ご病気の方のご家族の生の声とAHCC健康相談員の過去の掲示板の記録です。読みずらいとおもいますが、一番下から上に向かって新しくなります。
AHCC健康相談員 さん 1999年 12月 01日 18時 06分 11秒

>貴志さん
AHCCは、アミノアップ化学のイムノエースを使用する場合のプログラムです。
病状から察しますと1日6包(正味5400mg)で試してみる価値はあります。
期間は、個人差があるのでいつまでとは申し上げられません。飲み方としては、
1回1包を1日6回に分けてみてください。AHCCは、食事療法的な健康食品です。
医薬品ではないので全ての方に手応えがあるとは言えません。また、一番大事な
事は、通常の食事をし、主治医の指示に従い治療を並行して受けることです。
これからもお辛いとは思いますが頑張って治療に励んでください。

貴志 さん 1999年 11月 30日 20時 17分 06秒

父のがんは、前(今年2月)の時で4cmあり、その時血管を絞めました。
今日、実家から連絡が有り、また入院してるそうです。
それで、がんが再発して4箇所に1cmずつ有るそうです
肝硬変もかなり悪いみたいです
今日、担当医からの話しによると、早くて2ヶ月の命なので
父の兄弟に連絡してくれとの事です

母にAHCCの事を、話すと良いものであれば、試したいとの事でした。

そこで、質問なんですけど、1日に何回飲むのか、1回何包飲むのか、
最後に、まだ希望を持ってAHCCを試してみるべきかです。お願いです答えてください。

かってな事ばかりだとは、思いますが、お願いします。

AHCC健康相談員 さん 1999年 11月 30日 16時 08分 27秒

>貴志さん
肝炎から肝がんに進行した方がAHCCを試す例は数多くあります。
様々な健康食品をまとめて試しても問題ありませんが、粗悪品も
多いので気をつけて下さい。AHCC以外でお薦めできる商品は、
ありません。製造元や成分がバラバラで甲乙がつけられないからです。
尚、最近プロポリス+クロレラなるものの詳細情報はわかりません。

貴志 さん 1999年 11月 26日 20時 31分 01秒

こんな事を、ここで聞くのは失礼だとは、思ったんですが、教えて下さい。
父親が、c型肝炎から肝がんになり。治療法は
手術出来ないので、血管を絞める方法を、とってます。
今は、何にでもすがりたい、気分です
クロレラやプロポリス、後は生体電子とか・・・。
AHCCの名は、初めて知ったのですが、これらを、まとめて服用すると
体の方は大丈夫ですか?
また、AHCCの他に良いものは無いのでしょうか?
最近プロポリス+クロレラなるものが、あるそうですが、どのようなものでしょう?
どれも、信用出来ません。知り合いに治ったと言う人が、いないので・・。
父は、まだ60になったばかりです。
助けてください。
お願いします。

細川 さん 1999年 11月 22日 22時 42分 14秒

>徳田さん
腫瘍マーカーが下がってよかったですね。ここで止めてしまう方がいますが
油断は禁物です。もうすぐ1年になりますが、もうしばらく続けてみましょう。
徳田さんのように6包を使用することで改善されるケースもあるようです。
個人差はありますが、必ず3包または4包ということはありません。
飲み過ぎても副作用はありませんので、安心して継続してください。

>佐藤さん
AHCCは、肝炎・肝臓がんの方には、手応えを感じています。健康食品なので
医薬品のように全ての方に有効であるとは言えませんが、上記の徳田さん
のような症例もあるので試してみる価値はあります。
私の経験から肝炎・肝がんの方には使って良かったという声が多く寄せられ
ているのは事実です。平均して3−6ケ月以上継続することが望ましいと
思います。

佐藤 さん 1999年 11月 22日 19時 40分 07秒

父が B型肝炎から肝臓がんになりました
このような場合でも効くのでしょうか

徳田 さん 1999年 11月 19日 19時 11分 18秒

昨年の12月より、肝臓がんだったのですが、AHCCを4包から
6包飲み続けたところ、11月の検査で腫瘍マーカーが正常
値になり、家族のみんなが、びっくりしています。
最近では、食欲もあり、抗がん剤も投与していません。
そこで質問ですが、いつまで飲み続ければよいのでしょうか?

