トップページ 奏功的症例集 導入相談室 資料の請求 質問回答集


AHCCに関する情報については、情報を提供された医師や薬剤師が、理解しやすい言葉で、 健康食品に対する正しい知識、基本的な召し上がり方、臨床研究成果の報告などを紹介するものであり、 健康食品の効果効能を誇張し、または、保証するものではありません。

癌を防ぐための12か条

    毎日の生活の中に、癌を防ぐポイントはたくさんあります。どれも特別なことではありません。健康によいことは、癌の予防にもつながるのです。

    • バランスのとれた栄養をとる
      • いろいろな食品を食べることで、おのずと栄養のバランスは整う。野菜を中心にして、いろどり豊かな食卓を心がけよう。

    • 毎日、変化のある食生活を
      • 外食が続いたり、好物ばかり食べていると、食事のバランスが偏ってしまう。バランスよくバラエティーに富んだ食事に。

    • 食べ過ぎをさけ、脂肪は控えめに
      • 脂肪の摂取率は増え続けている。「腹八分目」を心がけるとともに、脂肪分の少ない食事にすることも大切。

    • お酒はほどほどに
      • 日本酒2合相当までなら、アルコールは健康によいといわれるが、過度の飲酒は口の中やのど、食道の癌を促進する。

    • たばこは吸わないように
      • たばこを吸い始める年齢が低いほど、肺癌のリスクは高くなる。親が喫煙者だと、子どもが喫煙者になる率も高い。ぜひ禁煙を。

    • 食べ物から適量のビタミンと繊維質のものを多く摂る
      • ビタミン類は、緑黄色野菜や果物からたっぷりとる。また、海草類や豆類で繊維質をとって便通を整えよう。

    • 塩辛いものは少なめに、あまり熱いものはさましてから
      • ふだんから塩分を控えた調理を心がけるとともに、外食では塩辛いつゆは残すなどの工夫を。また、熱いものは食道癌のリスクを高める。

    • 焦げた部分はさける
      • 肉や魚の焼けこげには発癌物質が微量、ふくまれる。特に、加熱温度が高く、調理時間が長いほど、発癌物質の量が多くなる。

    • かびの生えたものに注意
      • カビといっても、大部分のカビは問題なく、ナッツ類やとうもろこしに付く、ごく一部のカビに発癌性がある。

    • 日光に当たりすぎない
      • 紫外線による過度の日焼けは、細胞を傷つけ、皮膚癌を引き起こすこともある。長い間強い日差しを浴びるときには、日焼けを防ぐ工夫を。

    • 適度にスポーツをする
      • 過度のストレスや体を動かさない生活は、体の生理機能を低下させる。気分転換や健康作りのためにも、適度に運動を楽しもう。

    • 体を清潔に
      • 体に付いた発癌物質や細菌、ウィルスが癌の要因となることもある。体を清潔に保つことが、癌予防につながる。




アミノ5レブリン10mgでエイジングケア

Copyright (C) 1998-2015 AHCC Consaltant Room. All Rights Reserved.