ご病気の方のご家族の生の声とAHCC健康相談員の過去の掲示板の記録です。読みずらいとおもいますが、一番下から上に向かって新しくなります。
AHCC健康相談員 さん 1999年 01月 21日 10時 09分 14秒

>やまぐちさん
においは特にしません。味については少し苦みが残りますが、不愉快な
味ではありません。飲みにくい場合はヨーグルトに混ぜて飲むのが
一番いいと皆さんおっしゃっています。膵臓がんであっても同じ効果が
期待できますが、個人差があるので継続して様子をみることが必要です。
丸山ワクチンとの併用も問題ありません。

>田代さん
放射線治療を行っているのであれば、イムノエースを3包と治療の2時間
前に1包の合計1日/4包が適量と思われます。プロポリスはAHCCと全く
作用が異なります。飲み過ぎは内臓を痛める場合があるので注意して
下さい。できれば相性のいいハチミツと混ぜると刺激が緩和されます。
AHCCとの併用について云えば問題ありません。

>谷川さん
EM-Xは抗酸化物質でありAHCCとは全く作用が異なります。
人間の細胞は血液を通して酸素を取り入れることで酸化し老化します。
この酸素による酸化を防ぐ物質が一般的にいわれる抗酸化食品SODと呼
ばれるものです。AHCCは、弱り切って武器を失った白血球に武器の作り
方と戦う体力を活性化させるもので併用しても全く問題ありません。
むしろ、併用すべきであると考えています。体と相性が合えば、更なる
効果が期待できるでしょう。

谷川 さん 1999年 01月 20日 22時 09分 31秒

9歳の息子についての質問です。
現在、抗がん剤とEM−X(有用微生物郡抗酸化物質飲料)を
服用していますが、これにAHCCも同時に服用する事が有効か?
お尋ねします。

97年12月8日 脳腫瘍(髄芽腫)を全摘。
97年12月より98年3月までコバルト治療。
98年4月より抗がん剤使用(シスプラチン、エトポシド)
8クール予定で現在4クール終了。
98年4月よりEM−X使用。

現在、予想していた抗がん剤による副作用もなく、再発も認められて
いません。また、風邪もEM−X使用前と比べて引きにくくなっています。(EM−Xの効果と信じています)
ここで、今回AHCCのことを知り服用を考えていますが、EM−Xとの同時服用が心配です。
同時服用により、AHCCの薬理作用とEM−Xの抗酸化作用が互いに損なう事はないのか、 コメントをお願いします。
よろしくお願い致します。


田代 さん 1999年 01月 20日 16時 00分 34秒

75歳の父の直腸がんについての質問です。
3年前、痔の手術を受けようとして、偶然にも
ごく初期の直腸がんが発見されて手術を受けました。

1ヶ月間人工肛門をつけましたが、肛門と繋ぐ手術を
受けて、元気な生活を送っていました。
余程手術がきつかったようで、以後の検査は
1年後以降一度も行っていませんでした。

夏頃から、腰が痛いと言い始め、外科で坐骨神経痛と
診断されていましたが、だんだんひどくなるので
精密検査を受けたところ、がんの再発でした。

肛門の奥にがんの再発していて、足の神経をおかし、
すでに骨もやられており、外科的手術は無理とのこと。
「今年一杯、大丈夫かな?」と告知されました。

現在は、食欲もあるし元気なので、強いて入院する
必要はなく、食べられない、動けない状態になったら
入院を考えましょうとのことです。

痛みのため左側のおしりをついて坐ることが出来ない
以外は、食欲もあるし元気です。

現在の治療は、
12月21日から、モルヒネ入りの痛止めを飲む。
12月25日から、AHCCを一日3包(4.5グラム)を飲む。
1月15日から、プロポリスの原液を1日40滴程度飲む。
1月18日から、モルヒネの量を増やし、毎日放射線治療に通い、 抗がん剤の薬を飲み始める。

上記の様な状況での、AHCCの服用量はどの位が適当ですか?

モルヒネの服用・毎日の放射線療法・抗がん剤の服用
プロポリスの服用、これらの併用は問題はありませんか?