細川 さん 1999年 11月 16日 19時 01分 08秒

>小林さん
掲示板の状況だけで見ると1日3包または4包といったところでしょう。
他の健康食品や丸山ワクチンと併用されても全く問題ありません。
短期間での結論を急がずに頑張って治療に励んでください。

>たしろさん
たしろさんの様に完全に回復した状態ではありませんが、余命宣告期間を
過ぎても、頑張っておられる方が大勢いるのは事実です。
AHCCは、医薬品ではありませんが、食事療法による免疫療法としては、
トップクラスの健康食品といっても過言ではありません。
たしろさんにおかれては、引き続き快方に向かわれるよう期待しています。

たしろ さん 1999年 11月 11日 17時 05分 48秒

父(76歳)は、去年12月に直腸がんの再発(平成7年5月摘出手術)
を告げられ「かなり進行しているため手術は出来ず、余命1年は無理でしょう」
とはっきり言われました。

その後、知人からイムノエースを勧められ、最初の3ヶ月位は1日4包服用し、
この後は毎食前の3包を続け、これと併せてプロポリスの液状も服用しています。
今年の初めには放射線治療と抗がん剤服用も行いましたが、
現在はモルヒネの服用だけで特別な治療はしていません。

医師からは、「食欲がなくなったり、動けなくなった時に入院を考えましょう」
と言われていましたが、モルヒネの量は少しずつ増加しているものの、
1年近く経過した今でも、まだ食欲もあり自宅で普通の生活が出来ています。

時々辛そうにしていますが、痛みを口に出さない父なので、
どの程度の痛みに耐えているのかは家族の我々にも分かりません。
今後、いつ状態が急変するかも全く予測はつきませんが、
イムノエース・プロポリスのお陰で、家族揃って年越しは出来そうです。

小林 さん 1999年 11月 06日 22時 01分 55秒

下記のメールで文字化けしたところを訂正させていただきます。
失礼いたしました。

(下から5行目より)
また、昨日からプロポリスを飲用しています(1日に200滴)。
丸山ワクチンについても使用を検討中ですが、
これらとAHCCとの併用は可能でしょうか?

小林 さん 1999年 11月 06日 21時 57分 32秒

はじめまして。 東京都調布市に住む小林と申します。
私の母は、膵臓がんのため療養中です。
病院の先生から「手術はできません、長くてもあと
半年の命でしょう」と言われてしまいました。
膵臓のみならず、肝臓などの他臓器にも遠隔転移が
認められるとのことです(ステージ4)。
放射線療法や、化学療法もほとんど効果がないとのことで
治療を受けずに退院してまいりました。
ショックはとても表現できるものではありませんが、
今後は、痛みを和らげながら、そして民間医療など他の方法を
模索しながら、あきらめずに がんと向かい合い、
治るまで(ゥ・ 本当に治したい!)頑張っていきます。

そんななかで、AHCCの存在を知り、こちらのホームページに
たどり着くことができました。 ぜひ試してみようと思い、
先ほど「ビギナーパック」を申し込みさせていただきましたが、
具体的な飲みかたをご指導いただけませんでしょうか。
(1日にどのくらいの量を飲めば良いでしょうか?)

また、昨日から餅枸烱修魄甥C靴討い泙后ハ1日に200滴)。
丸山楔掃についても使用を検討中ですが、
これらとAHCCとの併用は可能でしょうか?

お忙しいところ、不躾な質問をお許しください。
どうかよろしくお願いいたします。




AHCC健康相談員 さん 1999年 11月 06日 11時 46分 26秒

>青木さん
AHCCは、「医薬品」ではなく「健康食品」なので、病医院の医師が処方箋を書いたり、
病医院で購入する必要はありません。また、診察も不要です。他の健康食品のように
自由に入手し、試していただいて結構です。青木さんの場合、1日3包を継続して
試してみることが望ましいでしょう。サメ軟骨については、賛否両論があるので、
当相談室では、コメントすることができませんのでご了承下さい。

