JFS四国支部 フィールドレポート
2005年釣行記
Field Report Top >>
2005/07/21 : 東予地方河川釣行vol.3
Date : 2005,7,21
Style : 日帰り釣行
Party : 単独
Weather : 晴れ
7/21 夏色の渓 空梅雨の影響で6月のベストシーズンに殆ど釣りに行けなかった今年。 ここにきてやっとこさ時間がとれたので久々に単独行。 渓に着くとヒグラシが涼しげに鳴いている。 "これっすわ、これ、これ、この感じを待ってたんっすわぁ〜" 水況もまずまず。 ポイントを決めて午前6時入渓。 ウェーダーを通して伝わってくる渓水のヒンヤリした感覚が心地よい。
7/21 アマゴ 入渓当初は反応はイマイチ。 フライチェンジしながら当たりフライを探索。 当たりフライを見つけてからはいい感じでアマゴの反応が出てきた。 が、渓に張り巡らされたクモの巣が快適な釣行を阻害する。 "クモの巣がなければ気持ちよく釣れるのになぁ・・" そんな不満を口にしながらも、適度に釣れてくるアマゴの元気なひきを楽しんでいた。
7/21 アマゴ 午前中だけ釣って、釣果はアマゴ5・6尾。 アベレージは20cm前後。 これ以外にもチビアマゴはいっぱい釣れたのだが・・ とある巻き返しのポイントでは良型のアマゴがいたものの、ストーキングに失敗して走られた。 釣果としてはたいしたことなかったが、ともかく久々に渓に立てたことがよかった。 この時期の渓流はホント気持ちええっすわぁ。。
Field Report Top >>