JFS四国支部 フライフィッシングの道具
ウェーダー (ウエアー)
● いわるゆバカ長ってやつです。 水の中に立ち込んでも濡れないようにするためのズボンのようなものです。
● 素材 :  ゴアテックス等の透湿性素材のものとナイロン素材のものがあります。
● 種類 :  チェストハイ(胸上まであるタイプ)とウエストハイ(腰上まであるタイプ)がありますが、一般渓流での釣りではウエストハイのタイプで十分だと思います。 また、ウェーディングシューズと一体型のブーツタイプと写真のようなソックスタイプ(ウェーディングシューズと別々のタイプ)がありますが、脱ぎ履きの便利さならブーツタイプ、歩きやすさならソックスタイプです。 なお、ソックスタイプを購入する場合は砂利などがシューズの中に入らないようにするためのショートスパッツも購入しておきましょう。
ワンポイントアドバイス!
ナイロン素材のものは価格は安いですが、初夏以降の釣りに使用すると汗でズボンがびしょ濡れになりウェーダーの役目をなさないのが欠点です。 そのため、どうせ買うなら少々値は張りますが透湿性素材のものを購入することをおすすめします。真夏の釣りでも結構快適ですよ。
また、初夏以降の釣りなら天気さえ良ければ濡れてもすぐに乾くものです。 濡れることを気にしないならば、特にウェーダーを購入する必要はありません。 ただし、入渓する場合は、体温を確保する上でも水捌けが良く乾きやすい素材のズボン(ジャージなど)を身につけることをおすすめします。
<< BACK NEXT >>
フライフィッシングの道具 トップ >>