JFS四国支部 フィールドレポート
2002年釣行記
Field Report Top >>
2002/05/23 : 東予地方河川釣行vol.2
Date : 2002,5,23
Style : 日帰り釣行
Party : 副支部長と私の2名
Weather : 曇りのち晴れ
5/23 渓相 天気には相性というものがある。 副支部長と私とはどうも天気の相性がいい。 これまでの2人の釣行では雨に遭ったのは数回、それも小雨程度。 この日も前日の段階で降水確率は90%。 今度ばかりは・・と半ば諦めていたのだが、当日現地に到着すると雨はあがり水量は平水の絶好のコンディション。 ふ〜む・・相性とは偉大である。
5/23 泣き尺を釣る副支部長 この日は源流行。 アマゴとイワナの混生の渓を釣る。 開始まもなく反応はあるがフッキング率が低い。 同行の副支部長はアントパターンで確実に釣果を重ねている。 "やはり今日はアントかな・・いや久しぶりにエルクヘアカディスでも使ってみよう" とフライ交換するといきなりバシャッ! 続けてバシャッ! さすが万能フライと言われるだけはありますな。
5/23 良型イワナ 午後、さらに渓の奥へと入っていくと反応はさらによくなってきた。 しかも良型がいる。 私に良型イワナが釣れたと思ったら、そのすぐ上で副支部長は泣き尺イワナをゲット。 上の写真はその泣き尺イワナと数分の格闘を演じた副支部長の様子。 グラスロッドがエライ曲がってます。 ともかく、天候にも釣果にも恵まれ大満足の釣行であった。
Field Report Top >>