JFS四国支部 フィールドレポート
2001年釣行記
Field Report Top >>
2001/08/22 : 面河川水系釣行vol.6
Date : 2001,8,22
Style : 日帰り釣行
Party : JFSメンバー2名
Weather : 晴れ
8/22 増水の渓相 台風一過のこの日。 釣りバカ的JFSメンバー2名は面河川水系に向かった。 いくつかの道は通行止めとなっているがR33は大丈夫。 がけ崩れや土砂崩れがないと思われる沢に向かう。 到着してみるとさすがに面河川の源流域、かなり増水しているが濁りは思ったほどない状態。 これなら釣りできるぞなもし。 今日は釣りまっせ〜!!
8/22 アマゴゲットのT氏 だが最初に入ったポイントは水量が多すぎて釣りづらい。 小一時間釣ったが反応も少ないため別のポイントに移動。 ニンフで攻めていたT氏に本日の1尾目がかかる。 "ムム・・先を越されたな・・"と思ったかどうかいざ知らず、「さすがやりますなぁ」と一声かける。 このポイントは結局その1尾のみで少し離れた別の沢へまたまた移動。
8/22 台風の影響なし? 本日3箇所目の沢に到着すると、なんと川は殆ど平水の状態。 はて?少し場所が離れただけでこれほど雨量が違うものなのか。 これは爆釣の予感が・・♪ 意気込んで釣り始めたものの釣れるのは雑魚ばかり。 同行のT氏はお得意のアントパターンで体高のある良型をビシバシ釣っている。 "ムムム・・・今日の俺は釣れそうもないなぁ・・・"
8/22 良型アマゴ 集中力が途切れ、諦めムードが漂い始めた頃、キャストした後に少しばかりよそ見をした瞬間、T氏が「あっ!」 その声にポイントを見るとフライが見当たらない。 なんとなくロッドを立ててみると・・「おっ、釣れてる・・ん?結構いい型でっせ〜!」 左写真の丸々と太った良型アマゴが釣れていた。 実はこれが釣りバカ的釣行のプロローグなのであった・・・
Field Report Top >>