JFS四国支部 フィールドレポート
2003年釣行記
Field Report Top >>
2003/02/02 : 東予地方河川釣行
Date : 2003,2,1〜2
Style : バンガロー泊ミッジ釣行
Party : 関西支部長、副支部長、O氏と私の4名
Weather : 2/1 曇り時々晴れ、2/2 晴れ
2/1 解禁の渓を釣る "解禁の 腕が鳴るなり ミッジかな"・・ そんな素人句を頭の中で弄びながら臨んだ今シーズン初釣行。 今回の目標はズバリ"20ヤード先のシビアなライズをとる"こと。 大仰な目的を胸に抱きつつ午前10時前、解禁の渓に立つ・・・ が、そこは対岸まで20ヤードもない場所であった。 目標は何処へ?・・ ともあれ、愛媛の渓は待ちに待ったシーズンの幕開けである。
2/1 放流アマゴ 一足先に入渓していたO氏から携帯に連絡が入る。 「ガンガンにライズしてますから早く来て下さいよ。」 急かされるままに釣り支度を整えO氏のいるポイントに直行。 確かにあちこちでライズ、ライズ、ライズ。 何投目かで今シーズンの初アマゴをゲット。 放流モノながら初モノは嬉しいもんです。 同行の関西支部長もO氏も同様に解禁のヒキを存分に楽しんでいた。
2/1 けんちん汁 午後からは副支部長も合流。 が、解禁日も午後になると急に魚の出は渋くなった。 寒さも手伝って一同あまり粘る気力もなく、午後3時半には釣りを終える。 その後近くの温泉で体を温め、夜はバンガローに泊まっての宴会。 けんちん汁をメインにボリュームある料理と酒を楽しむ。 今シーズンの釣行計画はもちろんのこと、様々な話題に話が尽きぬ4名であった・・・
2/2 解禁2日目の渓 翌朝、午前10時、解禁2日目の渓に立つ。 2日目ともなると渓の人出も少なく、ライズもまた少ない。 前日と同じポイントに入ったものの散発的なライズでフライに出てものらない状況の連続。 前日は6Xのティペットに#14のフライで釣った人もいたというのに・・ 放流アマゴの学習効果に惨敗の2日目であった。 "解禁に 腕上げられず ・・ まだまだかな"・・・
Field Report Top >>