PAGE 2/3
トレリスの作成と枕木の柱

市販の枠付きのトレリスは高価なことと、目的のサイズが無いこともあり、枠無しトレリスを買ってきて、後は自作します。 
トレリスの枠は2×4の2300mmの木材で作りました。 
レンガ塀の原寸に合わせて作成します。 
ペンキは屋外用で色はローズウッドです。

レンガ塀の横(左)に枕木を立てました。 
この枕木はトレリスの固定と、入り口の扉を固定するのに使います。 
写真が見にくいですが、レンガ塀の左側に立てました。

 
トレリスの固定とレンガ敷

トレリスの固定は底面の枠に下から無数にビスを半分出してねじ込んでおきます。 
(針山のような状態) 
レンガ塀の上にモルタルを盛って、ビスがモルタルに絡むようにトレリスを載せます。 
あとはモルタルが乾けば固定できます。 
念の為枕木にもビス止めします。 
この方法はトレリスが自立できるほど丈夫な枠で作成されていないと無理です。 
市販の枠付きトレリスでは強度が足りないと思います。

アプローチに並べるレンガのパターンが決まったら、一度それを取り除いて(元の場所を忘れないように)カラ練りしたモルタルを敷きます。 
レンガはレンガタガネを使うと簡単に割れます。目的の大きさに割ってきれいに並べましょう。

レンガを戻して、目地に砂利などを入れます。 
今回はクッキー・ブリックっていうレンガを砕いたものを使用しました。

クッキー・ブリック3袋使用しました。

戻る | 次へ





Copyright (C) 1998-2000 By Kanaya All rights reserved.