青木 さん 1999年 11月 05日 04時 40分 15秒

はじめまして、茨城の古河市に住む青木と申します。
私は9月初めに噴門がん(腺がん)であと1年と医者から言われました。
MRの結果でリンパ節に転移しているために、手術して体力を落とすより
手術をしないほうが良いと言われました。また、ポリープの組織が
胃であるために、放射線も効かないし、抗がん剤も先生の経験から効く可能性は
かなり低いとも言われました。
噴門(胃の入口)にかなり大きなポリープがあるために、食事が引っかかる
以外の自覚症状(たとえば痛みとか)がないので、手術もできないは、あと1年
といわれても、信じがたい気持ちです。
それからはその病院にはまったく行っておりませんし、治療も受けていません。
約1ヶ月ほど前からアガリクスタケ液(タキザワ漢方廠)を1日3本飲んで
いますが、今のところ効果はありません。
最近ではヨーグルトも通りにくいときがあり、いつも空腹に悩まされています。
83kgあった体重も65kgまで落ちてしまいました。
このままではいけないと思い先日「がん細胞が消えた」なる本を読み
インターネットで免疫療法の情報を探しているうちに、ここへやってきました。
少しでもポリープが小さくなってくれれば、食事が楽になって通常に仕事が
できるのですが、このままでは水も飲めなくなり、対処療法で体にメスを入れなければ、
ならなくなるかもしれません。
私は痩せてしまったものの、肌の色艶もよく、知らない人が見たらあと1年といわれて
いるようにはまったく見えません。
前置きが長くなり申し訳ありません。
体力があるうちに、AHCCやサメ軟骨を試してみようと思います。
そこで質問ですが、AHCCを扱っている病院で処方してもらったほうが良いので
しょうか。

AHCC健康相談員 さん 1999年 11月 03日 13時 24分 29秒

>克さん
AHCCを治療の補助として使用している病医院は全国に沢山あります。しかしながら、
AHCCは、医薬品ではなく健康食品なので治療の中心になることはありません。
抗がん剤治療中の補助として臨床医単位で試している例が多いようです。
よってAHCCのみを使用したいならば、通信販売で購入することが可能です。
当相談室では、AHCCの製造元であるアミノアップ化学社が販売元であるマイクロ顆粒
タイプの「AHCCイムノエース」をお薦めしています。

さん 1999年 11月 02日 12時 56分 57秒

75歳の母が6年ほど前からHAMという病気を病んでいます。HTLV1害拿が引き起こす神経疾患(症状的には、頚椎麻ひの状態とのことで下半身から麻ひが進んでいます)で治療法がありません。せめてこれ以上の進行をおさえる手段としてAHCCを試してみようかと思いますが、以下の質問があります。
1.AHCCを治療に利用している病院はAHCC健康相談員先生のところだけでしょうか?
埼玉なのであまり遠くないとことに無いでしょうか。
2.もし、病院を通さず、直接購入するのであれば、どこのものをどの程度試せば良いでしょうか。

AHCC健康相談員 さん 1999年 10月 29日 00時 38分 49秒

     ******** 掲示板に投稿する方へのお願い ********
最近、「***に効きますか?」「***に効果がありますか?」と言った内容の投稿が
見受けられますが、AHCCは、医薬品ではないので、「効果がある」「がんに効く」
と云うような文言は、薬事法に抵触するためお答えできませんのでご了承下さい。
あくまでもAHCCは、特定の病気を目的としないキノコを原料とした健康食品です。
がんが良くなった方もいるという過去の事実は、ひとつの症例として報告しておりますが、
年齢や体力的な個人差もあり全ての方が良くなるというものでは決してありません。
医師法や薬事法に抵触するご質問や相談は、ご遠慮下さるようお願い致します。

>まことさん
アガリクスもサメ軟骨もAHCCも全て食品です。同時に食べても何も問題ありません。
但し、食事に影響がでるようなら見直す必要があると思います。

>まぼさん
健康食品の場合、食事ができる状態であることが大原則となります。食事ができる状態で
あれば、AHCCを試す価値はあるでしょう。AHCCは、食べることで免疫力を強化
しようというものなので、ある程度の期間は継続することが必要と云われています。

