JFS四国支部 フライフィッシングの道具
ティペット (基本タックル)
● リーダーの先に結ばれるのがこのティペットです。 ティペットの先にフライが結ばれます。 いわゆるハリスにあたるのがこのティペットです。
● ティペットのサイズ : 写真のように○Xという表示になります。 ○の部分の数字が大きくなるほど細くなります。 ハリスとの対応では、6Xが0.5号、7Xが0.4号、8Xが0.3号になります。 通常のドライフライフィッシングでは4X〜8Xを使用します。 早春のミッジフライフィッシングでは8X以下の細いタイプも使用します。
● リーダーとの対応 : リーダーにティペットを結ぶ場合は、リーダーのサイズより1サイズ小さいか同サイズのものを結びます。 例えば、リーダーが6Xならティペットは7Xか6Xを使用します。
ワンポイントアドバイス!
市販のリーダーにはティペット部分がついてますので、最初は長さを調節する以外は特に別売りのティペットを継ぎ足す必要はありません。 しかし、ティペット部分が傷んでるとあわせ切れの原因になりますので、頻繁に点検して、傷んでいればティペット部分を交換する必要があります。 そこで別売りのティペットが必要になるわけで、使い方によってはかなり使用量も多くなります。 フライ用品としてのティペットは少々値が張りますので、エサ釣り用のハリスを代用して使用するとコストは比較的安くなります。
<< BACK NEXT >>
フライフィッシングの道具 トップ >>