JFS四国支部 フィールドレポート
2002年釣行記
Field Report Top >>
2002/09/29 : 面河川水系釣行vol.5
Date : 2002,9,27〜29
Style : 野営釣行
Party : えさ師A氏と私の2名
Weather : 9/27 雨時々曇り、9/28 雨のち晴れ、9/29 晴れ時々曇り
9/27 今シーズンの最終釣行。 久々に東京のA氏を愛媛に迎えての釣行となった。 26日夜、松山空港でA氏と合流し渓へと向かった。 翌17日早朝、雨模様の中準備を整える。 渓はこのところの少雨の影響で少々渇水気味。 釣り始めてしばらくは反応がない。 1時間ほど遡行してからオチビちゃんがポツリポツリと出始める。 が、相変わらず反応は鈍い。 時折魚が走るもののサイズは小さめ。 良型がなかなか姿を現さない。 春先に良型を釣った場所でも20cmどまりのアマゴが姿を見せるのみ。 「う〜む・・なかなか思うようにはいきませんねぇ・・」 雨は相変わらず降ったり止んだりを繰り返している。 河畔の木々はほんのりと色づき、秋の気配が漂い始めていた。 秋色に染まる渓
9/27 アマゴちゃん お昼過ぎまで釣りをして、結局左写真の20cm強のアマゴが最大。 「明日に期待しましょう」 と早々に釣りを終え、キャンプ予定地に場所を移動する。 と諦めがいいのも今回はアウトドアクッキングがもう一つのメインになってるからに他ならない。 この日は牛肩ロースのブロックをたたいて作ったハンバーグに激辛カレー、トマトスープに・・・お腹いっぱいで寝苦しかったような・・
9/28 藪沢 27日深夜、激しくテントをたたく雨音で目が覚める。 強い雨を心配しながらうつらうつら、朝を迎える。 朝6時を過ぎるとようやく雨も上がり、渓の様子を見に行くとかなりの濁り。 「この濁り具合からすれば10時過ぎくらいからじゃないと釣りになりそうもないですねぇ」 「昨夜の雨だと人もそんなに来そうにないですし、ゆっくり朝食にしましょうか」 とゆったりとした朝の時間を満喫していた。
9/28 シーズン最終釣行を楽しむA氏 が、この判断が・・・ 午前9時半、朝食を終えて釣り支度も完了し、いざ渓へと向かうと、いるわいるわ、渓のあちこちに釣り人がいる。 昨夜の雨で魚の活性が上がると思いきや、それ以上に釣り人の活性が上がっていたようだ。 この日は今シーズン最終週末。 "そりゃそうだわな"と納得。 仕方なく、他の釣り人の後塵を拝しながら今シーズン最後の釣りを楽しむ2人であった。
9/28 けんちん汁 でもでも、そんなことでは挫けない2人。 この日の夜も豪勢な料理を楽しむことができるのだから。 ダッチオーブンで作ったけんちん汁をメインに、牛肩ロースのステーキ等、様々な料理がテーブルを彩る。 腹十分になった2人はゴロンと草むらに寝転ぶ。 空は満天の星。 爽やかな風。 渓の音。 虫の声。 "やっぱキャンプは最高だわ"・・ こうして2人のシーズンは幕を閉じたのであった。
Field Report Top >>