本人にも、全て告知された上での治療です、
どうぞよろしくお願い致します。

やまぐち さん 1999年 01月 19日 10時 11分 21秒

初めてご質問いたします。
兄(42才)が膵臓がんのステージ4で98年10月に膵頭部・十二指腸・ たんのうなどの摘出手術を受けることができ、12月に退院。現在自宅におります。
アガリックスは味とにおいが・・・ということで受け付けません。 AHCCは癖のある、味・においなのでしょうか。また、 膵がんの場合にも有効でしょうか。
手術で原発巣を含む腫瘍は取り除くことができ、 あとは再発を防ぐためにAHCCを用いたいのですが。
現在、隔日に丸山ワクチンを使っています。
お忙しいところご迷惑をおかけします。

AHCC健康相談員 さん 1999年 01月 16日 19時 45分 10秒

>がんばるのださん
体が食物に対して拒否反応を起こし、嘔吐する場合は、錠剤にしても
同様です。まして、現状では錠剤を溶かすことは無理でしょう。
他に食べられるものはあるのでしょうか?
AHCCをヨーグルトと混ぜたり、スープに入れたりしている方もいます。
また、一度に1グラム全部を飲む必要はありません。
0.1グラムつづでもいいから頑張ってみい下さい。お大事に。


がんばるのだ! さん 1999年 01月 15日 13時 7分 4秒

AHCCを服用すると内の母は吐いてしまうので、あまり強要できません。
しかし一日3グラムには程遠い量しか飲めていないのが現状です。
抗がん剤の副作用で食欲がまだ戻っていないのですが、 昨日の夕食は少々食べれたものの、全て吐いてしまいました。
体調がもっと本調子になるのを待って、服用させようかとも思ったりしますが、 周りの者はただ焦っております。
なにかうまい服用方法はありませんか?
錠剤にしても効果は変わりませんか?
宜しくお願い致します。

AHCC健康相談員 さん 1999年 01月 12日 20時 23分 06秒
AHCCは、医師の臨床経験から最低1日3グラムを使用すること
が最良であると云われています。1日1.5グラムだと全てが無駄に
なってしまう場合がありますので注意して下さい。また、3グラム
というのは、AHCCの正味分量であって、1包や1錠の重さとは違い
ます。

がんばるのだ! さん 1999年 01月 12日 14時 27分 54秒

母が乳がんの第W期と診断され、余命一年以内と言われました。
去年の12月13日から入院し、抗がん剤タキソテールを1クール受けました。 副作用がひどかったのですが、今は比較的落ち着いては着ています。 本人には乳がんと言うことは伝えてありますが、第W期とは言っておりません。 現在はAHCCを一日1.5グラム以上は飲ませるようにし、 そのほか鮫の軟骨をわずかながら飲ませております。
しかし、まだ食欲が戻っていないので、飲ますのは大変です。
第W期ということで、肺への転移、肝臓へわずか、 骨へわずかな転移をしております。 一日にどのくらいどのような補助食品を与えたらよいのか教えていただきたく投稿しました。宜しくお願い致します

AHCC健康相談員 さん 1999年 01月 12日 14時 02分 54秒
それは大変よい質問です。
AHCCは、患者本人の免疫力を高める作用があります。
白血球は、いわば軍隊の兵隊です。患者の兵隊が弱り切ってしまっている
以上、鍛え直さねばなりません。しかし、白血球は10日前後で入れ替わっ
てしまいます。その訓練の繰り返しの間に白血球が強くなっていくのです。
運動選手が毎日トレーニングするように徐々に免疫力が白血球に備わって
いくのです。弱いチームを強いチームに作り上げるのです。
決して「V字型」に免疫力が上がるわけではありません。なだらかな
「U字型」放物線を描いて快方に向かいます。
ひとによって異なりますが、平均3〜6ケ月は、覚悟しなければなりま
せん。ご質問のご心配とは逆に長期間使用することが必要です。

さん 1999年 01月 12日 12時 37分 38秒

ご回答ありがとうございました。
早速、申し込ませていただきます。

ご質問致しますが、
AHCCはどれくらいの期間使用すれば良いのでしょうか。
長期間の使用はいけないとか、あるのでしょうか?
よろしくお願いします。

AHCC健康相談員 さん 1999年 01月 11日 19時 36分 53秒

>小谷さん
食欲があるがどうか文面ではわかりませんが、
最初の14日間は、1日4包を試してみて下さい。
また、できるだけ食事を摂るように心がけて
下さい。食事には生命維持に不可欠なタンパク質
や脂肪、ビタミンなどが含まれています。
AHCCだけでは、エネルギーが出ないので体力が
つきません。

>東さん
抗がん剤を使用する1時間前にAHCCを1グラム
摂ると副作用が緩和される方が多くいます。
できれば、1日4包を摂った方がいいと思います。
進行性のがんの場合、最高で1日6包を摂る場合
があります。

