JFS四国支部 フィールドレポート
2005年釣行記
Field Report Top >>
2005/02/16 : 東予地方河川釣行
Date : 2005,2,16
Style : 日帰り釣行
Party : 副支部長と私の2名
Weather : 曇り時々晴れ
2/16 瀬を釣る副支部長 エキスパートのSさんが某釣り番組の取材で愛媛に来るってことで今回の釣行が決まった。 Sさんはお昼前頃に川に入るという情報から、副支部長と事前に川の状況確認。 いくつかのポイントを確認しながらとあるポイントへ。 「このポイントは釣ることもないでしょうからちょこっと釣っときますか」 と釣り開始。 順調に1尾ずつゲット。
2/16 エキスパートのS氏 お昼前にSさんたちご一行と合流。 挨拶もそこそこに釣り場の打ち合わせ。 どうも昨夜の雨の影響からどこのポイントも難しい状況。 ってことで、午前中に私たちがちょこっと釣ったポイントでの撮影となってしまった。 「あちゃ〜釣るんじゃなかったですねぇ」 「大丈夫っしょ。俺らとは腕が違いますからバンバン釣っちゃうでしょ。」 ってことで見学開始。
2/16 シラメ 案ずるより産むが易し。さすがのSさん、数少ないライズをしっかりととっていく。 圧巻はとあるプールのネイティブシラメの激渋ライズ。 手を変え品を変えながら最後の最後にゲット。 40番くらいのミッジを捕食していたシラメを32番のフックで釣り上げ本日の撮影を無事終了。 Sさんの卓越したテクニックを十分に堪能できて充実した1日であった。
Field Report Top >>