English
バルセロナ演奏会

11月3日
  ガウディが設計した聖家族教会、1992年のオリンピック開催で有名なバルセロナ (Barcelona) でのコンサートです。イジャ公会堂 (Auditorium L'illa) で超満員の中、午後8時半から開催されました。

  遠く日本から来た無名の合唱団の演奏会、しかも曲目もそんなにポピュラーなものでもなく、更にはスペイン一耳の肥えたとされるバルセロナの人々が果たしてどれだけ演奏会に足を運んでくれるのか...一抹の不安の中で迎えた演奏会ですが、蓋を開けてみると超満員!!ロビーが大変に混雑したため、開演が30分遅くなるほどでした。
  皆さん、熱心に演奏を聴いて下さり、ステージ毎に割れんばかりの暖かい拍手を下さいました。最後のアンコール曲、「ビルライ(Vilorai)」では、観客の皆さん総立ちになって拍手をして下さり、万感の思いで演奏会を終えることができました。
  因みに、この模様は翌日の新聞やテレビでも報道されたそうです。

バルセロナ演奏会より

イジャ公会堂でのコンサート(11月2日)
El Concierto en el Auditorium L'illa, en 2 de noviembre, 1999

--- 演奏曲目 ---
Gaudent in Coelis ( Tomas Luis de Victoria )
Cantate Domino ( Claudio Monteverdi )
Ave Maria ( Anton Bruckner )
Ave verum corpus ( Javier Busto )
O Magnum Mysterium ( Javier Busto )
- - - - -
My Old Kentucky Home ( Stephen Foster )
Beautiful Dreamer ( Stephen Foster )
Battle of Jericho (
黒人霊歌)
Deep River (
黒人霊歌)
Soon I will be done (
黒人霊歌)
- - - - -

混声合唱のための「うた」より “さくら” (武満 徹 編曲)
「風の馬」より“第3ヴォカリーズ”(武満 徹)
「五つの日本民謡」より “阿波踊り” (三善 晃)
「合唱のためのコンポジションⅠ」より “Ⅳ” (間宮芳生)
El Rossinyol ( A. Pérez Moya )
- - - - -
De profundis ( József Karai )
Agnus Dei ( Samuel Barber )

<< ENCORE >>

El Cant del Ocells ( E. Ribó )
Vilorai
(カタルーニャ聖歌)

-- 指 揮 --
本城正博
岸本雅弘

前日翌日



BACK