JFS四国支部 フィールドレポート
2004年釣行記
Field Report Top >>
2004/04/25 : Y川水系釣行
Date : 2004,4,24〜25
Style : 野営釣行
Party : 関西支部長、関西副支部長、Y氏、私の4名
Weather : 4/24 晴れ、4/25 晴れ
4/24 渓相 午前6時過ぎ、関西支部の面々と久々の再会。挨拶もほどほどに渓へと車を走らせる。 目的の渓に到着すると先行者はいない模様。 「先行者もいないようですし今朝は冷え込んでますからゆっくりしましょうか」と渓を眺めながらしばし歓談。 現地集合のY氏も揃ったところで支度を整え午前9時、入渓。 まずはマニフェストに従って「よろしくお願いします」と渓に一礼。 釣り開始。
4/24 関西支部長とY氏 入渓早々Y氏に20cm強のアマゴがヒット。 好スタートで幕開けした合同釣行もその後はジリ貧。 小型がポツリポツリと釣れる程度。 ただ、大物の浮上もあって話題に事欠かないいつものワキアイアイな釣りを堪能する4名であった。 午後5時からは日没までイブニング。 が、寒さの影響か、ハッチもまばらでライズも散発。 釣果は不発。 でもやっぱイブニングの雰囲気はイイっすね。
4/24 キャンプ 夜はキャンプ。 空は満天の星。 が、とにかく寒くて星どころの話ではない。 全員焚き火にかじりつく。 でもこの日の夕食はキムチ鍋。 こんな日にはうってつけ。 様々な話題に心も温まる。 同じ場所でキャンプをしていたエサ師グループとの交流もあって、酒を酌み交わし、情報交換できたりで楽しい一夜であった。 釣りの楽しさの一つはいろんな人との交流やね。 マチガイナイ・・
4/25 翌早朝は冷え込んだものの、渓に日差しが差し込んでくると昨日とは打って変わって暖かな陽気。 トマトスープとパスタの朝食をゆっくりと味わった後はテントの撤収と後片付け。 午前10時、片付けを終えて渓に一礼。 「無事遊ばせていただいてありがとうございました」 温泉と昼食を共にした後、正午過ぎに解散。 その後、"まだ時間があるな"と私はまだ入ったことのない渓を単独探釣。 情報のない渓だけに入渓ポイントを探すのにも一苦労。 入れば高巻きの連続に四苦八苦。 釣果はおちびちゃんのたった2尾。 "探釣はこんなもんかな"と納得。 ともあれ、釣果は別にして、いろんな人との交流があり、うまいものありの充実した2日間であった。 でもそろそろ大物を釣らんとな・・ 探釣の沢
Field Report Top >>