トップページ 奏功的症例集 導入相談室 資料の請求 質問回答集


AHCCに関する情報については、情報を提供された医師や薬剤師が、理解しやすい言葉で、 健康食品に対する正しい知識、基本的な召し上がり方、臨床研究成果の報告などを紹介するものであり、 健康食品の効果効能を誇張し、または、保証するものではありません。

末期がん患者に対する用語説明

    「アイ・ブイ・エイチ=IVH」
  • intravenous Hiperalimantation の略。 血管内に直接,チューブを入れて栄養を点滴し、口からでは食事が摂れない状態を意味します。 手術の前後に行なわれることもありますが、がんの末期では,相当の体力を消耗する結果となります。
    「インフォームド・コンセント」
  • 病気・病状・治療・経過など、患者に病気についての説明を充分にし、理解の上「同意」を得る事をそう呼びます。 知識がなければ質問もできないので、おうおうにして医者側の「一方的な説明」や「言い訳」になりやすいので、充分に勉強し注意して聴くことが必要です。
    「エッセン=ペルオス」
  • 外国語で食事のことを指します。この言葉が医師間で出れば食事ができない状態が近いことを意味します。
    「エント=Entlassen(独)」
  • 退院を指します。また、退院の意味には3通りがあります。
    1. 病気が回復して帰るという意味の退院。
    2. 治療をあきらめて帰ることを意味する退院。
    3. 死亡して自宅に帰るという意味の退院。
    「エンドステージ=End Stage(英)」
  • 死亡直前の最終段階(危篤状態)を指します。
    「延命治療」
  • IVH・人工呼吸・昇圧剤(血圧を上げる薬)等を多用して心臓が止まらないようにするだけの方法を意味します。 一旦始めたら、中止する事は医療ミス(法律違反)になる危険性があるので、死亡するまで延々と続けられるようです。 そこから回復する事は、まず皆無と考えられます。
    「オペ=operation=手術」
  • 末期においての手術にはいくつか種類と意味があります。
    1. 根治手術:完全にがんを取り除く可能性のある手術。
    2. 姑息的手術:症状を改善させるためだけの手術。
    3. 試験的開腹:がん末期で手術どころではない状態だが、「手術だけでも」と希望された場合、お腹を切り開いて家族に見せ「これでは、手術できませんね。」と説明。 単に家族に実物を見せて納得してもらうためだけの手術。 当然、患者にとっては身体的負担も大きく、ますます弱ってしまうので、退院できずに終わってしまう事が多い。
    「化学療法=抗がん剤」
  • 抗がん剤を用いた療法を指します。 患者さんの期待も大きいですが、副作用も大きく、結果的に体力を落としてしまうこともあります。 一部のがんに対して以外は、明確な効果も得られておらず、慎重な使用が望まれます。
    「家族の希望」
  • 家族の希望には大きく二つの意味があります。
    1. 家族の希望を受け入れて、治療を継続する。
    2. 家族の希望を受け入れて、治療を中止する。
    いずれの場合も、「これから、どういった状態になるのか」よく説明を受ける事が大事です。
    「キュー・オー・エル=QOL=生活の質」
  • 同じく「生きている」と言っても「どんな状態で」生きているのかが重要な問題です。 ある程度、自立した人間的な状態で生きていけることを目指した言葉がQOLです。
    「5年生存率」
  • がんに対する治療成績のひとつです。 ある種のがん患者の母集団の中で、がん発見から5年後の時点で生存している人の割合です。 おおむね、5年の間、転移や再発がなければ完治しているとみなされます。
    「在宅」
  • 末期がんの場合、病院では治療不可能なので、一旦、病院を退院した後に家庭で、診てもらう事を意味します。 「在宅医療」と「在宅介護」がありますが、がんの場合は治療をどうするかが大きな問題です。 家庭で看取られるのが理想ですが、現実には、病院に運ばれて死亡というケースが圧倒的に多いのです。
    「細胞診」
  • 腫瘍を採取して、細胞によって悪性度を決める検診です。 これががんの証拠になりますが、採ってきた細胞が、たまたま正常部分の場合は「陰性」と判断される事もありますので、油断はできません。
    「パパニコロウの分類」(細胞の分類方法)
  • クラスT:正常
  • クラスU:良性異型(正常に入ります)
  • クラスV:良性・悪性の判定の困難な異型(がんがあやしい)
  • クラスW:悪性を強く疑う(殆どがんです)
  • クラスX:悪性(完全にがんです)
    「自然経過」
  • 病気を自然の成り行きにまかせるという意味です。特に治療しないで死亡を待つ事になります。 鎮痛剤(痛み止め)・IVH(血管内栄養)は引き続いて行ないます。
    「腫瘍マーカー」
  • がんには、患部によってそれぞれ特徴のある物質が血液の中に増えてきます。 これらの濃度値からがんの有無や発達を推定する数値が腫瘍マーカーです。 患部によって使用する検査薬や検査方法は異なります。 また、しばしば、偽陽性、偽陰性もあるため必ずしも確定診断には使えません。
    「ステージ」
  • がんの進行度を分類する臨床病期を指します。 通常、ステージ1期からステージ4期までの4段階に分類しますが、 臓器によっては、ステージ0期やステージ1a期、1b期などといった分類をすることもあります。
    「セカンド・オピニオン」
  • いくら主治医を信頼して、治療してもらっても、少しも改善しなかったり、納得できない時は、他の医師のアドバイスも受けるべきです。 これが、重大な病気の時は、なおさら、何人かの医師に診てもらって、「本当にこの診断名なのか?」「治療方法はこれしかないのか?」 「どうしても手術が必要なのか?」「手術には、どんな方法があるのか?」「治療の危険性は?」「これから何が起るのか?」 「この病気の人には、どういった運命が待っているのか?」「死ぬとしたら、どういう死に方になるのか?」 を確認する必要があります。但し、カルテやレントゲン写真を院外に持ち出さなければ判断ができかねます。
    「ソーシャル・ワーカー=SW」
  • 患者さんの医療上の相談にのってくれる専門家を指します。 入院時の経済問題・退院後の在宅・福祉機関とのパイプ役となります。
    「鎮痛剤=痛み止め」
  • 患者さんのがんの痛みを和らげるのに、最も多用されるのが「麻薬」です。 神経ブロックの技術も発達しています。がんの末期において使用することになります。
    「腹水」
  • 腹水が溜まると言うことは、お腹の中にがんが広がり、細胞が溶けだしている状態を意味します。 「腹腔穿刺(針を刺して水を抜く)」等をしますが、一時しのぎでしかありませんが、 患者さんが苦しくなるので水を抜いてあげた方がよいでしょう。
    「ムンテラ」
  • 患者について、家族に病状説明をする事を指します。 家族が急に呼ばれて説明を受ける場合、死亡宣告の前段階によく行なわれるようです。
    「楽にする」
  • 治療をあきらめて、麻薬や睡眠剤を使い始める事を意味します。 「意識を落とす」とも言います。手の施しようのない状態です。
    「ラパ=試験的開腹」
  • 「オペ」の項を参照。

    相談室からコメント

    以上の用語の語意は、末期がんの患者を主体とした場合に 医師間や看護婦間などで会話の際に発言されるだろう表現を 一般の方にイメージしやすく主観的な表現で説明したものであり、 全ての医師や看護婦が使用するという語意ではないことをご理解下さい。




アミノ5レブリン10mgでエイジングケア

Copyright (C) 1998-2015 AHCC Consaltant Room. All Rights Reserved.