さん 1999年 01月 11日 08時 24分 22秒

昨年10月、54歳の父が胃がんを宣告され12月3日に胃全摘出及び すい臓1部摘出の手術を受けました。
術後、医師の説明によれば進行性胃がんとのことで、 再発の可能性が5割以上の確率であるので、
抗がん剤の使用を進められ、現在週1回通院にて受けております。
AHCCを使用したいと思うのですが、ご指導を願えないでしょうか。

小谷 さん 1999年 01月 09日 20時 40分 56秒
こんにちはホームページで知り、初めてご相談致します。

72歳の父親が肺がんのため入院しています。腺がんで第3期のBです。
現在は安定した状態です。
医者の話では手術はできないとの事。
本人には知らせていません。副作用が心配なので化学療法も
放射線もやらないつもりです。
病院の薬は熱さましと下剤を飲んでいます。
あと数ヶ月の命と診断されました。
AHCCを一刻も早く使用して少しでも長く生きれるようにさせたいと思います。
使用量を教えてください。1ヶ月分使用したいと思いますので送ってください。

AHCC健康相談員 さん 1999年 01月 07日 17時 00分 02秒

>網野さん
AHCCは熱処理により抽出しているので料理に混ぜても
問題はありませんが、料理の味は変わってしまうことが
予想されます。

網野 さん 1999年 01月 07日 12時 56分 24秒

ご質問致します。

AHCCを料理の中に,混入して食べさせることは出来ないでしょうか?
11月中旬より、妻がアガリクスを料理して食べさせています。 近々再々入院の予定(3クール目)ですが、入院すると、 病院食以外食べなくなってしまいます。
なにか、上手い方法はないものでしょうか?

以上,宜しくお願い致します。

AHCC健康相談員 さん 1999年 01月 06日 17時 57分 30秒

>三吉さん
リンパ節に転移してもAHCCの効力に変化はありません。
問題は、患者さん本人の自然治癒力という体力の増強です。
血液中のNK細胞だけを活性化したところで、生活を維持する
体力がなければ治癒を期待できないということを念頭に入れ
て治療に励んで下さい。

こんな例えがあります。
「優秀な大工がいても、材料なくては家は建たない」
体力という基礎がなくては、例え優秀な大工を雇い入れても
直ちに役に立たないことを指します。材料というタンパク質や
脂肪、ビタミンなどの食事を摂取しないとAHCCも本来の働きが
弱くなってしまいます。できるだけ食事は摂って下さいね。

三吉 さん 1999年 01月 06日 16時 09分 32秒

前回の補足ですが、患者は63歳、がんはスキルス性のものと聞いております。
1月5日にAHCC1ヶ月分を注文しました。到着次第服用を開始するつもりです。
1月5日の再検査で抗がん剤を処方することになったそうで、 このときの話しでは余命半年とのこと。 リンパ節に転移するとリンパを通じて全身に転移するため治療はできないとある本には書いてありましたが、 リンパ節転移に対しても、AHCCの効力が期待できる可能性はあるのでしょうか。

AHCC健康相談員 さん 1999年 01月 05日 18時 35分 45秒

>三吉さん
プロポリスとAHCCの役割は異なるので併用しても問題ありません。
また、医師が処方する薬との関係についても問題ありません。
安心してAHCCをお試し下さい。三吉さんの場合ですと、1日3gが
適量かと思います。もし、病状が悪化してきた場合、プロポリス
の摂取は、消化器官に影響を与える場合があるので注意して下さい。

三吉 さん 1999年 01月 05日 16時 23分 27秒

初めてお便りします。患者は私の義父ですが、昨年12月の初旬に首の左側鎖骨付近にしこりがあるのに気づき、12月22日に県立の病院で検査したところ、胃がんとの診断を受けました。CTによる検査の結果、医師の話では胃の付近のリンパ節に1〜1.5cm大の塊が数個と頸部リンパ節に転移しているため手術は不可能、持っても1〜2年といわれました。(本人にはがんの告知だけしてあります)
相談内容:病院の治療方針は今週末にはっきりするようで、現在は1日にプロポリスを毎食前と就寝前の4回服用しております。AHCCのいろいろな症例報告を見てわかっているつもりですが、再確認の意味で併用しても問題ないかお教えください。併用の場合時間をずらす等の配慮は必要でしょうか。また、この後病院の治療が始まりますが、投与する薬との関係や処置との関係でAHCC服用に際して注意すべき事項がありましたら、あわせてお教えください。

