トップページ 奏功的症例集 導入相談室 資料の請求 質問回答集


AHCCに関する情報については、情報を提供された医師や薬剤師が、理解しやすい言葉で、 健康食品に対する正しい知識、基本的な召し上がり方、臨床研究成果の報告などを紹介するものであり、 健康食品の効果効能を誇張し、または、保証するものではありません。

AHCCの作用
AHCCの活性成分
AHCCは担子菌の菌糸体培養抽出物であり、複数の成分が存在します。 主成分である多糖類はβ1.3−グルカンやアセチル化されたα1.4−グルカンです。通常、キノコの成分中にこのアセチル化α−グルカンはほとんど存在しませんので、 特にAHCCと他のキノコ系健康食品とは異なる成分と考えられます。 アセチル化α−グルカンは分子量約5000と比較的低分子で、消化吸収されて免疫賦活作用を発揮し、分子量が数万から数十万と考えられているβ−グルカンは消化吸収されるのが難しく、 腸管を刺激して免疫賦活作用を現していると推測されます。
AHCCの各作用
好中球集積作用ならびに好中球殺がん作用活性化
マクロファージ増殖促進ならびに活性化作用
CD4細胞活性化作用
NK活性ならびにLAK活性増強作用
TNFα産生増強作用
インターロイキン−1ならびに−2産生増強
担がんモデルにおける抗がん剤との併用による延命効果
制がん剤副作用軽減作用
肝薬物代謝酵素誘導作用
肝障害保護作用
肝ミクロゾーム脂質過酸化抑制作用
インターロイキン−12産生促進作用
免疫抑制物質(TGFβなど)産生抑制作用




アミノ5レブリン10mgでエイジングケア

Copyright (C) 1998-2015 AHCC Consaltant Room. All Rights Reserved.