JFS四国支部 フィールドレポート
2004年釣行記
Field Report Top >>
2004/04/03 : 東予地方河川釣行
Date : 2004,4,3
Style : 日帰り釣行
Party : Y氏と私の2名
Weather : 晴れ
4/3 渓相 少し早めの源流行。 私にとっては初めての渓のため同行のY氏に状況を確認するとカディス系がいいとのこと。 "この時期はメイフライのほうが・・"と思いつつも某FF雑誌にあった"マイクロカディス"の記事を思い浮かべる。 "#18のカディスでも準備しとこっかなぁ"といかにも釣れそうなマテリアルを揃えてオリジナルフライを巻いて準備完了。 初渓に挑む。
4/3 アマゴ 入渓後まもなくY氏がアマゴをゲット。 メイフライパターンで釣り始めた私にはなかなか魚がのらない状況が続く。 Y氏は相変わらずカディスパターンで釣果を伸ばしている。 ならばと私も必殺マイクロカディスに交換。 すると魚の反応もよくなり、ゲット率もアップ。 やはり案内人の言うことは素直に聞いたほうがいいようで・・ だがその後反応が鈍くなる。 ヘンだなぁ・・
4/3 岩清水 上流に目をやると、なんと我々の前に釣り人がいるではないか。 いろんな状況から判断するとどうも割り込まれたようだ。 Y氏が少しひきつった笑顔で声をかける。 数分の交渉でその釣り人とポイントを分け合うことを決定。 我々は辿道を利用して上流のポイントまで移動。 これがなかなかの山道で結構大変。 でも途中にあった岩清水は最高にうまかった。
4/3 桜 上流のポイントに移動してからも大物は顔を出さず。 結局数はそこそこながらこれといった釣果もなく終了。 魚体にもまだサビの入ったものが多く、やはり時期的に少し早かったようだ。 当初の予定より釣り場が減った影響で早めの帰還となった。 帰路途中、そこかしこで桜が満開。 ちょっとばかし花見としけこんで春を満喫する2名であった。
Field Report Top >>