>ケイさん
ある程度の元気があるうちから開始された方のほうが統計的にみてよい経過が期待できます。
これ以上の悪化の予防や生体機能バランスの調整補助としてAHCCを使用してみることを
おすすめします。


ケイ さん 1999年 10月 27日 05時 03分 21秒

初めまして

乳がんから、再発転移をしています。
骨、鎖骨あたりに米粒大のしこりと
肋骨の上に1.5センチ大のしこりがあります。
4ヶ月近く咳とたんで苦しんでいました。
レントゲンでは、何も変化がなっかたが、
血液検査で、腫瘍マーカが上がっていましたので、
タキソールを点滴することになりそうなのです。

わたしとしては、肺転移の疑いがありそうなので、
このような状態でも効果があるのでしょうか。

まぼ さん 1999年 10月 25日 18時 38分 21秒

はじめまして。
どうかアドバイスをお願いします。

父がスキルス性胃がんで、腹水も出ております。
病院では抗がん剤による対症療法しか打つ手がない。と言われ
現在、放射線治療や手術は全くできない状態です。

先週から抗がん剤治療をはじめ、今日で二度目の投与です。
痛み止めは1日3回、8時間おきに錠剤を飲んでおります。

今日、先生に現状を伺ったところ、あまり効果が出ていないようだ。
と、言われてしまいました。一時退院する事が目標なのですが
現状では一時退院できるかどうかも判断できない、このまま
抗がん剤を1ヶ月投与してその時に一時退院できる確率は4:6だと
言われました。

そんな時、こちらのAHCCの事を知り、少しでも
望みが持てるのなら、使用してみたいと思いました。
このような父の状態でもAHCCは効果を期待できるのでしょうか?

まこと さん 1999年 10月 24日 23時 46分 39秒

はじめまして!まことと申します。よろしくお願いします。
肺がんのためアガリクスとAHCCとさめを併用して大丈夫でしょうか?
どなたか教えてください!

AHCC健康相談員 さん 1999年 10月 23日 20時 02分 47秒

>沖田さん
平成10年9月24日に日本テレビで放映された内容の全文が下記のページで
閲覧することが可能です。ビデオ機能は不要です。尚、AHCCを中心として治療を
行った事実を放映したもので、具体的な治療内容は放映されていません。
番組内で紹介しているAHCCイムノエース1日/3−4包かと思います。
http://www.tim.hi-ho.ne.jp/~ahcc/ms/ntv0924.htm

>中村さん
AHCCの使用目的によっても異なりますが、がん患者様であれば、マイクロ顆粒型
の方が吸収しやすく、また、体に優しいので、このタイプを推奨します。
参考までに、AHCCの実質量は、顆粒型4包=カプセル型20粒 に相当します。
姫マツタケを併用することも考えるとマイクロ顆粒が好ましいと思います。

中村 さん 1999年 10月 23日 12時 43分 52秒

AHCCと姫マツタケを併用していこうと思っていますが、
カプセルタイプかそれとも顆粒タイプのどちらを選択すれば
よいのでしょうか?

沖田 さん 1999年 10月 22日 16時 58分 03秒

以前、AHCC健康相談員さんにいただいた返事の中に昨年日本テレビで放送された「ルックルックこんにちは」で末期の腹膜中皮腫がAHCCによって治った事例があるとの事ですが、どなたか詳しい内容をご存じ有りませんでしょうか。
具体的に服用量や併用していた治療の内容、他の健康食品などおわかりになれば教えてください。

AHCC健康相談員 さん 1999年 10月 17日 22時 50分 07秒

>たぬきさん
バイオブランは、AHCCの改良途中でできたということですか、
製造元であるアミノアップ化学社の話では、否定されています。
少なくとも私のところでは、そのような事実は確認されていません。
よって残念ですが、この掲示板で比較することも分析することも
できません。また、抗原のタイプを調べることは、どこの病院でも
できると思います。かかりつけ病院の主治医にご相談下さい。

これは私見ですが、バイオブラン・アラビノキシランの販売店様が、
何故AHCCと比較するような紹介をしているのか理解できません。
細胞の活性化や原料も製造方法も全く違うのですから比較しようが
ありません。たとえば、国籍も学校も違う生徒の1科目だけの偏差値
を比較しているようなものと解しています。がんは、NK細胞の活性化だけ
では、攻撃できないことは免疫治療を研究している医師なら誰でもが
理解しているところです。もし、余裕があれば、両方を併用してみるのも
いいと思います。

