English

1998年7月18日
ザ・シンフォニーホール

第22回

第23回定期演奏会


トピックス

  • 初めて海外から作曲家・JAVIER BUSTO氏を客演指揮に迎えての演奏会となりました。
  • 全日本合唱コンクール大会職場の部初の第1位受賞直後のコンサートであり、団員一丸となってのステージだったと思います。
  • アカペラ曲(無伴奏曲)がいつになく多かったのも特徴かも。
  • そういえば、今年は珍しく“とっておきのステージ”がなかったです...
第23回定期演奏会より。指揮をするのはブスト氏。

演 奏 曲 目

 コンクールご報告ステージ

作 曲 JÓZSEF KARAI  指 揮 本城 正博

De Profundis
Stabat Mater

 JOHN RUTTER 合唱作品より

作 曲 JOHN RUTTER  指 揮 岸本 雅弘
ピアノ 熊谷 啓子

As the bridegroom to his chosen
O be joyful in the Lord
Be thou my vision
Te Deum

 混声合唱のための「うた」より

作 曲 武満 徹   指 揮 本城 正博

小さな空       (武満 徹 詞)
さくら        (日本古謡)
恋のかくれんぼ    (谷川 俊太郎 詞)
○と△の歌      (武満 徹 詞)
見えないこども    (谷川 俊太郎 詞)
島へ         (井沢 満 詞)
死んだ男の残したものは(谷川 俊太郎 詞)

 JAVIER BUSTO 合唱作品より

作曲・客演指揮 JAVIER BUSTO

Ave Verum corpus
Ave Maria
Laudate pueri
Sagastipean
Axuri beltza

第24回


TOP
定期演奏会の歴史
合唱団のあゆみ