JFS四国支部 フィールドレポート
2002年釣行記
Field Report Top >>
2002/09/08 : 東予地方河川釣行vol.4
Date : 2002,9,8
Style : 日帰り釣行
Party : Y氏と私の2名+1匹
Weather : 雨のち晴れ
9/8 今シーズンもそろそろ大詰め。 一発大物を狙って今回はとある源流を釣る。 早朝5時にY氏と合流。 支度を整えていざ出陣!・・・ ん? 我々2人以外にナニモノかの気配が・・ おぉっー、ワンちゃんではないか。 駐車ポイント付近に生息しているワンちゃんのようである。 追い返すに返せず、結局入渓ポイントまでついてくる始末。 渓に入ってもまだついてくる。 我々両名も腹をくくって「ワン公、じゃあ一緒に行くか!」とワンちゃんに話しかける。 で、急遽予定を変更して2名+1匹の源流行が始まったのである。 このワンちゃん、これがなかなか賢い。 我々2名の距離が空けば両名の見えるところに陣取って2人を見守る。 でもって、釣りをしてる人の前には決して行かないのだ。 Y氏を見守るワン公
9/8 ちょっと休憩 だがだが、このワンちゃん、渓の遡行には慣れてないのかたまに立ち往生する場面もある。 そんな時は我々がワンちゃんを脇に抱えて渓を渡る。 渓に少し慣れてくると勝手に高巻きして先回りしたりもしている。 "ワン公、やるじゃねぇか"・・ で、かなりの高度を釣り上がり、さすがのワンちゃんもお疲れの様子。 左の写真は高巻きの途中の岩陰で休憩するワンちゃん。
9/8 釣り終えて一息つくY氏とワン公 肝心の釣果はというと、これがもうサッパリ。 これだけサッパリだと諦めがつくというもの。 とにかく反応が少ない。 たまには大物も見かけるが反応がシビアというかどうもヘンな感じなのである。 これだから自然は面白いと言えば面白いところなんだが・・。 ともかく、今日はこのワンちゃんがいてよかった。 それだけで充実した釣行となったのだから・・・ "ワン公、また一緒に行こうなっ!"
Field Report Top >>