ゞ
アクチュエータを小突くとしばらく正常に動くので、ほっておいたけど、嫁さんが使っているときに限って症状が出るので、バラして見ることに。

アクチュエータを小突くと一時的に直るので、単純な接触不良だと言うことは分かる。
分解して接点を掃除すればOKかなって簡単に考えていたけど・・・・

さて分解。

目隠しパーツ(ドアハンドルの奥と「AirBag」バッジの2箇所)を傷つけないように取って、5箇所のボルトを外しドアトリムを外す。
ドアハンドルの目隠しパーツは向かって右部分を押し込むと左部分が浮き上がるようになっているので傷つけずに外すことができる。。


アクチュエータを取り出すために、窓のスライドレールが邪魔になるので、ガイドレールをズラす作業をおこなう。

窓を少し下げて、窓ガラス固定ボルトがサービスホールの位置に来るようにしてボルトを抜き取ります。
(窓ガラスを完全に取り去らなくても作業できる。)
注:窓ガラスの位置をサービスホールに合わせたら、バッテリーのマイナス端子を外す。
(これ以降の作業で万が一パワーウインドウが動いたらちょっとした事故になるので、その防止。)

サイズはE8、ボルトが逆ねじになっているので注意(右回りで緩む)
↓抜き取ったASAボルト(右)


ガイドレールの上部のナットは緩めるだけ。下部のナットは外してガイドレールを車体前方方向に押してアクチュエータを取り出す。(黒いのがガイドレール)
 

取り出したアクチュエータ


↑刻印
PartNo.(51 21) 7 011 248(右ステアリング車用)
Made in CZ?(チェコ?)

さて、これを更に分解しなくては・・・・なんですが・・・


えぇーと。
カシメ部分にさえぎられて手持ち工具では、これ以上分解できない。
カバーを切ってしまうか・・・いやいやそんな冒険はできない(*_*)

部品を注文するか、このまま使い続けるか・・・・

・・・・部品注文します。(~_~;)

メモ:ドア内臓のスピーカ、どちらかが極性逆接続になっているみたい。

先頭へメインページへ


2011年02月13日 ◆V70ドライブシャフトブーツ交換

ちょっと早いと思いつつスタッドレスタイヤをノーマルタイヤに交換していたら・・・
ホイルハウスにグリスの染みが。(*_*)

まだ6年8万キロなのにもう破れたの?(・・?)

このままじゃ車検通らないし、直さなきゃ。

分割式ブーツが簡単だけど適用が無い?探したけど見つからないので、仕方なく普通のブーツを購入。

サードパーティ製を購入したので、不要な部品がいっぱい入っているけどこれで5000円(送料込み)ならいいのかな?(使ったのはブーツとバンドとグリスのみ)

さて、分解開始
ハブのセンターボルトは再利用禁止だそうだけど、ブーツ付属のボルトはAUDI用なので使えない。
元のボルトを再利用するとして・・・・

なぜかセンターボルトが既に緩んでた・・・( ゜_゜;)
このボルトを緩めるのは初めてのはずだから、工場出荷時から緩かったみたい。?
このボルトは無くてもタイヤが取れてしまうことは無いけど・・・。
(ちなみに締め付けは35Nmで締めて90度増し締め)

ロアアームをスコップの柄を使って押し下げてナックルを切り離して・・・


ドライブシャフトを抜き取って

車がまだ新しいからスプラインの錆び付きもなくスルっと抜けてきた。
(下のブーツは新品、ジャバラの数が1つ少ない)

ミッション側はオイルが漏れないタイプのジョイントなので助かりました。
(最近はほとんどこのタイプ?)


ナックル側も綺麗な状態でした。


さて、ブーツのどこが裂けているかと・・・・

ジャバラ部分じゃなくて、カシメバンド部分の付け根が裂けているのね。
なんだか組み付け不良のニオイが・・・・

気を取り直して
タガネを当ててシャフトからジョイントを抜き取ります。


新しいブーツを嵌めて、ジョイントを叩き込んで
ブーツベルトをカシメて・・・一発勝負


元通り組み付けて完了。


ザクティで写真撮るの難しいなぁ・・・

先頭へメインページへ



Copyright (C) 2011 By Kanaya All rights reserved.