English
Tokyo Cantat 2002
“サテライト・セミナー in 大阪”
~ ハビエル・ブスト氏による自作曲の講習会 ~
参加しました

  去る5月3日(金)、神戸市東灘区民センター・うはらホールで開催された東京カンタート2002“サテライト・セミナー in 大阪”に参加しました。東京カンタートは合唱人集団「音楽樹」が主催する合唱イベントで、毎年海外から著名な指揮者や作曲家を招聘してコンサートや講習会を行っています。
  今回私どもが参加した“サテライト・セミナー in 大阪”ではハビエル・ブスト(Javier Busto)氏をお迎えし、氏が作曲された曲のモデルとなる合唱団に対する講習をとおして西洋音楽に脈々と流れる故郷・故国への想いや宗教観に触れ、そしてそれらを分かち合おうというものです。私どもは他の4団体とともにモデル合唱団として参加させて頂きました。

  当日は先ずブスト氏の“Ave Maria”を全員で歌ってささやかな歓迎のセレモニーを行なった後レッスンに入りました(今回は何と!(?)フランス語でのレッスンでした)。午後1時から6時過ぎまでの長丁場のセミナーだったのですが、表情豊かに、そしてからだ全体をいっぱいに使ってのレッスンに時の経つのも忘れてしまった5時間半でした。
  最後にブスト氏の指揮で聴衆の皆さんと一緒に“Ave Maria”を歌い、セミナーを締め括りました。

--- PROGRAM ---
兵庫県大学合同指揮:水本 貴士
    O Magnum Mysterium
なにわコラリアーズ指揮:伊東 恵司
  “4 Cantos Penitenciales” より
    Christus Factus Est
混声合唱団はもーるKOBE指揮:岸本 雅弘
    Ave Verum Corpus
大阪府立清水谷高校合唱部指揮:詫磨 眞樹子
  “Gauaren Zergatiaren Bila” より
    Atzo Gaua
    Zai itxoiten
松下中央合唱団指揮:岸本 雅弘
    Basque Magnificat
合同演奏指揮:Javier Busto
    Ave Maria

中央で鯉のぼりを持っているのがブスト氏です

セミナー終了後のレセプションで。




BACK

このページに関するお問合わせはこちらまでお願い致します。