>山本さん
特に利尿作用があると報告はされていないので、AHCCに直接の
因果関係があるとは思えません。

>中村さん
姫マツタケは、いわゆる学名アガリスク・ブラゼイ・ムリルと
いわれているキノコであり、その主成分はベータDグルカンという
高分子多糖体で、抗がん作用があるといわれています。この成分は、
他にも、シイタケやシメジにも多く含まれています。
AHCCは、複数のキノコから、これら活性化された関連多糖体を化学
的に精製した物質です。同時に併用しても問題ありませんが、病状が
深刻であればAHCCだけの方が飲みやすいので体に優しいかと思います。

中村 さん 1999年 10月 17日 13時 33分 42秒
母(67歳)が末期の肺腺がんで入院しています。
3日程前から雑誌で見た姫マツタケを煎じて飲みはじめました。
姫マツタケにはAHCCと同様の成分を含んでいると聞きましたが、
AHCCと姫マツタケを併用した方が効果が上がるのでしょうか?

山本 さん 1999年 10月 16日 14時 52分 07秒

父が3日前からAHCCとベーターカロチンを飲用してい
るのですが、尿の量が普段の倍近くあると言います。
AHCCには利尿作用があるのでしょうか?

たぬき さん 1999年 10月 15日 21時 48分 15秒

父が肺がんの手術、放射線治療を終えて9月下旬に退院しました。
今現在アガリクスとプロポリスとバイオブランレンチンプラス1000を飲用しています。バイオブランはAHCCの改良途中でできたものということですが、成分的にそれぞれの長所を教えてください。それと本で読んだのですがHLA抗原の白血球のタイプでAHCCのとても効くタイプがある。となっていたのですがそれを調べることができる病院はあるのでしょうか。私たち家族としましてはこれからが大事だと思っています。少しでも本人の体にあった健康食品少しでも早く飲ませてあげたいと思っています。よろしくお願いします。

AHCC健康相談員 さん 1999年 10月 15日 17時 38分 24秒

>しゅっけさん
主治医の方が、手術の傷口が快復していると判断されていると判断
しているのなら問題ないでしょう。

>田中次郎さん
AHCCは、Active(活性化) Hexose(ヘミセルロース)
Correlated(関連) Compound(化合物質) の頭文字を
商品名としたキノコを原材料とする健康食品です。

>沖田さん
世界的にも治る見込みのない腹膜中皮腫で余命3ケ月と診断された
患者さんが、3ケ月の使用継続でがんが消えた症例があります。
この症例については、98年9月24日の日本テレビ「ルックルック」
でも紹介されました。全ての方がそうなるとは当然言えませんが、
実例がある以上、試された方がよいと思われます。

>ゆみこさん
AHCCは、数え切れないほどの動物実験によって製品化されたものです。
小動物である犬や猫の方が反応がいいようです。もし、猫ちゃんが
エサを食べられるようであれば、1/2包を混ぜてあげて下さい。
高齢なのが気になるところですが試す価値はあります。

>井上さん
AHCCは、単独で使用する方がほとんどです。一部の書籍などて他の
健康食品や医薬品を推奨している例もありますが、一部に過ぎません。
また、抗がん剤であるPSK(クレスチン)を処方する場合は、
担当医師の処方箋が必要となります。一般には入手不可能です。

井上 さん 1999年 10月 09日 01時 19分 25秒

家の父は肺がんでリンパに転移しています。AHCCとさめを飲み始めましたが、肺がんにはクレスチンも必要だと何かの本で読みました。実際そうしないと効果がないのでしょうか。またそれは、どうしたら手に入るのでしょうか。

