I 検 品
異物の混入はあってはなりません。これは最終のチェックですが、実際は作業の各行程でも神経を払っていなくてはなりません。あたりまえのことのようですが、徹底するのは難しいものです。でもその気構えがなければ、信頼に価する商品作りはできません。