JFS四国支部 フライフィッシングの道具
フライリール (基本タックル)
● 日本の一般渓流でフライフィッシングをする場合はリールで魚をやりとりすることは殆どありません。 そのためリールを購入する決め手となるのはデザインと音(ラインを巻き取る時の音とドラグ音)と価格の折り合いがつくものということになります。 渓流釣りではリールの巻き取り音などに神経を使う人もいるようですが、実際に釣っている限りではリールの巻き取り音などは釣果にそれほど影響ないようです。
● リールにも使用するフライラインのサイズに応じた大きさのものが揃えられています。 例えば#3/#4指定なら、このリールは#3か#4のラインを使用するのに適していますという意味です。
ワンポイントアドバイス!
フライリールはロッドとの重量バランスも重要です。 購入時には実際に手持ちのロッドに装着してみて購入することをおすすめします。 また、巻き径を大きくしたほうがフライラインに巻き癖がつきにくくなりますので、フライラインを直接巻いても余裕のあるリールを購入する時には、 バッキングラインも一緒に購入して、必要量だけバッキングラインを巻いてからフライラインを巻くといいと思います。
フライリールに関する詳しい説明をご覧になりたい方はJapan Flycasting Society(東京本部)のHPのBeginners Cornerを参照して下さい。
<< BACK NEXT >>
フライフィッシングの道具 トップ >>