カンホアの塩・塩田のしくみ
海から取り入れられた海水は、番号の順に少しずつ低い次の池に移動します。

池を移動するたびに、海水は太陽と風で水分を奪われ、濃縮されていきます(池が次第に狭くなってゆくのがわかります)。

Mの池は、結晶池に送るための濃縮された海水をキープする貯水池。水深が深くなっています(下の拡大写真黄色の枠内)。

Nの最終結晶池は、埃や砂粒が入りにくいよう、周りの池より高く設定されていて、畦もタイル張りです