トップページ 奏功的症例集 導入相談室 資料の請求 質問回答集


AHCCに関する情報については、情報を提供された医師や薬剤師が、理解しやすい言葉で、 健康食品に対する正しい知識、基本的な召し上がり方、臨床研究成果の報告などを紹介するものであり、 健康食品の効果効能を誇張し、または、保証するものではありません。

インフォームド・コンセントに関する事項

    「インフォームド・コンセント」とは?
  • 病気・病状・治療・経過など、患者に病気についての説明を充分にし、理解の上「同意」を得る事をそう呼びます。 知識がなければ質問もできないので、おうおうにして医者側の「一方的な説明」や「言い訳」になりやすいので、充分に勉強し注意して聴くことが必要です。
    「医者から、病状説明を受ける時に把握したい質問事項」
  • 最近は「インフォームド・コンセント」が重要と言われていますが、 医者のほうは十分に説明してくれているのでしょうか? 患者サイドとしては、何の予備知識もなしに、いきなり説明を受けたのでは、 何が何だかよくわからないままになってしまう事が多いようです。 病状説明を受ける前に以下の予備知識があると、理解する際に役立つと思います。 わからない事があったら納得するまで、主治医に遠慮せずにどんどん聞く事です。 病気の説明を受けるときに、次の事項はチェックすると良いでしょう。

    1. 病名は?(どこの何がんか?)
    2. 程度は?(広がりは?)
      • ステージは何期か?
      • 細胞診によるクラスは?
      • 転移しているのか、また、何処にあってどの程度なのか?
    3. 手術は?
      • 手術はできるのか?
      • 手術はどういった方法でやるのか?
      • 手術は誰がやるのか?実績はあるのか?
        (何人手術したか?その成績は?)
      • 手術の際の麻酔は誰がやるのか?
      • 手術と麻酔の危険性は?
    4. 手術しなければ、どういった方法があるのか?
      • 手術を受けた場合と受けない場合との違いは?
      • 抗がん剤を使用するのか?
      • 抗がん剤の種類は?その実績は?副作用は?使用経験は?
    5. これから患者はどうなると想定できるのか?
      • 5年生存率は何%か?
      • どんな危険性が考えられるのか?
      • 死亡するまでのストーリーは、一般にみてどうなのか?
    6. これから生活する上で 何に注意したら良いのか?
      • 悪化の兆候は?
      • どのくらいの間隔で、どんな検査が必要なのか?
      • 通院時、外来では誰が見てくれるのか?
        (一貫して診てもらえるか?)
    7. 今、どんな合併症を持っているのか?
    8. その医療機関でどこまで治療ができるのか?
      • その医療機関は、どのくらいの技術レベルを持っているのか?
      • 手術前後の管理体制は大丈夫なのか?
      • 希望すれば、より高レベルの医療機関を紹介してもらえるのか?
      • 患者サイドで「民間療法」を行ってもかまわないのか?
    9. 治療を受けるための経済的負担は?
      • 院内に相談にのってもらえる専門家(ソーシャルワーカー)がいるのか?
      • 保険はどこの治療まできくのか?実費扱いになるのか?    

    相談室からのコメント

    主治医からインフォームド・コンセントがあった場合、病院の設備や規模、 主治医と患者のご家族との関係、主治医の立場を十分考慮し良識をもって、 病状説明に応じることを望みます。 主治医とご家族との信頼関係が最も大事あるということを忘れないで下さい。 また、健康食品などの使用の是非については、立場上、承諾できかねる医師が多いので、 拒否されたからといって無理に説明や説得をするのは得策とは言えません。




アミノ5レブリン10mgでエイジングケア

Copyright (C) 1998-2015 AHCC Consaltant Room. All Rights Reserved.