細川俊彦 さん 1999年 01月 01日 23時 43分 24秒

AHCCイムノエースは、平成10年9月24日に日本テレビ系のルックルックで紹介された
機能性食品です。あの番組の中でAHCCについてコメントしている医師は、AHCC首都圏
健康相談室の顧問医師であるAHCC健康相談員正敏先生です。AHCCは、その効果から便乗商品が出回り
始め、善意の愛用者を困惑する健康食品販売会社が後をたちません。
古いビデオ画像をデモテープとして販売している業者もあるようですが、現在、医師が
手応えのあるとして使用しているAHCCは、アミノアップ化学のイムノエースに他なりません。
販売店によっては、医師や薬剤師のアドバイスが得られず、使用分量を間違っている愛用者
も多いようです。AHCCイムノエースをご購入の際は十分注意して下さい。

AHCC健康相談員 さん 1999年 01月 01日 12時 03分 35秒

>籠崎さん、遠藤さん
イムノエースにはAHCCが900mg、イムノゴールドには180mgのAHCCが
含まれています。1日3gを摂取するには、イムノエースなら3包、
イムノゴールドなら18錠を継続して摂らなければなりません。イムノゴールド
は、ソフトジェルカプセルタイプなので多量の水で飲み込む必要があります。また、
イムノエースは、マイクロ顆粒タイプなので病人の方にも優しくなっています。
ちなみにイムノゴールドだけを使用している臨床医はほとんどいません。
もし、免疫療法として用いる場合は、イムノエースにてAHCCを摂取して
下さい。また、ステージや病状により1包を2回や3回に分けたりする
場合があります。AHCCを使用する場合は、AHCCを研究している方の助言が
必要と思われます。当相談室にてイムノエースをご購入しておられる方には
メールで導入方法についての相談を無料で行っています。

遠藤 俊吾 さん 1998年 12月 27日 21時 01分 18秒

父が扁平上皮肺がんにおかされています。第4期です。
HPにてAHCCを知り、近所のドラッグストアでイムノゴールドSS
を入手しました。この場合、どれくらいの1日にどれくらいの分量を
飲めばよいのでしょうか?また、イムノエースとの違いを教えてください。

籠崎 さん 1998年 12月 26日 18時 00分 28秒

AHCCを1日3グラムとるには、イムノエースまたはイムノゴールドを
どのくらい摂ればいいのですか教えて下さい。
どの文献にも詳しい分量が載っていません。

AHCC健康相談員 さん 1998年 12月 21日 22時 48分 13秒

中村 豊さん>肝臓がんは、あまり痛みが伴わないので注意しましょう。
がんが進行していればAHCCは、1日4包を摂るといいでしょう。
お父様はお年のようなので検査や治療は辛いと思いますが、負けずに
治療に励んで元気になって下さいね。

中村 豊 さん 1998年 12月 19日 03時 09分 53秒

このような掲示板に巡り会えたことは、この上ない幸せです。

ホームページにて、AHCCを知りました。
71才の父ですが、
平成10年12月10日入院。
確定診断はまだですが、
超音波及びCTにて、肝臓がんと言われています。
手術のできない場所である、とのこと。
最悪の場合、余命はあと3ヶ月ほどと言われています。
確定診断がまだですので、
ステージ等まだわかりません。
治療方針もまだ決定していないようですが、
かなりすすんだ状態であることは、
間違いないようです。
このような場合、1日3〜4包の服用でよろしいでしょうか。

1日も早く飲ませたいので、
とりあえず1パックを注文しました。
その後、確定診断や治療方針等を先生に聞いた上で、
再注文も考えております。

詳しい病状がわかってきましたら、
掲示板上で、いろいろご相談等、お願いいたしたいと思っております。

どうぞよろしく、お願いいたします。

AHCC健康相談員 さん 1998年 12月 15日 22時 55分 02秒

>父を助けたいさん
結論から申し上げますと食事ができるのならAHCCで快方に向かう
可能性はあります。特に肝臓系疾患の生存率の改善に有意であると10月に金沢で開
催された第34回日本肝がん研究会で正式に報告されたばかりです。肝臓がんの場合、他
のがんと比べて痛みが伴わないので自覚症状がないのでたちが悪いとも言えます。
医師は出来る限りの西洋医学の治療を行いますが限界があります。最後は本人の体力
と免疫療法がカギとなると思います。本当の手遅れになる前に悔いが残らない方法を
とることを希望します。できれば医師の治療と並行してAHCCを1日/4包を摂るようにし
た方が懸命でしょう。

