筆者の研究

 【これから大学院を目指す人へ】  

高等学校の数学の時間に,どのようにコンピュータを活用することが,
生徒の思考活動を支援するかを,認知面と情意面の両方から研究しています.

最近の研究発表

平成7年度 情報教育指導者講座(高校数学)修了 1995.11/6〜11/10

鳥取県教育研修センター  主催:文部省,鳥取県教育委員会

 

第81回全国算数・数学研究大会(秋田大会)発表 1999.8.3

高校数学教育課程の研究(3)

−「数学基礎」における統計処理に関する研究−
(奈良県数学教育研究グループ発表の要旨)

 

第32回数学教育論文発表会(横浜国立大学)発表 1999.11.13

『高校入学時における生徒の数学教育意識調査』

 

第12回全国数学教育学会論文発表会(奈良教育大学)発表 2000.2.5

『思考活動を支援する効果的なコンピュータの利用』

 学業不振性生徒を中心に−三角関数を題材として−

 

教育実践研究指導センター研究紀要 第9号 2000.3

算数・数学教育における問題解決学習の研究(6)

高校生の数学の学習に関する意識調査− 重松 敬一・嶋田 恵司

 

第82回全国算数・数学研究大会(千葉大会)発表 2000.7.31

『思考活動を支援する効果的なコンピュータの利用に関する研究』

        注意事項↓

    *IE4.0未満やNetscapeの人は閲覧できませんのでclickしないでください.

      (1枚目の画面が表示されたら、画面右下のフルスクリーンスライドショーボタンを
         クリックしてみてね。(小さいのでよく探しましょう)   大きな花火が、みれますよ!)
         

奈良県学習指導研究会 数学科部会 発表 2000.11.20

『思考活動を支援する効果的なコンピュータの利用』

−本校におけるこれまでの授業実践の成果と課題−

注意事項↓

*IE4.0未満やNetscapeの人は閲覧できませんのでclickしないでください.

 

第33回数学教育論文発表会(鳴門教育大学)発表 2000.11.25

『授業におけるコンピュータ利用の効果と問題点』

−高校授業実践及び中学校授業観察を通して−

 

第13回全国数学教育学会論文発表会(第一宮銀ビル)発表 2001.1.27

『授業におけるコンピュータ利用の効果と問題点(2)』

−数学の学習に関する意識の変容について−

 

第4回奈良教育実践学会 (奈良教育大学) ポスター発表 2001.2.10

修士論文における成果と課題(IT時代の算数・数学教育他)

 

やまと297号寄稿(奈良県教育振興会)2001.4.1 

 苦手な算数・数学も楽しく(1)

−情報化時代の初等・中等教育−

 

やまと298号寄稿(奈良県教育振興会)2001.5.1 

 苦手な算数・数学も楽しく(2)

−小学校の場合−

 

やまと300号寄稿(奈良県教育振興会)2001.7.1  

苦手な算数・数学も楽しく(3)

−中学校の場合−

 

やまと301号寄稿(奈良県教育振興会)2001.8.1 

苦手な算数・数学も楽しく(4)

−高等学校の場合−

 

教育研究所 数学科・数学教育講座発表 2001.8.29

「数学的活動にコンピュータを」 数学科・数学教育

 【ホームへ戻る】