JFS四国支部 フィールドレポート
2005年釣行記
Field Report Top >>
2005/05/27 : 中予地方河川釣行
Date : 2005,5,26〜27
Style : 源流野営釣行
Party : 副支部長、黒ヤン、私の3名
Weather : 5/26 晴れ、5/27 晴れのち曇り
5/26 重たいザックを背負っての釣り いつとはなしに「源流キャンプやりたいっすね」と話し合いつつ、やっとこさ今回実現した。 だが、四国で「源流キャンプ」をするような場所は殆どない。 というのも、殆どの河川の山深くまで林道がつけられているため、日帰りで行ける所ばかりだからである。 便利といえば便利だが、つまらないといえばつまらない。 それが四国の渓流の現実・・
5/26 渓相 そんなことはさておき、20キロ前後の重た〜いザックを背負いながら、テン場まで釣り上がって行く。 ザックの重みが両肩にずっしりと食い込んでくる。 「やっぱ重たいっすわ〜」 釣りながらも口々にそんな言葉が漏れてくる。 釣り開始当初は反応もまずまず。 渇水の影響もそれほどないようだ。 が、テン場近くまで釣りあがってくると反応は激渋に。
5/26 渇水の渓 「渇水の影響ですかねぇ」と話し合いながらテン場までくると新しいお弁当のゴミが残されている。 「こりゃ前日くらいに人が入ってますねぇ・・」 しかし、こんな美渓にゴミを残していくなんて・・ 残念ながら、これも渓流釣りをしててよく目にする現実なのだ・・ 渇水と人のプレッシャーにより、シビアな釣りに終始した初日であった。 ホンマしょぼい釣りやった・・
5/27 アマゴ 翌日は気分一新、前日に釣った場所より上に入る。 開始当初は昨日の状況そのままにシビア。 とある淵ではシビアなライズに悪戦苦闘。 「目先を変えるフライチェンジ」でライズを仕留める。 「これですわ、これ、これがフライの醍醐味ですわぁ〜」と勝手に楽しんでる私(汗) 数やサイズはしょぼいものの、釣りの質を楽しむには十分であった。
5/27 サイトフィッシング 副支部長はボチボチながらも釣果を伸ばし、黒ヤンもしっかりと釣っている。 源流特有のおおらかな釣りではないが、フライの楽しみの一つであるマッチ・ザ・ハッチ的な釣りを存分に味わえた釣りであった。 魚止めまで釣って正午過ぎ納竿。 渓水を使ったコーヒーをしっかり楽しんだ後に帰路につく。 長い道のりを歩いて午後6時、無事到着。
5/27 コーヒータイム 翌日、黒ヤンからのメール。 「皆さんお疲れ様でした。 自分も昨日は速攻で寝てしまいました。 朝起きても疲れが残って体がだるいです。 おまけに案の定、肩が筋肉痛です。 釣果の方が残念な結果でしたが、キャンプ釣行の醍醐味があじわえて満足しています。 口のけがと帰りの車酔いがよけいでしたが。 またやりましょう。」 ホントお疲れ様でした。
Field Report Top >>