父を助けたい さん 1998年 12月 14日 14時 59分 30秒

父は大腸がんと肝臓がんの患者です。先月、大腸がんの手術をし大部分を
切り取ってしまったので、今は人工肛門をになってしまいました。
今は肝臓がんの治療を行っています。2週間前に一週間続けて薬を投与し、一週間休み、その後また今日から薬の投与を一週間始めています。
父の肝臓がんは散らばっているので手術は不可能らしいです。最初に
大腸がんと肝臓がんが発見された時は2ヶ月前だったのですが、余命は
1、2年だと言われましたが、今ではもう3ヶ月くらいだそうです。
父はまだ60歳です。なんとかもっと一緒に暮らしたいのです。
今は父はとても元気なので、あと数ヶ月の命なんて信じられません。
この様な末期の症状でもAHCCは効果があるでしょうか。
本人には気付かせずに、例えば何かに混ぜるとか、は出来るのでしょうか。 父はお医者さんの事を信じているので、AHCCを最初から
黙って飲んでくれるとは考えにくいのです。

AHCC健康相談員 さん 1998年 12月 01日 09時 28分 49秒

どこの医師もマニュアル以外の治療や指導については、神経質になっています。
指導ミスなどの医療ミスがあってはならないからです。ですから院外でオフレコのお話を個別に聞くと
以外と免疫療法を理解している医師も大勢います。しかし、彼らも病院内では上司を持つサラリーマンです。
上司の指示以外の治療を肯定することはできません。彼らの立場のことも考えてあげて下さい。
本心は、「もしかしたら」と思っていても口に出すことはできないのです。ですから機能性食品などに希望を
お持ちの皆さんは、医師に内緒で飲ませているケースも多いようです。そして、快方に向かった時に医師が驚愕するのです。
「信じられない」と。


>熱海さん
丸山ワクチンを併用することは、問題ありません。むしろ、他の治療法を併用することで効果は増強します。
但し、残念なことは、AHCCは、口からしか摂ることができません。せめて流動食でも食べる元気があればAHCCを
摂ることができるのですが....。

>網野さん
確かに西洋医学のマニュアルにないものは、宗教的な側面もありますが、現実に快方に向かっている
方は、大勢いらっしゃいます。何を信じるかは別として、親族の気持ちとしては、後悔することなくがんと戦いたいのです。
ガンコな医師たちに負けずに頑張っていきましょう。

上田隆哉 さん 1998年 12月 01日 08時 47分 08秒

飲み始めて1ヶ月たちます。体の免疫力が高まったのか、 しびれの感覚が短くなってきたように感じます。 実感できたので直るまで頑張ってのみ続けようと思います。

網野 さん 1998年 11月 30日 09時 19分 22秒

 主治医が丸山ワクチンを中止してしまって件について、11/28(土)に抗議したが、丸山ワクチンなんてオウム真理教みたいなものだ。
 私は医者として使えない,と一蹴されてしまいました。

 AHCCを持ち出す余裕すら,当方にはありません。
 なんて、ガンコな医師たち,と思います。

 判ってはいても先例があり可能性に賭けたい,と言うのが親族の気持ちでは?
 なぜ、そこが判らないのか?
 
以上,なすすべの無いもののグチです。

熱海 さん 1998年 11月 29日 22時 09分 05秒

母が胃がんになり何もしなければ4ヶ月と診断されました。AHCC
の情報を聞き何とかしたいのですが。母は水すら喉に通らない状態
です。効果はあるでしょうか。また丸山ワクチンを投与することは
ほぼ決まっています。併用してもよろしいのでしょうか。お願いし
ます。

静夏 さん 1998年 11月 27日 21時 05分 19秒

早速、AHCCを送っていただき感謝しています。AHCCを母に飲ませて3日経過しました。
抗がん剤をやった後は、いつも気分が悪くなっていた母が、少し元気を取り戻したように
思えます。食事も少しだけですが、食欲が上がったように思えます。また報告します。

AHCC健康相談員 さん 1998年 11月 27日 21時 01分 22秒

もともとAHCCは、糖尿病の方のために血糖値降下を期待されて開発した経緯があります。
糖尿病の食事療法の補助食品として使ってみてはいかがですか?
AHCCは、「医師も病院で使う糖尿病に効く21の機能性食品」出版社二見書房の中でも、
糖尿病の方の切り札として評価しています。この方法で飲ませている家族もいます。
丸山ワクチンについては、身近での臨床データ不足のため何ともお答えできません。
とにかく、病院の治療と並行して1日でも早くAHCCを試せることを望んでいます。

