トップページ 奏功的症例集 導入相談室 資料の請求 質問回答集

AHCCに関する情報については、情報を提供された医師や薬剤師が、理解しやすい言葉で、 健康食品に対する正しい知識、基本的な召し上がり方、臨床研究成果の報告などを紹介するものであり、 健康食品の効果効能を誇張し、または、保証するものではありません。

AHCC治療最前線2・AHCCでガンに勝った!
お求めはAHCCブックセンターへ がん阻止食品
AHCCでガンに勝った!
著者/旭丘光志
出版社/DHC 定価/1200円
書籍コード/ISBN4-88724-185-2

AHCC首都圏健康相談室の注目度数/★★★★☆

書籍のご購入は AHCCブックセンター

第1章 複雑系免疫療法こそがん医療の第一選択肢だった!
  • AHCCでより快適にがんを生き抜く
    • 壁に突き当たったがん三大療法
    • がん免疫療法を支えるAHCC
  • がんを追いつめる体内環境をつくるAHCC
    • 偶然発見されたAHCCのがん改善効果
    • AHCCのがん改善力が医学的に解明された!
  • がん発病前にがんを阻止する
    ─がん免疫ドック+AHCCによるがん治療の革命がスタート
    • 腫瘍として発見されたがんはすべて”末期がん”という考え方
    • まだ腫瘍にならない”早期がん”での対応こそ理想のがん医療
    • ”がん免疫ドック”の衝撃
    • AHCCが細胞性免疫の体内環境を正常化させる
    • 免疫療法こそがん治療の王道
  • 複雑系生命宇宙<体>を総合的にバランスさせ、
    体に秘められた自立的健康復元力を呼び覚ます機能性健康食品の医学
    • AHCC研究会”は5年間がんをテーマに揚げた!
    • 機能性健康食品の医学を支える新しい医学理論”ゆらぎの医学”が登場した
第2章 医師たちを魅きつけるAHCCの総合的がん改善延命力
  • 機能性健康食品で甦る養生哲学
    • 機能性健康食品は薬の代用品ではない
    • 化学薬品からこぼれ落ちたものを拾いなおす機能性健康食品の医学
    • ”養生”こそ機能性健康食品のキーワード
  • 高度進行がんに挑む先端の外科医も頼りにするAHCCの延命効果
    • がん・ドクターを生還させたAHCCに主治医も注目
    • がん性腹水が消えがん細胞も消失した!
    • がんとの共存を可能にしたAHCC
  • 医師の、患者さんへの思いを乗せてくれるAHCC
    在宅医療とがん末期医療を支える
    • 医師の思いを乗せるクスリとしてのAHCC
    • 家に帰りたい末期がん患者の病院での死
    • がんは患者自身への呼びかけ
    • マイナス思考をプラスに方向転換
    • 死を察知して自ら変わった末期がん患者
    • 船戸医師の”生命力を上げるための生活七カ条”
    • AHCCに助けられて”生命の遺産”を残す患者
第3章 AHCCはなぜがんを改善し延命効果を劇的に高めるのか?
  • AHCCのQOL改善力はがん患者の苦しみを解消する!
    • がんは全身の病い
    • AHCCのQOL改善力はどこからくる?
  • 免疫機能を劇的に賦活することでがん細胞を追いつめるAHCC
    • 木を見て森を見ないがん医療から、人間を丸ごと癒す免疫療法の時代へ
    • 驚異!末期がん完全消失5.3%
    • がんに対するAHCCの全作用
  • AHCC・抗がん作用の秘密総ざらい
    • 少しずつわかってきたAHCCの抗がんメカニズム
    • NK細胞の活性化
    • 生理活性物質インターロイキン-12の体内での産生を誘導する
    • 肝臓で代謝されたとき、AHCCは抗がん作用を獲得する
第4章 「がん免疫ドック」はがん医療の革命
AHCCのがん抑制効果を100%発揮させる画期的ながん検査システム
  • がん検診の革命ががん治療に革命を起こす!
    • 「がん免疫ドックの検査内容」
  • 多変量解析によって超早期がん状態がわかるようになった
    • 目に見えないレベルの超早期がんを発見する
    • すべてを語る「がん免疫ドック結果報告書」
    • 開業医が使いこなす免疫ドックの解析データ
  • がん免疫ドック判定とAHCCの連携でなぜ多くのがんが改善していくのか
    • "非特異的免疫療法"の有効性を狙いどおりに発動させる武器、
      がん免疫ドック・データ
    • がん治療指針となるがん免疫ドックの評価
