JFS四国支部 フィールドレポート
2001年釣行記
Field Report Top >>
2001/09/24 : 奥飛騨釣行
Date : 2001,9,22〜24
Style : 民宿泊湯けむり釣行
Party : JFSメンバー6名
Weather : 9/22 曇り時々晴れ、9/23 晴れ、9/24 晴れ
9/22 渓相 1年ぶりの奥飛騨。 お昼にお馴染みのうな亭で東京本部と合流。 温泉うなぎを堪能した後はとある沢に向かう。 支度を整えて釣り開始。 ん?6名で来たはずなのに5名しかいない・・・ ま、細かいことは無視して釣りに集中する。 時間と場所の関係上5名一緒に入渓。 ポイントを譲り合いながら各人のフライフィッシングを堪能。 写真は一つの淵を2人で分け合って攻めている様子。
9/22 ニホンカモシカ 入渓点から100mほどで2段の堰堤に到着。 下段の堰堤下で良型を逃した後に渓沿いの林道まであがり、上段の堰堤を見るとそこにはなんとニホンカモシカの姿が。 さすが奥飛騨! 野生動物もしっかり生きているようだ。 写真のカモシカくん、こちらがカメラを構えるとしっかりポーズをとってくれている。 人間と野生動物の良好な関係がいつまでも続いて欲しいものである。
9/23 翌日はメンバーの都合もあって長野県の犀川水系を狙う。 ダム遡上のサクラマスが釣れるというポイントに行ってみるが水量少なく、また釣り人が多くて釣りにならない。 仕方なく同行のO氏が以前にそこそこ楽しめたという沢に移動する。 が、数尾のオチビちゃんがフライを追ってくるのみで釣りとしては散々。 またまた別の沢に移動するがこちらはボサ川で釣魂に火がつかずまた別の沢を探す。 もうこれが最後かなと移動した沢はまずまずの渓相。 人も入ってないようだしこれならイケルんじゃない?と釣り開始。 だが・・全く反応なし。 ・・・・・ 地図を見ながら川を探すとこういうことはよくあるんですわ・・・ 信頼できる情報がない時は動かないほうがよろしいようで・・・ 全く反応がない・・
9/23 宿に戻ると別行動のY氏が宿近くのポイントで尺上イワナをかけたという話題でもちきり。 弁舌は滑らかで酒の運びも快調そのもの。 終始ご満悦の様子。 東京本部のメンバーO氏が作製したバンブーロッドでのやりとりだっただけにひきもかなり楽しめたようだ。
夜は例によって例のごとく渓流沿いにある露天風呂でリラックス。 今回の釣行は連日連夜の晴天で空は満天の星。 天の川もはっきり見えていた。 星空を眺めながら秋風を感じる露天風呂は最高。 やっぱ奥飛騨はいいね〜♪
9/24 平湯峠付近 翌早朝、前日のリベンジに渓へと足を運ぶ。 が、気温がかなり低く魚の反応は頗る悪い。 イマージャーにオチビちゃんが数尾食いついただけで結局は徒労に終わる。 帰路平湯峠付近で空を見上げると一面の青空。 とにかく天候に恵まれた釣行に5名は晴れ晴れとした気分で奥飛騨をあとにしたのであった。 ん?あと1名? 温泉三昧のヌシには大大満足の3日間であったそうな・・・
Field Report Top >>