子犬の社会性と順応についての小話

                                                          初回作成日 H16/6/16

子犬の社会性が芽生えて活発化する3,4週齢〜12週齢までの期間に親の愛情をしっかり身につけ
子犬同士もよく遊ばせ(ケンカも含む)、さまざまな人(老若男女)と環境に接する機会を持たせて
”社会”と”順応”に慣らすことが大切だと思っています。

生れてしばらくすると、そのトレーニングは始まっています。
子犬たちはリビングで寝起きしていますのでテレビ、ラジオ、掃除機の音、来客時のチャイムなど
家庭の中でのあたりまえの音の中で生活しています。
そして幸い私どもの仕事柄、来客も多く人との接触は多い方かと思います。
「人間は怖くない」「人間の手はやさしい」「人間の手は食事を運んでくれる」
犬は本来、人を喜ばせて仲良くするのが大好き、得手としていますから
「きっと、良い子に育ちます」

★☆★犬と猫がケンカしませんか?という御質問が時々あります★☆

ちなみに我が家には猫(平成元年生まれ、1頭)もいます。子犬は猫と遊びたくて追いかける・・・けど猫は逃げる
(引っかかれてしまう心配もあるので見守っていますが)。
猫も年の功?で心得ているようで、つかず離れず結構うまく付き合っているようです。


「HOME」へ行く         「育児室」へ戻る