ゆみこ さん 1999年 10月 09日 00時 56分 29秒

母ががんの為、現在AHCCを飲んでいます。
それとは別件なのですが、家で飼っている18歳半の猫が、腎臓と肝臓がかなり悪く、食欲が無くて、今病院に通っています。
そこで、以前AHCCは動物にも効くというのを見かけたのを思いだし、飲ませてみようかと思っていまのですが、かなり年をとっていてもAHCCを飲んでも大丈夫でしょうか。また、腎臓にも効くのでしょうか。腎臓は一度悪くなってしまったら治らないと聞いた事があります。今、体の中にある毒素を吸着するという薬と、細胞を活性化させるという薬を獣医さんからもらって飲んでいます。
私にとっては母も、猫も同じように大切で、どちらにも長生きして欲しいと思っています。どうかよろしくお願いします。

沖田 さん 1999年 10月 07日 19時 32分 34秒

AHCCについて質問があります。

中皮腫にも効き目はありますでしょうか?

56歳の男性で、今現在腹部に水がたまっていて、腫瘍の大きさが直径6〜7センチあると医者に診断され、切開して腫瘍を取り除くことができない(悪化する可能性があるため)と言われました。
治す方法が無いようなことも言われましたが、AHCCが中皮腫にも効き目があるなら購入したいと考えていますが・・・。

よろしくお願いします。

田中 次郎 さん 1999年 10月 06日 12時 28分 45秒

AHCCってなんだー。

しゅっけ さん 1999年 10月 05日 01時 03分 09秒

自分の身内ですが、乳がんのあと、現在骨に転移して、入院しています。AHCCを服用しているのですが、サメの軟骨も服用したいと考えています。サメは手術後の人は服用してはならないと聞きましたが、今年の1月に心臓の手術をしています。これくらいの期間をおけば、服用してかまわないのでしょうか。教えてください。

AHCC健康相談員さん さん 1999年 10月 02日 23時 06分 08秒

>サムさん
主治医は、手術後の経過をみて判断したのでしょう。
いずれにせよ、AHCCもサメ軟骨も健康食品に
すぎません。早急に結果を求めず、じっくりと長い目
で治療に励んでください。

サム さん 1999年 10月 02日 11時 59分 46秒

先ほどの追記ですが、現在はAHCCを6g/日のみ
飲んでいます。

サム さん 1999年 10月 02日 11時 41分 18秒

乳がんで妻が2週間前に手術をしました。
大川内さんと同様な質問ですが、
「主治医は乳がん位なら大丈夫。」といってベータシャークを
飲むように奨められています。
手術は左乳房切除と皮植(腹部より)を行いました。
主治医の言ってるようにすぐに飲んでもかまわないのか
悩んでいます。
よろしくご指導お願い致します。

AHCC健康相談員 さん 1999年 09月 29日 23時 12分 47秒

>大川内さん
クレスチンは、PSKと呼ばれる抗がん剤のひとつです。
サルノコシカケ科のキノコから作られます。
免疫賦活剤として医師が治療に用いるもので、医師の
処方箋が必要です。この件については、主治医に相談
してください。次にサメ軟骨ですが、新生血管阻害作用が
あるので、手術後は、傷口がふさがりにくくなります。
完全に傷口が治癒されるまで使用は控えた方がよいと思われます。
その時期についても主治医に相談してみないと何ともいえません。

大川内 さん 1999年 09月 29日 00時 24分 01秒

1.現在AHCCとサメ軟骨を服用しています。
さらにクレスチンの服用を考えていますが、人によって効果がある人と
ない人が いると聞きましたが確認する方法がありますか
いずれにしても、服用したほうがいいでしょうか
2.手術後は、サメ軟骨の服用は控えたほういいと書いてありましたが
どの程度の期間、服用を止めたほういいですか
よろしくご指導お願いいたします。

AHCC健康相談員 さん 1999年 09月 27日 22時 37分 06秒

>長岡さん
アルバ社のAHCCの成分は、アミノアップ化学で製造されたものであり、
LBCの成分は、アルバ社が独自で添加したものです。
分量としては、当方で基準にしているAHCC1包の約43分の10と
なります。よって1日当たり3包から4包を必要とする場合は、
アルバークスに換算すると13粒から18粒という事になります。
同分量を摂取できれば、どのAHCCでも同じ作用が期待できます。

>川渕さん
食事ができるうちであれば、1日でも早くAHCCを試されることを
おすすめします。AHCCは、医薬品ではないので、即効性は期待で
きません。食事療法と考えて長期に渡って使用することが必要です。

