JFS四国支部 フィールドレポート
2006年釣行記
Field Report Top >>
2006/03/12 : N川水系釣行
Date : 2006,3,11〜12
Style : 本流マッチザハッチ釣行
Party : 関西支部支部長、関西支部副支部長、丑寅氏、M田氏(以上、関西支部)、副支部長、黒ヤン、私の7名
Weather : 3/11 晴れ、3/12 曇り
3/11 ライズ待ち まだまともな釣りに行っていない今シーズン。 今回がまともな釣行第一弾。 そんな釣行が副支部長の送別釣行となった。 というのも、副支部長は3月いっぱいで関東へ引越しとなり、このあとはその引越しの準備等々で釣りには行けそうにないからだ。 そんな釣行に関西支部も合流して賑やかに楽しく、そしてビッグワンを求めての釣行となった。
3/11 副支部長の雄姿 この時期の釣りと言えばライズ狙い。 それもビッグワン狙いとなれば本流筋を狙うしかあるまい。 ということで、有望ポイントをいくつか回ってみるが肝心のライズがない。 小一時間ライズを待ってみるがその気配もないため、仕方なく魚影が濃いという支流を狙ってみる。 が、釣れるのは外道ばっかりだった(涙) それも立派なサイズのヤツが・・
3/11 関西支部副支部長 初日は惨敗に終わり、夜は気分転換を兼ねての大宴会。 酒席で明日のポイントを話し合う。 「確実にライズがあるけどサイズはそこそこの場所と、ライズがあるかどうかわからないけどライズがあればビッグワンが狙える場所と、どっちにしましょうか?」 「現実と夢の選択やね」 「ここはやはり夢を選ぶでしょう!」 と全会一致で「夢」の選択。
3/12 相変わらずのライズ待ち が、夢は儚いものであった(涙)果報は寝て待てとばかりにライズ待ちするもこの場所ではライズせず。 やっとのことで散発ライズを見つけて狙ってみるも、非常に難しい流れを攻めきれず、結局ノーフィッシュ。 大惨敗の2日間となってしまった。。 副支部長の送別釣行に関西支部との合同釣行と、みんなにいい釣りをしてもらいたかったのに・・
3/12 ライズを狙う関西支部長 あとで反省してみるに、やはりポイント選択の方法論が間違っていたように思う。 天候やハッチの状況等を分析し、その日その時点での最適ポイントを目指さなければならなかった。 その基本が欠けていた。 その経験が不足していた。 まだまだ勉強することがいっぱいですな。。 副支部長、また一緒に釣りができることを楽しみにしてますぞっ!
Field Report Top >>