網野 さん 1998年 11月 27日 10時 34分 28秒

 ご回答ありがとうございます。
 私としては、1日でも早くAHCCの併用したいのですが, 本人(父親)が民間療法を拒否し続けております。
(がんの告知はしてない。−−がん化の可能性あり、と説明してます。) 本人は,持病の糖尿病があるから、余計なことはしない、と言ってます。

AHCCを服用させる上手い方法がありましたら、ご教示願います。

 また、、11/26より再入院し, 丸山ワクチンの投与を主治医が中止してしました。(丸山ワクチンは, ホームドクターに依頼していたものです。)
 この処置について,なにか不都合があるでしょうか、ご教示願います。
   
             以上,宜しくお願い致します。     

AHCC健康相談員 さん 1998年 11月 27日 09時 07分 25秒

さらなる抗がん剤治療は、糖尿病が重いこともあって、体力的なことが心配されます。
しかし、治療を受けるのを拒否することはできません。免疫力の低下を補うためにも
1日も早く、AHCCを併用することをアドバイスします。抗がん剤の治療中は、1日4包
が適量と思われます。

網野 さん 1998年 11月 26日 12時 48分 35秒

ご質問致します。
病名;肺がん 組織;扁平上皮がん ステージW
    頸部リンパ節に転移あり
    心臓への浸潤あり
持病;糖尿病あり インシュリン注射継続中
    かなりひどい状況
11/3まで 抗がん剤治療 1クール目
11/9より 丸山ワクチン投与開始 継続中
11/13より 頭髪の脱毛が始まる
11/26より 抗がん剤投与予定 2クール目

質問内容
AHCCとの併用は問題ありませんか?

 お忙しいところ,大変恐縮ですが,早急な回答をお願い致します。 

AHCC健康相談員 さん 1998年 11月 17日 17時 49分 32秒

抗がん剤の治療と並行してAHCCをとっても全く問題ありません。
できれば、副作用を緩和する効果が期待できるので、抗がん剤
の治療中は、1日/4包6グラムを使用してみて下さい。

静夏 さん 1998年 11月 15日 22時 06分 49秒

母が肺がんのため抗がん剤を使用した化学治療を行っていますが、
AHCCを同時に使っても問題ありませんか?アドバイスして下さい。

AHCC健康相談員 さん 1998年 11月 12日 14時 29分 54秒

アラビノキシランとAHCCとは、全く異なる物質であり、アミノアップ化学の開発中に
発見されたというような事実はありません。また、アラビノキシランは、小腸から吸収し、
AHCCは、小腸から吸収する事ができず排便されると主張していますが、全て誤報です。
なぜならば、小腸から吸収しやすく加工したものをAHCCと位置づけしたのだから。
我々医師は、「現実に手応えのある健康食品」としてAHCCを臨床で使用しており、アラ
ビノキシランを臨床で使用することはありません。仮にNK細胞の活性化がAHCCよりある
としても、他の成分のバランス次第では、意味がなく、細胞を刺激したに過ぎません。
NK細胞を活性化するにしても適度な活性が必要なのです。あまり、刺激すると生体バラ
ンスに異常をきたす場合も考えられます。ご注意下さい。

加藤 さん 1998年 11月 11日 18時 59分 07秒

アラビノキシランは、AHCCの開発中に発見された物質であると効きました。
AHCCとの違いを教えて下さい。

上田隆哉 さん 1998年 11月 02日 12時 34分 11秒

先日はmailでのご返答有り難う御座いました。細川先生のおっしゃるとおり飲み始めることにします。状況が変わってきたら必ずmailしますので、またいろいろと教えて下さい。

細川俊彦 さん 1998年 10月 29日 21時 21分 30秒

足のしびれの原因や症状の詳細が不明なので一概に云えませんが、
もし、足のしびれ感が血糖値の上昇に伴うものであれば、AHCCを
毎日使用することで、体内の免疫力を高め、血糖値を安定化させ、
しびれ感が緩和するかもしれません。一度試してみるといいでしょう。

上田隆哉 さん 1998年 10月 29日 18時 17分 02秒

AHCCは脳腫瘍にどの程度効果があるのでしょうか?右前頭葉の星細胞腫だったのですが術後、3年経ってもまだ変な症状が出ます。MRIには何もうつりません。1週間に1回、足先までしびれます。細川先生、是非アドバイスお願いします。