>川西さん
詳細はわかりませんが、食事ができる状態であれば試す価値はある
でしょう。また、他の健康食品と併用してもかまいません。
尚、健康食品に理解がある医師の場合であれば、相談することもよい
ですが、なかなか医師に理解していただけないのが現状です。

川西 さん 1999年 09月 24日 10時 45分 58秒

私の母が、肝臓がんと診断され手術も放射線もできないと言われました。後は、痛み止めぐらいしか出来ず、あと1ヶ月ぐらいだと言うことです。家族みんなどうすれば良いかわからず、いろいろなものをとにかくやってみようと考えています。AHCCは他のものと一緒にとっても大丈夫なのでしょうか?今のところ母は、食欲もあり元気です。
ただ、咳が続いているのと、左胸もいたむのでその薬が処方されています。もしかしたら、他にもがんがあるかもしれません、その状態でもAHCCを使えますか?また、主治医にAHCCのことを相談したほうが良いのでしょうか?

川渕 さん 1999年 09月 23日 21時 16分 18秒

私の父は現在54歳で、30年ほどの間糖尿病で,最近健康診断を受けておりませんでした。それで最近久々に検査をしたところ肺がんと診断されました。それもできている場所が悪く、手術できないらしく第3ステージまで進行しているらいしいのです。医者は、あと1年ぐらいだと言っていますが、AHCCで助かるのであればぜひ試してみたいと思っています。糖尿病と肺がんを両方に効果が出ればいいなと思っています。

長岡 さん 1999年 09月 22日 22時 38分 36秒

先日、親戚の方から父にアルバ(株)のアルバークスを6ビンもいただきました。父は2年前に食道がんになり手術をし、今は経過もよく仕事に復帰しています。聞いたことのない薬で、値段も1ビン2万円と高額でどんな薬か調べたくて、このページをみつけました。しかしながら、アルバ鰍フアルバークスに関しての記事がなかったので、少し使うのにためらってしまいます。原材料を明記してあるのですが、それがこちらで紹介しているAHCCと同じ効力があるのか教えてください。

AHCC+LBC  アルバークス
原材料 内容物:植物性多糖類(AHCC)
     有胞子性乳酵菌・サフラワーオイル・大豆抽出ビタミンE・
     ミツロウ
    被包材:ゼラチン・グリセリン
規格成分および含有量 本品1粒(550mg)中
     AHCC210mg、有胞子性乳酸菌(LBC)

とかいてあるんですが・・・。

すずき さん 1999年 09月 22日 20時 11分 29秒

ありがとうございました。
移植後落ち着いてから再開しようと思います。

AHCC健康相談員 さん 1999年 09月 22日 11時 17分 46秒

骨髄移植を受ける場合は、一旦、中止された方がよいと思います。
これは、信州会クリニック院長細川氏も同意見です。
しばらくしてから再開されたらいかがでしょうか?

すずき さん 1999年 09月 21日 20時 50分 16秒

お世話になります。
もうすぐ骨髄移植をうける予定です。
前処置として4日間の抗がん剤投与と2日間のTBIがあります。
この時、AHCCを摂るべきか否か迷っています。
抗がん剤の副作用を軽減したい、でも拒絶を防ぐためには骨髄を抑制しなければならない、というジレンマです。
どうすればよいでしょうか。よろしくおねがいします。

AHCC健康相談員 さん 1999年 09月 17日 15時 39分 41秒

>みやさん
AHCCは、食事と合わせて摂ることで免疫強化を図り、がん治療に対して体力をつけて行こうというものです。原則としてがんの種別は問いません。今後も病院で行う治療と並行して継続するとよいでしょう。

みや さん 1999年 09月 13日 13時 21分 02秒

はじめまして。69歳の父が腎盂の移行上皮がんと診断を受けました。
既に骨に転移をしており末期とのことです。
AHCCは原発巣が発見される前の8月20日から毎日3袋を服用
しておりまが、腎盂の移行上皮がんにもAHCCは効果があるのでしょ
うか?過去の事例等がありましたら教えて下さい。
よろしくお願いします。