JFS四国支部 フィールドレポート
2005年釣行記
Field Report Top >>
2005/04/14 : Y川水系釣行
Date : 2005,4,14
Style : 日帰り釣行
Party : 副支部長、プチ仙人、黒ヤン、私の4名
Weather : 晴れ
4/14 渓相 いつも連絡を取り合っているメンバーで平日釣行しようってことで、各人万障繰り合わせての今回の釣行となった。 2組に分かれて入るという意見もあったが、折角だからと4名同時に入ることに決定。 そのため今回は比較的渓の大きな場所をチョイス。 ただし、ここは私が一度ちょい釣りしただけの場所。 場所の良否は不明。 とりあえずはワキアイアイと釣りを始めた4名であった。
4/14 出足は快調。 開けた渓の中、気持ちよくキャストしながら各人釣果を得る。 釣れるサイズは20cm前後。 反応も良好。 が、渓半ばから渓が土砂で埋まっている箇所が多く、狙うポイントが少なくなっていく。 サイズも小型中心に。 いつのまにか、釣ったサイズの小ささを競っている始末。 もちろん(?)キングは私。 「小さいのを釣るのはテクニックが必要でっせぇ〜そのテクニックは教えられへんけどなぁ〜」(汗) 交代で釣り上がって行く中、効果音付の釣りが始まる。 出そうな場所をフライが通過するたび、「ガバッ」「バシャッ」「ゴボッ」などと外野からの擬態音が渓に響き渡る。 が、実際の釣り音は「ピチャッ」って感じなんだけど・・(涙) ともあれ、釣果はイマイチだが、楽しい釣りであった。 淵を釣る副支部長
4/14 ハッチ 午後4時に渓を上がり、プチ仙人氏とはここでお別れ。 残り3名で別水系のイブニングポイントに向かう。 ポイントに到着すると散発ながらライズもボツボツ。 渓に立つと水生昆虫が乱舞。 午後6時半から7時にかけてはかなりのライズ。 ヒゲナガのハッチはまだのようだが、小型のカディスパターンへの反応がよかった。 イブニングはやっぱいいねぇ〜。 また行かなくっちゃ!
Field Report Top >>