JFS四国支部 フィールドレポート
2003年釣行記
Field Report Top >>
2003/04/24 : 東予地方河川釣行vol.2
Date : 2003,4,24
Style : 日帰り釣行
Party : 副支部長と私の2名
Weather : 曇り時々雨
4/24 探釣 源流へ行く予定で気合いを入れて4時待ち合わせ。 が、生憎の雨。 雨の様子を窺いながら、ゆっくりと現地に向かう。 現地もやっぱり雨。 でも源流に行けないこともない。 「どうしますかねぇ?」とちょっと思案。 「こんな天気で源流に行ってもなんか気分が晴れませんから今回は別の場所にしましょう」と合意。 こんな機会だからと、まだ釣ったことのない小渓を探ってみることにした。
4/24 ん〜が、これが見事に失敗。 たまに反応があるのは極小サイズのアマゴちゃん。 「こんなちっちゃいアマゴも釣れるんですねぇ」と7cmほどのアマゴをしげしげと見つめる二人。 午前中釣り歩いて10cmオーバーがやっとの小渓であった。 おまけに、落胆しながら山道を歩いていると、途中で道を見失ってしまう始末。 これがまた霧に包まれた山道迷いのスタンダードパターン。 「こっちのほうでいいですよね?」と地形図をたびたび確認しながら急斜面の植林帯を下降していく。 そしてやっとこさ山道を発見。 「はぁ〜、とりあえず無事でよかったですわぁ!」 車に戻って昼食をとり、午後は別の沢に入渓。 こちらは以前に良型も確認している渓。 期待に胸膨らませながら釣り始める。 山椿
4/24 渓相 だがしかしけれども・・これがまた釣れないんですわ・・ 雨の影響で多少増水しているが、条件としては絶好のような気がするのに・・ 散発的に15cm前後のアマゴちゃんが釣れるだけ。 釣れないと二人の会話も途切れ途切れになっていく。 この入渓の言い出しっぺの私は"はぁ〜・・・"と心の中でため息ばかり。 自然っちゅうのはホンマわからんもんですわ。
4/24 アマゴちゃん 釣れない渓も早々に切り上げ、過去に何度か爆釣しているポイントに行く。 が、こちらも反応は殆どない。 "なして?" 今日はアカンなと諦めかけた午後5時頃、やっと本日唯一まともなサイズが顔を出してくれたのであった。 それはともかく、釣りをしている間、結局雨は殆ど降らなかった。 副支部長との天気の相性、やはりホンモノかも・・ 天気に相性があるって話、本当かもね・・
Field Report Top >>