English

2000年7月22日
ザ・シンフォニーホール

第24回

第25回定期演奏会


トピックス

  • 新実徳英氏、Javier Busto氏による団史上初の委嘱作品お披露目の演奏会となりました。
  • 3年ぶりに「とっておきのステージ」が復活です。
    今回は俳句・短歌を織り交ぜての日本の歌、四季の歌をお贈りしました。
3年ぶり復活の“とっておきのステージ”より。


演 奏 曲 目

 混声合唱組曲「水のいのち」

作 詩 高 野 喜久雄  指 揮 岸 本 雅 弘
作 曲 高 田 三 郎  ピアノ 熊 谷 啓 子

Ⅰ.雨
Ⅱ.水たまり
Ⅲ.川
Ⅳ.海
Ⅴ.海よ

 Sven-David Sandströmの作品より

指 揮 本 城 正 博

Laudamus Te
En Ny Himmel Och En Ny Jord
(新しい天と地)

 とっておきのステージ ~ 日本の歌・四季の歌 ~

指 揮 本 城 正 博
ピアノ 熊 谷 啓 子

朧月夜作詩 高野辰之作曲 岡野貞一
箱根八里作詩 鳥居 忱作曲 滝廉太郎
ほたるこいわらべうた
村祭り作詩 葛原 幽作曲 南 能衛
ちいさい秋みつけた作詩 サトーハチロー作曲 中田喜直
旅愁作詩 犬童球渓作曲 オードウェイ
作詩作曲不詳
早春賦作詩 吉丸一昌作曲 中田 章

 Javier Busto 委嘱作品

指 揮 本 城 正 博

Stabat Mater


 新実徳英 委嘱作品
 混声合唱とピアノのための「音楽のとき ─6つのワルツ」

作 詩 川 崎   洋  指 揮 本 城 正 博
ピアノ 熊 谷 啓 子

1 遠くに
2 ギターを抱いて
3 都合のいい哲学
4 鳥と
5 自分の声を
6 雀のさえずりも

第26回


TOP
定期演奏会の歴史
合唱団のあゆみ