JFS四国支部 フィールドレポート
2002年釣行記
Field Report Top >>
2002/05/12 : 那賀川水系釣行
Date : 2002,5,11〜12
Style : 民宿泊湯けむり釣行
Party : 関西支部2名、四国支部4名の計6名
Weather : 5/11 曇り、5/12 曇り時々晴れ
5/11 久々の徳島県那賀川釣行。 これまで数度釣行しているがいまだかつていい釣果に恵まれたことがない。 が、"いかにも"という渓相にビッグワンを夢見て足が向いてしまうのである。 果たして今回は・・・ で、今回は関西支部との合同釣行。 正午に宿泊所集合となっているが、四国支部の面々は早朝に現地到着。 本流筋は前日の雨の影響でかなり増水しているため比較的水の落ち着いている支流に入る。 "一足お先に尺上を"を合言葉に入渓。 ・・・ 「反応悪いっすねぇ」 「釣れませんねぇ」 そんな会話の繰り返し。 おまけに支流は険谷ときている。 そんでもって、入渓準備中に我々の前を通り過ぎた釣り師が我々のすぐ上のポイントで釣っているではないか。 「こりゃあきまへんなぁ」 険谷の支流
5/11 増水の本流 その後場所移動を試みるが、当日の同水系は渓流釣り師で大賑わい。 駐車ポイントごとに釣り師然とした車が鎮座している。 仕方なく午前中の尺上は諦め、午後に賭ける。 正午、関西支部と合流、昼食後幾ばくの睡眠をとった後で今度は本流のウエットで一発大物を狙う。 が、こちらも反応なし。 いやいやまだまだ、イブニングが・・・しかし、あえなく、・・・撃沈・・・
5/12 渓相 翌朝は同水系の別の支流に入る。 "今日は20cmが釣れればいいや"と謙虚な(?)気持ちで渓に向かう。 が、渓は我々の精一杯の謙虚な心構えにも応えてくれなかった・・・ やはり"20cmでいいや"ではなく、"こうして渓で遊べるだけで幸せです"という更なる謙虚さが必要だったのかもしれない・・・ そうだ!次回はこの心構えで行こう!"虚心坦懐に渓に向かうべし!"
5/12 桜の木の下で 釣果には恵まれなくても某かの楽しみを確保しておくのが我々の釣行の掟。 この日のお昼は渓水にさらしたざる蕎麦。 これがなかなかの美味。 川音に蕎麦をすする音が混じるのもまた格別のものがある。 渓を過ぎる薫風が渓遊びの雰囲気をさらに盛り上げてくれる。 蕎麦を食べ終えてしばし歓談した後、三々五々の解散となった。 参加してくださった皆さん、どうもお疲れ様でした。
Field Report Top >>