株初心者の挑戦 - ネット証券口座開設


トップページ - 株初心者の挑戦 - ネット証券口座開設

株初心者の挑戦3

ネット証券口座開設申し込み


それでは早速松井証券E*トレード証券に申し込む為にそれぞれのWEBサイトにアクセス!

え〜と、口座開設申し込みは、あ〜ここだここだ、ピコッ。
!?なんじゃ〜こりゃ〜!
松井証券、E*トレード証券とどちらにも言えることなのですが、申し込むためには氏名や住所などの入力は当然必要だとは思ったのですが、勤め先の住所やら銀行口座やらなんだか随分とたくさんの入力が必要なんです。
もう、途中でイヤになっちゃう感じです。
ですが、ここで諦めては株はできないのです。
仕方なく、入力入力。

途中で何を入力していいかわからないようなとこが2個所でてきました。
■インサイダー登録
簡単に言うとこれから買う株の会社に身内がいないかどうかですね。
一般の人はあんまり関係ないはず。なにも入力しませんでした。
 
■特定口座の開設
簡単に言うと株で儲かったときにかかる税金の話です。
だいたい下記3拓みたいです。
1.開設する(所得税の源泉徴収あり)
 株の売り買いの明細作成と税金を勝手に払ってくれるというお任せプラン。
2.開設する(所得税の源泉徴収なし)
 たくさん儲かった場合は自分で確定申告して税金を払いに行きます。
 その確定申告に必要な株の売り買いの明細作成のみ作成してくれるプラン。
3.開設しない
 なにもしないプランなので、たくさん儲かった場合は自分で株の売り買いの明細を
 作成し確定申告して税金を払いに行きます。
  
確か年間20万以上の儲けがでたときは確定申告して税金払う義務が発生します。
まぁ結構儲かった時の話です。
ちょっとの儲けや損したって場合は関係ないとこです。

まぁちょっとくらいわからなくてもとりあえず入力。
間違っていればなんか言ってくるだろうなんて他力本願を前提にひたすら入力。
(どうでもいいことですが、松井証券の方がやや入力項目少なめでした。)
なんとか2つのネット証券の口座開設の入力は終わり。
数日後に申し込み書類がくるようなのでそれまでは待ち。

書類が届いた!
松井証券もE*トレード証券も4日ほどで書類が届きました。
さぁてこの書類はなんなんだ?
その書類とは口座開設申し込み書類でした。
あんなにおたくらのサイトで入力させておきながら今度は紙に書けってか?
ん!いやいや、さすがにたくさん入力しただけあって、ほとんどの入力欄は既に記入済。
署名として名前を記入するのと印鑑を押すだけ。
あとは身分証明書のコピーを取って返信用封筒に入れて郵便ポスト入れれば終わり。
さぁここまでやれば口座開設は間近。
しかしながらここから手続きに2〜3週間かかるという。

記入ミスは痛い!
松井証券は1週間後、E*トレード証券は2週間後に封筒が届いたが、どちらも中を見ると記入ミスとハンコをもっと鮮明に押してくださいと申し込み用紙の訂正を求められる内容だった。
言われた通り訂正して郵便ポストにポン。

手続き完了!
松井証券、E*トレード証券ともに訂正した申し込み書を郵便ポストに入れてから10日ほどで口座開設完了通知が着ました。
後はそれぞれの証券会社にお金振り込めば株が買えるはず。
よ〜し、口座開設完了通知の中に書いてあった口座番号へ振り込むぞ。

イートレード売買1 に続く

ここでの結論
・ネット証券のサイトでの申し込みは根気よく入力すること。
・申し込み用紙の確認を怠ると口座開設まで余計に時間がかかる。
・申し込み用紙のハンコはかなり鮮明に押す必要がある。
・口座開設完了通知が着ても証券会社の口座にお金を振り込まなければ株は買えない。

株メニュー





UPDATE 2006/1/21