品川近視クリニックのレーシック手術


トップページ - レーシック手術編2



レーシック手術編2


恐らくここがメインの階です。
この階はトイレなしです。
衛生管理徹底の為なんでしょうか。

まず先生に目をのぞかれ状態の最終確認。

そしてついに手術室へ。
テレビでみるような手術室です。

手術台みたいなのに仰向けに寝て目が閉じられないように目に細工をしてもらいます。
この後、目にレーザーをあててどうにかなるはずです。
するとカウントダウンがはじまりました

20秒前・・・10秒前・・・

緊張します。
だってタイミングがわかっちゃいますから。
ま、わかんなくても怖いですが。

5秒前・・・

ハイっ


ぎゃー!!


痛くない。

横で男の先生が
順調ですよ〜。
いいですね〜。

ほんとにわかっての?
全部機械がやってるのに。


あと10秒・・・完了までのカウントダウンもはじまりました。
痛くないけど早く終わってほしい。


はい終了です。
これを逆の目にもやって完了。
片目30秒くらいだったでしょうか。

あ〜終わった〜
どれどれ視力は…


なんだこりゃ!
曇ったメガネかけてるような視界。
麻酔のせいでしょうか。

お疲れさまでした。
ではこちらで目を閉じておまちください。

と、ピンクの天使に案内されたのがまた手術室ぽっい部屋の外です。
中からはビーとかジーとかいかにもレーザーを発射している音がするではないですか!

アリッ?

もしかしてこれから本番?
じゃさっきのなんだったの?
そりゃ片目30秒じゃ早すぎるか。
でもそうすると本番はどれくらい時間かかるんだろう?


いやいや、やっぱさっき機械でなんかやったし、これから本番ってことないでしょう。

いろいろな見解が出てくるわけですが、待つしかない。

少し待っているとピンクの天使がやってきて、

両目の手術でお間違えないですか?

と確認され、

あ、やっぱこれからなのか…
さっきの機械なんだったんだろうか?

さっきのが本場でないことに気付き、本番の手術室へ。
やはり本番はスケールと雰囲気が違う。
機械も派手、スタッフの人数も派手です。

本日2回目の手術台です。
やたらと目の中に液を入れ、また例のカウントダウン

エキシマレーザー発射!(心の叫び)
ぎゃぁー。

痛くはないですが、今度のはちょいとなにかが触れている感触がありまして、たまに焦げ臭いみたいな…。

やはり片目30秒くらいでしょうか。割とあっという間です。

レーザーのあとハケのようなもので目の表面をなぞってます。
そしてそれが見えます。
恐ろしい…。
全て終了し目を閉じます。

そして少しして両目を開くと

!なんじゃこりゃ?
またもや曇りガラスな視界。
もぉー、って焦り過ぎでしょうか。

お疲れさまでした。
ではこちらへどうぞ。
ピンクの天使登場。

ちょっと腕を支えてくれるボディタッチサービスがドキッっとします。

マッサージチェアみたいな椅子で20分ほど休憩。

最後に目を覗いてもらって手術結果の最終確認。

もちろん問題なし。

薬もらって終了。

視界はまだ曇りガラスですし、目に少々の違和感はあります。
一晩寝て落ち着いてくれることを祈ります。

レーシックメニュー




掲載日 2009/4/13