PAGE 1/3
エントランス  1998年12月
道路工事で、歩道のアプローチが広くなったので、それに合わせて庭の入り口も広げることになったのが事の始まりです。 
 せっかくだからちょっと洒落た入り口にしようと思い、古レンガとトレリスで作ることにしました。 
 ちょうどこの時はブンは十二指腸潰瘍で入院中だったので、設計する時間がたっぷりありました。
 退院後にリハビリを兼ねて作業開始です。(^_^; 

 
気になる材料費は?
品目 単価 数量 小計
古耐火レンガ 50円 100 5000円
枠無しトレリス900×1800 2680円 1枚 2680円
枕木(新品) 2980円 1本 2980円
木材保護塗料(ローズウッド)0.7l 1880円 1 1880円
赤ペンキスプレー 298円 1 298円
青ペンキスプレー 298円 1 298円
インテリアバーク(装飾用樹皮)6l 480円 1袋 480円
クッキーブリック12kg 980円 3袋 2940円
セメント25kg 680円 1袋 680円
ネジ、くぎ類 忘れた   500円くらいかな
蝶番 250円 2個 500円
2×4木材 480円 3本 1440円
細木の束 1080円 1束 1080円
    合計 20756円
       
クッキーブリックを普通の砂利にすればもっと安くなります。 
バークは、普通のガーデニング店では980円くらいします。私は某園芸量販店で480円で買ってきました。 
木材保護塗料はかなり割高ですが、屋外での使用を考慮して、これを使用しました。 
間違ってもニス系の塗料を屋外で使用してはいけません。バキバキになってしまいますよ。 
(体験済み(^_^; 

 
基礎工事
水糸を引いて、水平を確認して、とにかく丁寧に整地をします。 
整地したらとにかく踏み固めて、高さなどもきちんと出しておきましょう。 
この作業をいいかげんにやると、このあとの作業にすごく響くのでしっかりやりましょう。 
コンクリートの基礎を作るほど大袈裟なものを作るつもりも無かったので、塀になる部分には防錆加工した鉄筋をそのまま地面に50cmほど打ち込んでよしとしました。 
アプローチの部分にちょうど止水栓とメータ升があったので赤と青の原色塗装してみました。

 
レンガ積み

塀になる部分のレンガを積んだところです。 
元からあった木を活かすようにちょっとした花壇も作りました。 
このレンガは陶器を焼く窯を解体したもので 
ぼろぼろで、大きさも揃っていないものを 
使いました。 
耐火煉瓦工場にて粉砕して再度レンガに 
加工するための原料として集められていたものを分けていただきましたので1個50円で入手できました。

レンガを積む為のモルタルはある程度固めの方がいいようです。 
レンガをよく濡らしておいて、手で俵状にしたモルタルを載せてレンガを積みます。 
今回は古レンガを活かしたいので目地は入れません。

戻る | 次へ



Copyright (C) 1998-2000 By Kanaya All rights reserved.