JFS四国支部 初心者のためのキャスティング
フライフィッシングを始めるにあたって初心者が二の足を踏むことの理由の一つにキャスティングの難しさがあげられます。 ただ、キャスティングが難しいからといって初心者では釣れないわけではなく、初めての釣行でも釣れるものなのです。 理由は日本の一般渓流では10ヤード以内の勝負(それも5ヤード前後の勝負)がほとんどで、その程度の距離であれば初心者でも簡単にキャスティングできるためです。 しかし、10ヤードのキャスティングでもより正確なキャスティングが出来れば、それまで諦めていたポイントへのプレゼンテーションが可能となり、釣果もフライフィッシングの幅も大きく広がることになるのです。
ここでは初心者がキャスティングを始めるにあたってポイントになる事項を記載しています。 理論としては不十分ですので、本格的にキャスティング理論を身につけようと思う人は、他の書物やビデオを見る必要があります。 ただ、ここに記載した内容には何かヒントになることもあると思いますので、キャスティングに悩んだ時などに参考にしていただければと思います。

先ずはループの形を覚えよう!
  フライキャスティングの最大の特徴はループで投げるということです。 先ずは美しいループの形を覚えることから入りましょう。 そのためにはキャスティングの上手な人のループを見るのが一番! ビデオ等でしっかり目に焼き付けておきましょう。
「ループを作る」という意識
  初めてフライロッドを握る人はどうしても遠くに飛ばそうという意識が働いて「ロッドを振る」という意識が強くなります。 「振る」という意識はオーバーパワーとリストの開きにつながりやすく、結果として美しいループが損なわれ、まともなキャスティングが出来ないことになります。 ですから、フライキャスティングではまず「ループを作る」という意識で振ってみましょう。 その意識で振ってみると余分な力が抜け、結果的に美しいループが形成されてより遠くへキャストできるようになると思います。
ロッドは真っ直ぐに振る
  フライキャスティングの基本はロッドを真っ直ぐに振ることです。 人間の関節の構造上、ロッドを真っ直ぐに振るという運動は非常に難しく、そうとうのベテランでもこのことに十分気を配ってロッドを振ります。 早い段階で真っ直ぐに振る癖をつけることがキャスティング技術の早期向上のキーポイントにもなります。 是非とも鏡に向かって素振り練習して、真っ直ぐに振るスタイルを身につけることをおすすめします。
リストは閉じて肩で振る
  フライキャスティングの基本スタイルは、「リストは閉じて肩で振る」というスタイルです。 理由はこのスタイルによるキャスティングが最もブレが少なく、安定したキャスティングとなるためです。 肩で振るというのは、具体的には、10時の位置で肘を90度に固定し、肘の角度を若干広げつつ肘を上方へ持ち上げる感じになります。 ストローク幅で言えば、10時〜12時くらいのイメージです。 その間、リストは常に閉じたままです。 なお、巷にあふれる書物にはキャスティングにおいてリストを使うべきか使わないか様々な意見があふれていて、どちらを支持すべきか迷うものです。 キャスティング技術の早期向上を目指すなら、答えは「リストは使わないこと」と言っておきましょう。
ストローク幅とパワーゾーンの区別
  10時〜12時くらい、10時〜1時くらい、10時〜2時くらいなどと様々に表現されるストローク幅。 ロッドの振り幅は第三者から容易に観察できるものなのでよく語られるところです。 そこでよく勘違いするのがストローク幅とパワーゾーンの関係です。 パワーゾーンとは力を入れるゾーンのことですが、ストローク幅全体にわたって均等に力を入れるわけではありません。 全体に力が入っているとストロークの終点であまりにも急激なストップになりがちで、ロッドのブレを招き、テーリングの原因となります。 パワーゾーンはストローク幅の最初の一部分にあります。 考え方としては、ロッドティップを曲げてロッドの反発力を高めるという観点から前半部分にパワーゾーンがあり、ストロークの後半はロッドのブレをなくすための「ヌケ」の部分と考えられます。 スムーズなストロークと正確なポーズにより美しいループが出来るわけですから、ストローク幅とパワーゾーンを区分し理解することは美しいループを描くための最も重要なポイントかもしれません。
実釣ではキャスティングの腕は磨けない!?
  実釣で場数を踏めばキャスティングの腕も上がっていくというのは幻想です。 天賦の才あるフライキャスターなら可能かもしれませんが、一般凡夫のへっぽこフライフィッシャーにはまず無理です。 実釣の場数を踏むことで釣るテクニックは磨けますが、キャスティングの腕はそれほど上達するものではないのです。 なぜなら、魚を目の前にして、キャスティングフォームをいちいちチェックすることもないからです。 考えているのは如何にして魚を釣るかということだけです。 仮に、キャスティングのことを考えているとしたらそれは「釣ること」を十分に楽しんでいないことだと思います。 ある名キャスターは「私がキャスティングの練習をするのは現場でキャスティングのことをいちいち考えたくないからだ」ということを言ってます。 年間の数少ない釣行の時くらい、釣りに専念したいものなのです。 練習で磨いたテクニックを実際の釣りで実践し、そこで得られた問題点を練習に取り込んで腕を鍛え直し、そしてまた実践で試してみる。 その繰り返しこそがキャスティングの腕を磨くための王道であり、練習なくしてキャスティングの上達はありえないということを肝に銘じておきましょう。
キャスティングフォームをチェックしよう!
  どのスポーツでもそうですが、キャスティングフォームをチェックすることはキャスティング技術の向上を目指すには非常に重要です。 その最も簡単な方法は第三者に自分のキャスティングを見てもらうことです。 見てもらうことによってバックキャスト等の状況を確認し、問題点を指摘してもらうことが一番簡単に行えるチェック法です。 つまり、仲間同士でキャスティングの練習をすることはキャスティング上達の近道だとも言えるのです。 また、自分自身のキャスティングをビデオに撮って見ることもおすすめです。 自分のキャスティングフォームを客観的に見ることで、自分の欠点や問題点を容易に発見できるでしょう。
がむしゃらな練習は逆効果!?
  練習は疲れたらゆっくり休憩しましょう。 正しいキャスティングを続けると普段使わない筋肉を酷使するため結構疲れます。 疲れたらと思ったら直ぐに練習を止めて休憩しましょう。 それでもがむしゃらに練習を継続すると、疲れた筋肉をかばおうとして、別の筋肉で動きを代用しようと無意識にしてしまいます。 それが悪い癖につながります。 何事もほどほどがよろしいようで・・・

【監修】 JFS東京本部
JFS関西支部
菅氏
大谷氏

キャスティングに関する詳しい説明をご覧になりたい方はJapan Flycasting Society(東京本部)のHPのCasting Lessenを参照して下さい。


| トップページ | 一緒に釣行しませんか | フィールドレポート | キャスティング練習会 |
| 初心者のためのキャスティング | フライフィッシングの道具 | フライリンク集 | プロフィール | メンバー募集しています |