    • AHCCが超早期がん状態を改善する医学的理由
  • 驚異!がん治療の現実−がん免疫ドック+AHCCの威力
    • 余命算出不能の肝臓がん末期が五カ月の免疫療法で消失!
       −渋江加代子さん(62歳・主婦・仮名)
    • 肺がん(腺がん)が一部ひきつれを残すのみでほとんど消失
       −小室祐介さん(75歳・仮名)
    • 従来のがん医療では考えられない肺・扁平上皮がんの劇的縮小が起こった
       −梅崎竜也さん(76歳・仮名)
    • 手術不能の大きながんを免疫療法で縮小させ、手術に成功した
       −関谷太一さん(72歳・仮名)
    • 多剤免疫療法で胃がんの閉塞が改善し胆嚢がんが消失した!
       −鈴木ヨリ子さん(83歳・仮名)
第5章 末期でも絶対にあきらめないがん治療を可能にする
AHCCの総合抗がん力  −がん医療の現場から
  • 漢方薬とAHCCの組み合わせでがんでも生き抜くことができる!
    −諸岡内科クリニック(札幌市)諸岡 透医師(39歳)
    • 大学病院などからAHCC治療希望者が送り込まれてくる
    • 漢方医学理論でAHCCを使って効果
    • 甲状腺未分化がん・2年生存率なしの常識をAHCCでくつがえした漁師
    • 三焦とがんとAHCCの不思議な関係
  • 手術を拒否し代替医療を希望するがん患者をAHCCでサポートする医療を!
    −大森内科・アレルギーくりにっく(別府市)大森隆史医師(46歳)
    • 手術をしたくないという患者の意志を尊重する医療を支えるAHCC
    • 治療法の選択肢を示されない悲劇
    • C型肝炎から肝臓がんへの移行を阻止した
    • 共存の医療をAHCCで支える
    • オーダーメイド医療の土台となる医療教育の必要性
    • ホリスティック医学へつながる健康食品の癒し
  • 乳がんを徹底治療−乳腺外来の武器となったAHCC
    −札幌外科記念病院(札幌市)早坂 滉医師(74歳)
    • がん拡大手術で生存率は高まらない
    • 縮小手術と抗がん剤の併用でも患者は苦しんだ
    • 低用量化学療法とAHCCの併用でバランスのとれたがん治療が!
    • 乳がんの術後AHCCで再発も転移もなし
    • AHCCへの感受性で投与量を変える
    • 医者は”もうほかに方法がありません”というべきではない
  • 漢方と機能性健康食品で絶対にあきらめないがん治療を実現した
    医師が頼りにするAHCCの総合力
    −八反丸病院(鹿児島市)李 鴻基医師(75歳)
    • 多様な治療手段とやさしさでがんと向き合う医療
    • 手術と抗がん剤でボロボロになった患者がすがりついたAHCC
    • 名患者は医者を信頼し任せきる
  • 苦痛なく延命できるがん医療を可能にしたAHCC全身への作用
    −山田病院(広島市)山田 晋医師(42歳)
    • 医師みずからの肝臓機能障害でAHCCを体験
    • AHCCはリウマチにも効いた!
    • がんとの不思議な共存・延命を可能にしたAHCC
    • 肝臓疾患からがんへの移行をAHCCで阻止した!
  • 建物に入っただけで癒される医院を目指す医師のがん治療にAHCCが加わった
    −大浦病院(摂津市)大浦元孝医師(51歳)
    • 人間医学のがん治療にAHCCの力を
    • 腫瘍マーカー改善、がんと共存・延命
    • 脳腫瘍の退縮がはじまった
終章 より健康になりたい人、病む人、医師、薬剤師をつなぐ
AHCCの健康復元力
  • 医師、病院との連携でAHCCのベスト効果を引き出す薬局の喜び
    くどう薬局(旭川市)工藤隆央薬剤師(49歳)
    • AHCCと病院の橋渡しをする薬剤師
    • アメリカで知った機能性健康食品の時代
    • 余命3カ月の悪性リンパ腫をAHCCで克服
  • 患者と医者をつなぐ主侍医も注目するAHCCのがん改善力
    −寺下医学事務所・寺下謙三クリニック(東京都)寺下謙三医師(46歳)
    • 健康上の顧問弁護士”主侍医”を持つ幸せを!
    • 義父の扁平上皮がんが2分の1に退縮した
    • 親友のような医者になりたい



アミノ5レブリン10mgでエイジングケア

Copyright (C) 1998-2015 AHCC Consaltant Room. All Rights Reserved.