JFS四国支部 フィールドレポート
2002年釣行記
Field Report Top >>
2002/02/28 : 面河川水系釣行
Date : 2002,2,28
Style : 日帰り釣行
Party : 副支部長と私の2名
Weather : 曇り時々雨
2/28 生憎の雨模様の中、午前9時、面河川本流に到着。 昨夜からの雨でところどころは濁りが入っているが、いくつかのポイントではまだまだ釣り可能な様子。 この日は右写真のような大淵が点在する一発大物狙いのポイントに入渓。 水温は7℃。 副支部長はニンフ、私はウエットで釣り開始。 だがなかなか反応がない。 魚影はたまに確認するが副支部長にも私にもアタリがこない。 1時間あまり経過した頃、このポイントにも濁りが入ってきた。 「とりあえず場所を変えますか?」 「そうしましょう」 だが、本流沿いに車を走らせてみるがお昼前にはすでに全域で濁りが入って釣りができる状態ではない。 「じゃあ、沢に入ってみましょうか?」 と、午後からはとある沢に入渓。 本流の渓相
2/28 瀬を釣る副支部長 入渓した沢は増水はしているものの、濁りは殆どなく十分に釣り可能な状態。 お昼の段階で水温は5℃。 午前中に引き続き、副支部長はニンフ、私はウエットで狙う。 沢を釣り始めてまもなく副支部長に今日初めてのアマゴ。 副支部長はその後も快調に釣果を重ねている。 一方私はと言えば・・・なかなか釣れないんだなこれが・・・ アマゴさんもご機嫌ナナメ??
2/28 淵を攻める副支部長 「フライフィッシャーは釣れなかった時の言い訳を必ず用意している」とよく言われるが、この日の私は全く言い訳できない状況にあった。 釣れない私を尻目に副支部長はニンフで快調に釣果を伸ばしていたからだ。 明らかに私の戦術不足、技術不足、力不足であった。 「フライはやっぱり難しいっすね〜」 「難しいからフライは面白いんっすよね〜」 「ホンマやめられまへんな〜」
2/28 ネコヤナギ 帰路、車中の話題は専ら「ウエットでなぜ釣れなかったか」であった。 副支部長にニンフで釣れた状況をいろいろ確認していると釣れなかった理由がおぼろげにわかってくる。 選択したフライ、流し方、流す層、それぞれに改善すべき問題点が浮き彫りになる。 そんな話をしているうちに副支部長もウエットに傾倒しそうな雰囲気。 どうも今年はウエット強化年間になりそうな予感・・
Field Report Top >>