JFS四国支部 フィールドレポート
2006年釣行記
Field Report Top >>
2006/03/26 : 中予地方河川釣行
Date : 2006,3,26
Style : マッチザハッチ釣行
Party : 義兄と私の2名
Weather : 晴れ時々曇り
3/26 春色の渓 マッチザハッチ釣行第二弾。 今回も本流筋中心に狙いを定める。 ここ数日の情報では午後あたりからの釣況がよさそうであるため、遅めの出発。 といきたいところだが、待ちきれないので午前6時に出発。 8時頃には現地に到着し、とりあえずは支流を探釣。 水況、実績ともに十分の渓のためいけると思ったのだが・・ なんか知らんが全然ダメ・・
3/26 義兄 魚信のない渓は早々に諦め別の支流に移動する。 ここ最近に大釣りした人がいるとの情報で期待して釣り上がる。 が、アマゴは全く顔を見せてくれない。 出てくるのは外道ばかり。 なんか今年は外道ばっかり釣ってるような・・(涙) あまりの反応のなさに場所移動をしようかと思ってた矢先、上の淵を見るとなんだか派手なライズが。。
3/26 マエグロヒメフタオカゲロウ 派手なライズはマエグロを捕食しているためのようだ。 ライズの釣りは初めてという義兄にその場を任せしばし観戦。 義兄のフライ交換の合間に少しキャストするが16番以下のフライには見向きもしない。 一通りライズの釣りを楽しんだ後で本命の本流ポイントに向かう。 「この調子だと本流でもこの大型メイフライがハッチしてますよ、きっと」
3/28 リベンジ が、行くと我々が入ったポイントではライズなし。 ハッチもまばら。 待てども待てどもライズは起こらなかった・・・
・・2日後・・どうしても本流のライズをとりたくて、1時間余りだけ狙いに行ってみた。 12時前に現地に着くとライズあり。 散発的だがぼつぼつあるライズを12番のメイフライパターンでゲット。 引き味抜群の本流アマゴだった。
Field Report Top >>